ジョー・ドゥラムリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・ドゥラムリア

Joe DeLamielleure  No. 68, 64

ガード
生年月日:1951年3月16日(63歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト
身長:6' 3" =約190.5cm 体重:254 lb =約115.2kg
NFLデビュー
1973年バッファロー・ビルズ
経歴
大学ミシガン州立大学
NFLドラフト1973年 / 1巡目(全体の26番目)
 所属チーム:
通算成績
(1985年までの成績)
出場試合数     185試合
先発出場試合数     178試合
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • プロボウル選出6回:(1975年-1980年)
  • オールプロファーストチーム選出6回(1975年-1980年)
  • オールプロセカンドチーム選出2回(1974年、1983年)
  • NFL1970年代オールディケイドチーム
  • バッファロー・ビルズ・ウォール・オブ・フェイム
  • クリーブランド・ブラウンズ・ウォール・オブ・フェイム
  • NFLPA AFC最優秀ラインマン
  • フォレスト・グレッグ賞(1977年)
NFL殿堂入り

ジョー・ドゥラムリア(Joe DeLamielleure 1951年3月16日- )はミシガン州デトロイト出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはガード

経歴[編集]

ミシガン州立大学時代、オールアメリカンに選ばれた。

1973年のNFLドラフト1巡でバッファロー・ビルズに指名されて入団、1年目から活躍しオールルーキーに選ばれた。不整脈を起こしたが大事には至らず、1973年、ビルズのランオフェンスは獲得ヤード、平均獲得ヤード、タッチダウンでNFLトップとなった。この年のビルズはランで3,088ヤードを獲得しており、これは14試合でのNFL記録であり、現在も更新されていない。16試合制となった後も、1978年ニューイングランド・ペイトリオッツしかこの記録を超えていない。

この年、彼はエレクトリック・カンパニーと呼ばれたビルズのオフェンシブラインの一員としてO・J・シンプソンによるNFL初のシーズン2,000ヤードラッシュに貢献した[1][2]。シンプソンは4つのカテゴリでNFLトップの数字を残した。ドゥラムリアはキックオフリターンチームとしても起用され、ウォレス・フランシスの2度のリターンTDを助けた。

1974年、ビルズは9勝5敗でプレーオフに進出、彼はオールプロセカンドチームに選ばれた。

1975年、ビルズのオフェンスはトータル獲得ヤード、ラン獲得ヤード、ラン平均獲得ヤード、得点、タッチダウン、タッチダウンパスなど11のカテゴリでNFLトップとなり8勝6敗の成績を残した。ドゥラムリアらオフェンシブラインもAFC最少サックしか相手に許さなかった。この年オールプロファーストチームに選ばれた。シンプソンはこの年も4つのカテゴリでNFLトップの数字をあげた。この年NFL選手会より最優秀オフェンシブラインマンに選ばれた。

1976年、ドゥラムリアは2年連続でオールプロファーストチームに選ばれた。シンプソンがリーディングラッシャーとなっている。

1977年、シンプソンがシーズン半ばに負傷したことから、ビルズはパス獲得ヤード、パス試投でNFLトップとなった。この年フォレスト・グレッグ賞を受賞している。

1978年、シンプソンがトレードで放出されたものの、テリー・ミラーがランでNFL9位の成績をおさめた。

1980年、クリーブランド・ブラウンズにトレードされて、他の選手とともにNFL最少のサック%しか許さず、この年4000ヤード以上を投げてシーズンMVPに選ばれたブライアン・サイプを守り、マイク・プルイットが1,000ヤードラッシャーとなるのを助けた。

シーズン2000ヤードラッシャーとシーズン4000ヤードパサーを支えた最初のオフェンシブラインマンであり、彼の後にもジャッキー・スレイターダグ・スミスアーブ・パンキーケビン・グローバートム・ネイレンしかこの記録は達成していない。

ブラウンズでは5シーズン全試合に出場、1985年にビルズに復帰、その年で現役生活を終えた。

1975年から1980年まで6年連続でプロボウルに選ばれた[2]。またNFL1970年代オールディケイドチームに選ばれている[1]

2003年にプロフットボール殿堂入りを果たしている[2]

NFL選手会で、2008年にジーン・アップショーが死去するまで、アップショーをサポートして引退選手の年金額のアップに力を尽くした。

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Hall Of Famers”. プロフットボール殿堂. 2012年7月23日閲覧。
  2. ^ a b c 懐かしのレジェンド集結! ~ビルズ~”. NFL JAPAN (2012年5月5日). 2012年7月23日閲覧。
  3. ^ 58歳の挑戦! 殿堂入りのドゥラムリア氏、自転車で3000キロ完走”. NFL JAPAN (2009年5月15日). 2012年7月23日閲覧。
  4. ^ Gronkowski wins home run derby in Buffalo”. NBCスポーツ (2012年7月10日). 2012年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ポール・シーモア
バッファロー・ビルズ
ドラフト1巡指名選手

1973年
次代:
ルーベン・ガン