デイブ・シュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイブ・シュラ
Dave Shula
生年月日 1959年5月28日(55歳)
生誕地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンタッキー州レキシントン
大学 ダートマス大学
レギュラーシーズン: 19勝53敗
キャリアレコード:     19勝53敗
選手成績 Pro Football Reference
選手成績 DatabaseFootball
コーチ成績 Pro Football Reference
コーチ成績 DatabaseFootball
所属チーム(選手)
1981 ボルチモア・コルツ
所属チーム(コーチ/管理職)
1982-1985

1986-1988

1989-1990

1991

1992-1996
マイアミ・ドルフィンズ
(アシスタント)
マイアミ・ドルフィンズ
(オフェンスコーディネーター)
ダラス・カウボーイズ
(オフェンスコーディネーター)
シンシナティ・ベンガルズ
(アシスタントヘッドコーチ)
シンシナティ・ベンガルズ
(ヘッドコーチ)

デイブ・シュラ(Dave Shula 1959年5月28日 - )は、ケンタッキー州レキシントン出身のアメリカンフットボール指導者。NFLシンシナティ・ベンガルズでヘッドコーチを務めた。父親はNFL最多勝ヘッドコーチでプロフットボール殿堂入りしているドン・シュラ[1]。弟のマイク・シュラもNFLやカレッジフットボールでコーチを務めている[2]

経歴[編集]

彼の家族は1960年にデトロイト(ドン・シュラがデトロイト・ライオンズのディフェンスコーディネーターに就任)へ、1963年にボルチモアへ(ドン・シュラがボルチモア・コルツのヘッドコーチに就任)、1970年にマイアミ・レイクス(ドン・シュラがマイアミ・ドルフィンズのヘッドコーチに就任)へと移り住んだ。高校時代にはアメリカンフットボールと野球を行った後、ダートマス大学に進学した。

1981年ボルチモア・コルツにワイドレシーバー、キックオフリターナーとして所属したが、5回のキックオフリターンで平均16ヤード、10回のパントリターンで平均5ヤードの成績しか残せなかった[3]

1982年から父親がヘッドコーチを務めるマイアミ・ドルフィンズのアシスタントコーチに就任し1988年までWRコーチ、QBコーチ、アシスタントヘッドコーチなどを務め、この間チームは2度スーパーボウルに出場した(第17回第19回[4]1989年ジミー・ジョンソンが就任したダラス・カウボーイズのオフェンスコーディネーターとなった[5]

1991年シンシナティ・ベンガルズのアシスタントヘッドコーチに就任、1992年に32歳の若さでヘッドコーチとなった。彼の指揮した時期にチームは1度も勝ち越せずプレーオフ出場を果たせなかった。1993年にはチームワーストの10連敗[6]を含みNFLワーストの3勝13敗、1994年も3勝13敗に終わった。5シーズン目の1996年途中の10月下旬に1勝6敗となったところで解雇され、オフェンスコーディネーターのブルース・コスレットが暫定ヘッドコーチに就任した[7]。通算成績は19勝53敗であった。69試合目で50敗したがこれはNFL最速であった[8]

ドラフト全体1位指名[編集]

1993年にNFLワーストの成績であったチームは1994年ドラフト全体1位指名権でダン・ウィルキンソン1995年ドラフトでは1巡全体5位指名権と2巡指名権を引き換えにエクスパンションチームのカロライナ・パンサーズから全体1位指名権を獲得[9]キジャナ・カーターを指名した。しかしカーターは1995年のプレシーズンゲームでシーズン絶望となる怪我を負い活躍できなかった。

コーチ成績[編集]

シーズン チーム 成績 順位
1992年 シンシナティ・ベンガルズ 5勝11敗 AFC中地区4位
1993年 シンシナティ・ベンガルズ 3勝13敗 AFC中地区4位(リーグ最低成績)
1994年 シンシナティ・ベンガルズ 3勝13敗 AFC中地区3位
1995年 シンシナティ・ベンガルズ 7勝9敗 AFC中地区2位タイ
1996年 シンシナティ・ベンガルズ 1勝6敗 AFC中地区3位
通算成績 19勝52敗 プレーオフ出場なし

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Here Comes The Son 1/7”. スポーツ・イラストレイテッド (1992年10月12日). 2011年9月3日閲覧。
  2. ^ 【父の日特集】シュラ親子”. NFL JAPAN (2011年6月17日). 2011年10月6日閲覧。
  3. ^ The Bottom 100: The Worst Players In NFL History (Part 2)”. deadspin.com. 2014年1月9日閲覧。
  4. ^ Here Comes The Son 4/7”. スポーツ・オイラストレイテッド (1992年10月12日). 2011年9月3日閲覧。
  5. ^ 'BOTB' Cowboys Offensive Schemes: Landry, Turner, Garrett And... ?”. bloggingtheboys.com (2011年6月24日). 2011年9月3日閲覧。
  6. ^ The Losing Streak”. bleacherreport.com (2010年12月28日). 2011年9月3日閲覧。
  7. ^ Just Another Game?”. スポーツ・イラストレイテッド (1996年10月28日). 2011年9月3日閲覧。
  8. ^ Cincinnati Bengals: 99 Problems”. footballfantoday.wordpress.com (2011年4月20日). 2011年9月3日閲覧。
  9. ^ この時ベンガルズがトレードした指名権でケリー・コリンズショーン・キングが指名された。

外部リンク[編集]

先代:
?
マイアミ・ドルフィンズ
オフェンスコーディネーター

1986–1988
次代:
ゲイリー・スティーヴンス
先代:
ポール・ハケット
ダラス・カウボーイズ
オフェンスコーディネーター

1989–1990
次代:
ノーブ・ターナー
先代:
サム・ワイチ
シンシナティ・ベンガルズ
ヘッドコーチ

1983–1986
次代:
ブルース・コスレット