ジョン・L・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・L・ウィリアムズ

John L. Williams

フルバック
生年月日:1964年11月23日(49歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州パラトカ
身長:5' 11" =約180.3cm 体重:231 lb =約104.8kg
NFLデビュー
1986年シアトル・シーホークス
経歴
大学フロリダ大学
NFLドラフト1986年 / 1巡目(全体の15番目)
 所属チーム:
通算成績
(1995年までの成績)
ラン獲得ヤード     5,006ヤード
平均獲得ヤード     4.0ヤード
TDラン     18回
レシーブ数     546回
レシーブ獲得ヤード     4,656ヤード
TDレシーブ     19回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
カレッジフットボール殿堂入り

ジョン・L・ウィリアムズ(John L Williams 1964年11月23日- )はフロリダ州パラトカ出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはフルバックNFLシアトル・シーホークスピッツバーグ・スティーラーズで1986年から1995年までの10シーズンプレーした。

経歴[編集]

高校時代は、ウィッシュボーンオフェンスのランニングバックとして活躍した。3年次に1,738ヤードを走るなど、3,449ヤードを走って、59タッチダウンをあげた。2007年に、100年間における偉大なフロリダ州の高校生フットボール選手100人の1人に選ばれた[1]

奨学金のオファーを受けて、フロリダ大学に進学した彼は、1982年から1985年までの4年間フルバックとしてプレーした。"The Great Wall of Frorida"と呼ばれたオフェンシブラインのサポートもあり、テイルバックのニール・アンダーソンと共に活躍、1984年、1985年の9勝1敗1分の成績に貢献、1984年、1985年とサウスイースタン・カンファレンスのセカンドチームに選ばれ、さらに1985年にはオールアメリカンにも選ばれた。4年間で2,409ヤードを走り、レシーブでも863ヤードを獲得、1997年にはフロリダ大学のスポーツ殿堂入りを果たした[2]

1986年のNFLドラフト1巡15位でシアトル・シーホークスに指名されて入団、1年目はランで538ヤードを獲得、33回キャッチをあげると共に、ブロックで、プロボウルRBカート・ワーナーをサポートした[3]

1987年9月20日のカンザスシティ・チーフス戦で、15回のランで112ヤード、3回のレシーブで38ヤードを獲得、プロ入り初タッチダウンをあげた[4]。この年怪我のため4試合に欠場したものの500ヤード以上を獲得、自己最長の48ヤードTDラン、75ヤードのTDレシーブをあげた[3]

1988年、過去2シーズンスーパーボウルに出場しているデンバー・ブロンコスとの開幕戦でランとレシーブで161ヤードを獲得、21-14の勝利に貢献した[5]。またロサンゼルス・レイダーズ戦では14回のランで59ヤード、7回のキャッチで自己ベストの180ヤードを獲得、1TDをあげて、43-37の勝利に貢献、この試合の勝利でシーホークスはAFC西地区初優勝を果たした[4]。この年、877ヤード(1回平均4.6ヤード)を走るとともに、チームトップの58回のレシーブをあげた。長年シーホークスのレシーブ回数トップは、スティーブ・ラージェントが長年継続しており、他の選手がチームトップとなるのは久しぶりのことであった[4]

1989年12月17日のロサンゼルス・レイダーズ戦では12回のキャッチで129ヤードを獲得、第4Qにはデイブ・クレイグから13ヤードの逆転TDパスをキャッチしている[4]。この年自己最高の76レシーブをあげた[3]

1990年、71キャッチで699ヤードを獲得、ランでも714ヤードを獲得し、初のプロボウルに選ばれた[3]

1991年にも2年連続でプロボウルに選ばれた[3]

1992年、1993年の2年間でも合計132レシーブをあげた[3]

シーホークスでは1993年までの8年間プレーした。1994年から1995年の2年間はピッツバーグ・スティーラーズで主にパスターゲットとしてプレー、1994年には51レシーブをあげたが、1995年には自己最低の24レシーブに終わったが、バッファロー・ビルズとのプレーオフではタッチダウンをあげている[3]ダラス・カウボーイズとの第30回スーパーボウルでは脳震盪を起こし、この試合を最後に現役を引退した[3]

NFLでは10シーズンで先発135試合を含む149試合に出場、ランで5,005ヤード、18TDをあげた。また546回のレシーブで4,656ヤード、19TDをあげている。

2008年11月のフィラデルフィア・イーグルス戦ではクエスト・フィールドに来場し、12th man(12人目の男、ファンを意味する)のフラッグを持ち、会場をもりあげた[6]

人物[編集]

パスキャッチ能力にも優れたフルバックであったが、同時代の選手の中でも特にブロック能力に優れていた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FHSAA unveils ‘100 Greatest Players of First 100 Years’ as part of centennial football celebration”. FLORIDA HIGH SCHOOL ATHLETIC ASSOCIATION (2007年12月4日). 2012年9月25日閲覧。
  2. ^ Eight join UF Hall of Fame”. ゲインズビル・サン (1997年3月14日). 2012年9月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h JW Nix (2009年11月30日). “The Almost All-Time Seattle Seahawks Offense”. bleacherreport.com. 2012年9月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e A. Goodin (2007年11月12日). “John L Williams”. 20yardline.com. 2012年9月25日閲覧。
  5. ^ Clare Farnsworth (2012年9月4日). “On this date: Warner goes for 60 on first NFL carry”. blog.seahawks.com. 2012年9月25日閲覧。
  6. ^ 12th MAN Flag Raiser John L. Williams”. シアトル・シーホークス (2008年11月2日). 2012年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
テリー・テイラー
1984年
シアトル・シーホークス
ドラフト1巡目指名

1986年
次代:
トニー・ウッズ