マーク・キャリアー (セイフティ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・キャリアー

Mark Carrier  No. 20, 27

セイフティ
生年月日:1968年4月28日(45歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ルイジアナ州レイクチャールズ
身長:6' 0" =約182.9cm 体重:186 lb =約84.4kg
NFLデビュー
1990年シカゴ・ベアーズ
経歴
大学USC
NFLドラフト1990年 / 1巡目(全体の6番目)
 所属チーム:
通算成績
(2000年までの成績)
インターセプト     32回
タッチダウン     1回
ファンブルフォース     9回
ファンブルリカバー     4回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

マーク・キャリアー1968年4月28日- )はルイジアナ州レイクチャールズ出身のアメリカンフットボール選手、指導者。現在NFLニューヨーク・ジェッツディフェンスラインコーチを務めている。現役時代のポジションはディフェンシブバック

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

カリフォルニア州ロングビーチの高校時代、彼はUSAトゥデイからオールアメリカンに選出された。

その後、USCに進学し、3年次の1989年、7インターセプト、107タックル、3ファンブルリカバー、10パスブロックの成績をあげて、USCの選手としては初のジム・ソープ賞カレッジフットボールで最も優れたディフェンスバックに贈られる賞)を受賞した。3シーズンで彼は13インターセプトを記録した。2006年、USCの殿堂入りを果たしている。

NFL選手[編集]

1990年NFLドラフト1巡全体6位でシカゴ・ベアーズに指名されて入団した。12月9日のワシントン・レッドスキンズ戦では3インターセプトをあげたがチームは9-10で敗れた[1]。彼は1979年に入団したダン・ハンプトン以来となる全16試合に先発出場し[2]、NFLトップの10インターセプトをあげて、最優秀新人守備選手に選ばれた[3]。この年及び1991年1993年にはプロボウルにも選ばれた。

ベアーズでは1996年までプレーした。彼が作ったシーズン10インターセプトはベアーズ記録でもある[4]

1997年から1999年までデトロイト・ライオンズでプレーした。1998年タンパベイ・バッカニアーズとのマンデーナイトフットボールで相手WRのブライス・ハンターにヘルメットからタックルしたプレーにより1試合出場停止となった[5]

フリーエージェントとなった彼は、2000年2月、ワシントン・レッドスキンズと5年契約を結んだ[6]が、2001年マーティ・ショッテンハイマーがレッドスキンズのヘッドコーチに就任するとトレ・ジョンソンキース・シムズデイナ・スタブルフィールドとともにサラリーキャップを空けるために解雇された[7]

現役生活を終えた後、ラジオやテレビでの解説者となった[8]

コーチ[編集]

2004年から2年間、アリゾナ州立大学のコーナーバックコーチを務めた後[8]、2006年、ボルチモア・レイブンズのディフェンスバックコーチに就任し4年間(その内3年間はレックス・ライアンの下[9])務めた。この間エド・リードらを指導し、2006年から2008年までの3シーズンでレイブンズがあげた71インターセプトはNFLトップであった[8]。2009年にもレイブンズはNFLで2番目に少ない27タッチダウン(ランで8回、パスで17回)しか相手に許さなかった[10]

2010年にニューヨーク・ジェッツのディフェンスラインコーチに就任した[9]

その他[編集]

彼の前にベアーズの先発セイフティだった、デイブ・デュアソンが脳震盪に悩まされ自殺した[11]ことを聞いた彼は「晩年の彼が問題を抱えていることは知っていた。笑顔を絶やさない選手であった。」と語った[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Carrier's Big Day Not Big Enough”. ニューヨーク・タイムズ (1990年12月11日). 2011年8月3日閲覧。
  2. ^ PRO FOOTBALL; Bears' Carrier An Instant Success”. ニューヨーク・タイムズ (1991年1月3日). 2011年8月3日閲覧。
  3. ^ Associated Press Defensive Rookie of the Year”. CBSスポーツ. 2011年8月3日閲覧。
  4. ^ Carrier's mark in Vasher's reach”. シカゴ・トリビューン (2005年12月22日). 2011年8月3日閲覧。
  5. ^ N.F.L.: NOTEBOOK -- DETROIT; Carrier Suspended For Helmet Hit”. ニューヨーク・タイムズ (1998年10月1日). 2011年8月3日閲覧。
  6. ^ REDSKINS SIGN MARK CARRIER”. UPI通信 (2000年2月17日). 2011年8月3日閲覧。
  7. ^ John Keim (2001年8月27日). “Schottenheimer puts his mark on 'Skins”. ESPN. 2013年12月2日閲覧。
  8. ^ a b c Biography”. ボルチモア・レイブンズ (2009年). 2011年8月3日閲覧。
  9. ^ a b NY Jets hire ex-Baltimore Ravens coach Mark Carrier as defensive line coach”. nj.com (2010年2月4日). 2011年8月3日閲覧。
  10. ^ Biography”. ニューヨーク・ジェッツ. 2011年8月3日閲覧。
  11. ^ デュアソン氏は自殺、脳を医療研究のため寄贈と遺言も”. NFL JAPAN (2011年2月20日). 2011年8月3日閲覧。
  12. ^ Concussions also worry Carrier Dave Duerson's death shocked former Bear safety”. シカゴ・トリビューン (2011年3月8日). 2011年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
デリック・トーマス
NFL最優秀新人守備選手
1990年
次代:
マイク・クロール
先代:
ドネル・ウールフォード
トレース・アームストロング
シカゴ・ベアーズ
ドラフト1巡指名選手
1990年
次代:
スタン・トーマス