J・T・トーマス (ディフェンシブバック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
J・T・トーマス

J. T. Thomas  No. 24, 26

コーナーバック
セイフティ
生年月日:1951年4月22日(62歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州メイコン
身長:6' 2" =約188cm 体重:196 lb =約88.9kg
NFLデビュー
1973年ピッツバーグ・スティーラーズ
経歴
大学フロリダ州立大学
NFLドラフト1973年 / 1巡目(全体の24番目)
 所属チーム:
通算成績
(1982年までの成績)
インターセプト     20回
出場試合数     125試合
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

J・T・トーマス(J. T. Thomas 1951年4月22日- )はジョージア州メイコン出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはディフェンシブバック。ピッツバーグ・スティーラーズでスティールカーテンと呼ばれた強力なディフェンスの一員として、4回スーパーボウル優勝を果たしている[1]

経歴[編集]

フロリダ州立大学初のアフリカ系アメリカ人選手となった彼は[2]、2年次の1970年には最初の試合でFGを2度ブロックした。2年次生のオールアメリカンファーストチームに選出された。1972年にはコーナーバック、セイフティでプレーし、プロフットボール・ウィークリーとタイム誌からオールアメリカンファーストチームに選ばれた[1]

1973年のNFLドラフト1巡24位でピッツバーグ・スティーラーズに指名されて入団した。当時スティーラーズのディフェンスバックは弱点となっており、最後の穴を埋めるために指名したとチャック・ノールヘッドコーチに言われている[3]。1年目は主に控えディフェンシブバックとしてプレーした。2年目の1974年から先発選手となり5インターセプト、1TDをあげた[4]

メル・ブラントとのコンビは強力なもので[5]1976年にはプロボウル、オールプロ[4]に選ばれた。

1978年には血液疾患のためシーズンを全休したが、翌年セイフティとして復帰、このシーズンのみインターセプトをあげられなかった[4]

1980年、開幕戦で足首を負傷した彼はその後控え選手としてプレーした[6]

1981年、4インターセプトをあげた。1982年、デンバー・ブロンコスにトレードされ[3]、1シーズンプレーした後、引退した[4]

元チームメートのラリー・ブラウンとともに1980年代後半、レストラン事業に乗り出した[2][7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b J.T. Thomas”. nolefan.org. 2012年7月8日閲覧。
  2. ^ a b J.T. Thomas”. ピッツバーグ・マガジン (2008年1月). 2012年7月8日閲覧。
  3. ^ a b J.T. Thomas, Steelers Cornerback, 1973-1982”. Pittsburgh Sports Daily Bulletin (2011年12月16日). 2012年7月8日閲覧。
  4. ^ a b c d JW Nix (2009年6月19日). “The Almost All-Time Pittsburgh Steelers Defense”. bleacherreport.com. 2012年7月8日閲覧。
  5. ^ Top Ten Cornerback Tandems: Mel Blount and J.T. Thomas.”. NFLフィルムズ (2009年7月1日). 2012年7月8日閲覧。
  6. ^ Steelers trade J.T.Thomas”. ゲティスバーグ・タイムズ (1982年8月19日). 2012年7月8日閲覧。
  7. ^ Ray Marano (2003年9月22日). “Coaching and mentoring”. sbnonline.com. 2012年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]