ボー・ジャクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボー・ジャクソン
Bo Jackson
Bo Jackson Autographs for Troops in SW Asia Feb 1, 2004.jpg
2004年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州ベッセマー
生年月日 1962年11月30日(52歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1986年 MLBドラフト4巡目
初出場 1986年9月2日
最終出場 1994年8月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
ボー・ジャクソン

Bo Jackson  No. 34

ランニングバック
生年月日:1962年11月30日(52歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アラバマ州ベッセマー
身長:6' 1" =約185.4cm 体重:225 lb =約102.1kg
NFLデビュー
1987年ロサンゼルス・レイダーズ
経歴
大学オーバーン大学
NFLドラフト1987年 / 7巡目(全体の183番目)
 所属チーム:
  • ロサンゼルス・レイダーズ (1987 - 1990)
通算成績
(1990年までの成績)
通算ラン獲得ヤード     2,782ヤード
平均獲得ヤード     5.4ヤード
通算ラッシングTD     16回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 1989年オールスターゲーム、ボー・ジャクソンの先頭打者本塁打(MLB.comがyoutubeに投稿した動画、1分16秒)
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 1990年7月11日、ボー・ジャクソンの壁走り(MLB.comがyoutubeに投稿した動画、0分31秒)
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 1993年8月31日、ボー・ジャクソンの補殺(MLB.comがyoutubeに投稿した動画、0分36秒)

ヴィンセント・エドワード・ジャクソンVincent Edward "Bo" Jackson, 1962年11月30日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州ベッセマー出身の元プロ野球選手外野手、右投げ右打ち)及び元アメリカンフットボール選手(ランニングバック)。MLB選手とNFL選手を長期間兼業したマルチアスリートであり、唯一両スポーツで一流の成績を残した選手である。2013年時点で「北米4大プロスポーツリーグのうち2つのオールスターゲームに出場した唯一の選手」として現在も広く知られる。

経歴[編集]

マルチアスリートとして[編集]

10人兄弟の8番目として生まれた。名前の「ヴィンス・エドワード」は、母親の好きな俳優の名前(ヴィンス・エドワーズ)からとった。高校時代からアメリカンフットボールのランニングバックとして活躍し、野球でも25試合で20本塁打を放つ長打力を誇った。

高校卒業時の1982年のMLBドラフトMLBニューヨーク・ヤンキースからドラフト指名(2巡目)を受けるが、オーバーン大学にアメフトの奨学金で進学。野球選手としては1985年打率.401、本塁打17、打点43を記録する活躍。そして、アメフトでは大学最優秀選手賞にあたるハイズマン賞を受賞し、1984年シュガーボウルのMVPにも輝いた。また、陸上競技(短距離)でもオリンピック候補になるなど、マルチアスリートとして去就が注目された。

1986年のNFLドラフトNFLタンパベイ・バッカニアーズからは全体1位指名され、当時の新人選手として最高額となる5年760万ドルを提示されたが、1986年のMLBドラフトで指名されたMLBのカンザスシティ・ロイヤルズを選び、バッカニアーズの提示した金額を下回る3年107万ドルで入団[1]。野球を選択するにあたっては、「選手生命の長い野球をやってほしい」という母親の言葉がきっかけだったという[要出典]。同年9月にはMLBに昇格し、本拠地ロイヤルズ・スタジアム史上最長の475フィート本塁打を放った[2]

1987年には開幕からMLBでプレーし、22本塁打・53打点・10盗塁を記録。そして、この年のNFLドラフトで7巡目で指名したロサンゼルス・レイダーズと7月に契約し、マルチアスリートとなった。「私の初恋は野球です。メジャーリーガーになるのが長年の夢でした [3]」「私の最優先事項はカンザスシティ・ロイヤルズです。フットボールは釣りや狩猟のように、野球シーズンが終わった後の趣味です [4]」と述べているように、両方のシーズンが重なる9月に関しては野球を優先し、NFLでプレーするのは10月以降という契約となった(もう一人の兼業選手のディオン・サンダースはNFL優先であった)[5]

ただしこの契約に関しては非難の声も上がり[6]、1987年の後半はベンチを温めることが多くなった。

1987年11月30日に行われたシアトル・シーホークスとのマンデーナイトフットボールでマンデーナイトフットボール記録となる221ヤードを走り、91ヤードのTDランもあげた[7]

その後も両方のスポーツで活躍を見せ、MLBでは1989年にファン投票で最多得票でMLBオールスターゲームに選出された。ナショナルリーグ先発投手リック・ラッシェルサンフランシスコ・ジャイアンツ)から448フィート(137m)の特大先頭打者本塁打を放ち、次の打席では勝ち越し点となる適時打となる内野安打、さらに盗塁を記録し、オールスターゲーム史上1960年ウィリー・メイズ以来となる1試合で本塁打と盗塁を記録し[1]MVPも受賞した。

1990年7月11日に対ボルチモア・オリオールズ戦で有名な「壁走りキャッチ」を行っている。走りながらフェンス近くで捕球した後にフェンスに気付き、激突を避けるために2、3歩進んでからフェンスを駆け上がり、垂直に飛び降りた。

NFLでもわずか4シーズン、しかも全てのシーズンにおいて途中からの出場にも関わらず、ランで通算2782ヤード獲得、16タッチダウン。レシーブでも40回のキャッチで352ヤード獲得、2タッチダウンを記録した。1987年11月30日の対シアトル・シーホークス戦(マンデーナイト)で記録したランでの1試合221ヤード獲得は、現在でもNFLのマンデーナイトのレコードとなっている。1990年にはプロボウル1991年のプロボウル)に選出され、「MLBオールスターゲームとプロボウルの両方に出場した最初の(2013年時点で唯一の)選手」となった[1]

故障とカムバック[編集]

1990年にレイダーズがプレイオフに進出。しかし、1991年1月13日、対シンシナティ・ベンガルズ戦で後方からタックルを受けた際に臀部を負傷[1]。股関節を脱臼し、また自分で無理に関節をはめ直したことも相まって周囲の重要な血管を切断してしまう事態となった。この負傷は極めて重く、ジャクソンには人工関節を入れる手術が必要となった。このためロイヤルズはジャクソンの選手生命が絶たれたと判断し、3月18日に解雇した。

しかし、ジャクソンは人工関節という重いハンデを負いながらも懸命のリハビリに励み、1991年4月3日にシカゴ・ホワイトソックスと契約。9月2日から閉幕にかけて23試合に出場したが再び故障が悪化したため、1991年にはアメフトからの引退を発表。1992年の一年間はMLBでのプレーは出来なかった。

1993年には85試合の出場で16本塁打を放ち、スポーティング・ニュース年間最優秀カムバック·プレーヤートニー・コニグリアロ賞を受賞。

1993年のシーズン終了後、フリーエージェント(FA)となり、1994年1月31日にカリフォルニア・エンゼルスと契約したが、1994-95年のストライキ突入2日前の同年8月10日が最後の出場となってしまった。

短期間ながら、米国を代表する双方のプロスポーツで優秀な成績を残したことは21世紀の現在でも高く評価されている。しかしその反面、不幸な怪我によりその全盛期に突然と選手生命が絶たれたことを悔やむ声も同様に高い。怪我がなければ双方の殿堂入りは十分狙えたと言われているが、これはジャクソン自身が私生活の戒律が取れた人間であり、その極めて高い身体能力に胡坐をかくことなく、非常に真面目で暴力的な面がなく、そして自己鍛錬を欠かさぬ性格だったことにも裏付けされている。またアナボリックステロイドに対しても当時から危機感を抱いており、後のインタビューで薬物に頼ることは絶対にしなかったと証言している。

引退後[編集]

近年制作されたジャクソンのドキュメンタリー番組によると、現在は妻と自宅でひっそりと暮らしており、クラブやパーティには一切興味がなく、派手な生活は嫌いであると語っている。NFLやMLBにもさほど興味はなく、番組内では20分と見られないと語っている。趣味のハンティング(ただし、狩猟で得た獲物は全て食肉しており、無駄な狩りはしないとしている)を自作の弓矢で行うことが最大の楽しみであると語っている。

人気[編集]

1989年にはロックの殿堂入りも果たしたボー・ディドリーと共演した有名な"Bo Knows(ボーは知っている)"ナイキの広告によってスポーツファン以外にも高い知名度を誇っている。

ビデオゲーム史上最も偉大なアスリート」とも言われている[8]スーパーファミコン用ソフト『テクモ・スーパーボウル』(テクモ)では「テクモ・ボウ」の愛称で親しまれ、1990年には『ボー・ジャクソンの野球』も発売されている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1986 KC 25 91 82 9 17 2 1 2 27 9 3 1 0 0 7 0 2 34 1 .207 .286 .329 .615
1987 116 434 396 46 93 17 2 22 180 53 10 4 1 2 30 0 5 158 3 .235 .296 .455 .751
1988 124 468 439 63 108 16 4 25 207 68 27 6 1 2 25 6 1 146 6 .246 .287 .472 .759
1989 135 561 515 86 132 15 6 32 255 105 26 9 0 4 39 8 3 172 10 .256 .310 .495 .805
1990 111 456 405 74 110 16 1 28 212 78 15 9 0 5 44 2 2 128 10 .272 .342 .523 .865
1991 CWS 23 84 71 8 16 4 0 3 29 14 0 1 0 1 12 1 0 25 3 .225 .333 .408 .741
1993 85 308 284 32 66 9 0 16 123 45 0 2 0 1 23 1 0 106 5 .232 .289 .433 .722
1994 CAL 75 224 201 23 56 7 0 13 102 43 1 0 0 2 20 2 1 72 2 .279 .344 .507 .851
通算:8年 694 2626 2393 341 598 86 14 141 1135 415 82 32 2 17 200 20 14 841 40 .250 .309 .474 .783
  • 各年度の太字はリーグ最高

NFLでの年度別・通算成績[編集]

年度 チーム 試合 ラン回数 獲得ヤード 平均 最長 タッチ
ダウン
レシーブ
回数
獲得ヤード 平均 最長 タッチ
ダウン
1987年 LAR 7 81 554 6.8 91 4 16 136 8.5 23 2
1988年 LAR 10 136 580 4.3 25 3 9 79 8.8 27 0
1989年 LAR 11 173 950 5.5 92 4 9 69 7.7 20 0
1990年 LAR 10 125 698 5.6 88 5 6 68 11.3 18 0
通算 4年 38 515 2,782 5.4 92 16 40 352 8.8 27 2

獲得タイトル他[編集]

MLB
NFL

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 出野哲也「歴史が動いた日-1989年7月11日 アメフト二刀流のジャクソンがオールスターで華々しい活躍」 『月刊スラッガー』2008年9月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌15509-9、90 - 92頁。
  2. ^ Bo Jackson from the Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年6月7日閲覧。
  3. ^ Bo knows stardom and disappointment. ESPN.com. 2013年12月28日
  4. ^ Bo Jackson's New Hobby: Football. The New York Times. 2013年12月28日
  5. ^ 開幕から数試合欠場でも活躍した選手たち”. NFL JAPAN (2011年9月7日). 2011年9月7日閲覧。
  6. ^ ベースボールマガジン社 「'87大リーグ総集編」70ページ。
  7. ^ MNF History: 1987”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  8. ^ Good, Owen (2013年7月3日)The Greatest Athlete In Video Game History Returns Next Week. Kotaku Australia. 2013年12月28日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]