2009年のMLBオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2009 MLBオールスターゲーム
All-Star Week Busch Stadium 2009.jpg
会場となったブッシュ・スタジアム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
AL 2 0 0 0 1 0 0 1 0 4 8 1
NL 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 5 1
開催日時 2009年7月14日
開催球場 ブッシュ・スタジアム
開催地 ミズーリ州セントルイス
監督 AL - ジョー・マドン (TB)
NL - チャーリー・マニエル (PHI)
MVP カール・クロフォード (TB)
観客動員数 46,760人
MLBオールスターゲーム
 < 2008 2010 > 
始球式を行うオバマ大統領

2009年MLBオールスターゲームアメリカンリーグナショナルリーグの間で行われた80回目のオールスターゲーム2009年7月14日セントルイス・カージナルスの本拠地ブッシュ・スタジアムで行われた。セントルイスでのオールスター開催は1966年以来43年ぶり5度目。監督は、ナショナルリーグフィラデルフィア・フィリーズ監督チャーリー・マニエルアメリカンリーグタンパベイ・レイズ監督ジョー・マドンが務めた。始球式バラク・オバマ大統領が務め、捕手役をアルバート・プホルスが務めた。

試合結果は4 - 3でアメリカンリーグが勝利した。これによりアメリカンリーグのニューヨーク・ヤンキース2009年のワールドシリーズのホームフィールド・アドバンテージを獲得した。アメリカンリーグは1997年以来これで1引き分けを挟み12連勝となった。MVPは7回にブラッド・ホープが放った本塁打性の打球を好捕したカール・クロフォードが受賞[1]

凡例[編集]

  • 表中の守備の項は守備位置を示し以下の略記で示す。
SP:先発投手 RP:救援投手 P:投手 C:捕手 1B:一塁手 2B:二塁手 SS:遊撃手 3B:三塁手
RF:右翼手 CF:中堅手 LF:左翼手 OF:外野手 DH:指名打者
  • 表中のチーム名の略称についてはチームの表記参照。
  • †:出場辞退 ‡:代替選出

試合結果[編集]

先発メンバー[編集]

アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 イチロー (SEA) RF
2 デレク・ジーター (NYY) SS
3 ジョー・マウアー (MIN) C
4 マーク・テシェイラ (NYY) 1B
5 ジェイソン・ベイ (BOS) LF
6 ジョシュ・ハミルトン (TEX) CF
7 マイケル・ヤング (TEX) 3B
8 アーロン・ヒル (TOR) 2B
9 ロイ・ハラデイ (TOR) P
ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ハンリー・ラミレス (FLA) SS
2 チェイス・アトリー (PHI) 2B
3 アルバート・プホルス (STL) 1B
4 ライアン・ブラウン (MIL) RF
5 ラウル・イバニェス (PHI) LF
6 デビッド・ライト (NYM) 3B
7 シェーン・ビクトリーノ (PHI) CF
8 ヤディアー・モリーナ (STL) C
9 ティム・リンスカム (SF) P

試合経過[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカンリーグ 2 0 0 0 1 0 0 1 0 4 8 1
ナショナルリーグ 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 5 1
  1. : ジョナサン・パペルボン (1-0)  : ヒース・ベル (0-1)  S: マリアノ・リベラ (1)  
  2. 観客動員数:46,760人 試合時間:2時間31分

先発投手は、ナショナルリーグがティム・リンスカム、アメリカンリーグがロイ・ハラデイ。初回アメリカンリーグが2点を挙げ先制。2回にナショナルリーグがヤディアー・モリーナの安打とプリンス・フィルダーの二塁打で3点を挙げ、逆転。その後、アメリカンリーグが5回にジョー・マウアーの二塁打で同点に追いつき、8回にカーティス・グランダーソンが三塁打を放ち、アダム・ジョーンズの犠牲フライで逆転。9回にマリアノ・リベラが打者3人を抑え、オールスター通算4セーブ目を記録。デニス・エカーズリーのオールスター通算セーブ記録を更新[2]、アメリカンリーグが勝利を収めた。

MVPは7回にブラッド・ホープが放った本塁打性の打球を好捕したカール・クロフォードが受賞[1]

選出選手[編集]

オールスターに選出された選手たち

地元セントルイス・カージナルスからは、ファン投票でアルバート・プホルスヤディアー・モリーナが、監督推薦によってライアン・フランクリンの3名が選ばれた。

ファン投票選出[編集]

投票結果は7月5日に発表された。最多得票は、ナショナルリーグが5,397,734票を獲得したアルバート・プホルスSTL)、アメリカンリーグが4,851,889票を獲得したデレク・ジーターNYY)。プホルスの得票数は1994年に600万票を上回る票を集めたケン・グリフィー・ジュニアに次いで歴代2位[3][4]

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C アメリカ合衆国の旗 ジョー・マウアー (MIN) 3 4,335,739
アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・バリテック (BOS) - 2,225,630
プエルトリコの旗 ホルヘ・ポサダ (NYY) - 1,916,436
1B アメリカ合衆国の旗 マーク・テシェイラ (NYY) 2 3,309,050
アメリカ合衆国の旗 ケビン・ユーキリス (BOS) 2 3,069,906
カナダの旗 ジャスティン・モルノー (MIN) 3 2,186,567
2B アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ペドロイア (BOS) † 2 3,404,384
アメリカ合衆国の旗 イアン・キンズラー (TEX) - 3,331,298
ドミニカ共和国の旗 ロビンソン・カノ (NYY) - 2,115,056
3B アメリカ合衆国の旗 エバン・ロンゴリア (TB) † 2 4,315,210
アメリカ合衆国の旗 アレックス・ロドリゲス (NYY) - 2,350,496
プエルトリコの旗 マイク・ローウェル (BOS) - 1,759,195
SS アメリカ合衆国の旗 デレク・ジーター (NYY) 10 4,851,889
アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・バートレット (TB) 2,098,422
ベネズエラの旗 エルビス・アンドラス (TEX) - 1,586,224
OF カナダの旗 ジェイソン・ベイ (BOS) 3 4,087,450
日本の旗 イチロー (SEA) 9 2,846,069
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・ハミルトン (TEX) 2 2,412,359
アメリカ合衆国の旗 トリー・ハンター (LAA) 3 2,363,481
アメリカ合衆国の旗 カール・クロフォード (TB) 3 2,253,397
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出 得票数
C プエルトリコの旗 ヤディアー・モリーナ (STL) 2,641,467
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・マッキャン (ATL) 4 2,375,808
プエルトリコの旗 イバン・ロドリゲス (HOU) - 1,810,308
1B ドミニカ共和国の旗 アルバート・プホルス (STL) 8 5,397,734
アメリカ合衆国の旗 プリンス・フィルダー (MIL) 2 2,118,947
アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハワード (PHI) 2 2,059,760
2B アメリカ合衆国の旗 チェイス・アトリー (PHI) 4 5,027,029
アメリカ合衆国の旗 オーランド・ハドソン (LAD) 2 1,703,710
アメリカ合衆国の旗 リッキー・ウィークス (MIL) - 1,355,204
3B アメリカ合衆国の旗 デビッド・ライト (NYM) 4 3,100,863
アメリカ合衆国の旗 チッパー・ジョーンズ (ATL) - 2,035,936
アメリカ合衆国の旗 ライアン・ジマーマン (WSH) 1,681,239
SS ドミニカ共和国の旗 ハンリー・ラミレス (FLA) 2 3,218,917
アメリカ合衆国の旗 ジミー・ロリンズ (PHI) - 2,246,792
アメリカ合衆国の旗 J・J・ハーディ (MIL) - 1,857,288
OF アメリカ合衆国の旗 ライアン・ブラウン (MIL) 2 4,138,559
アメリカ合衆国の旗 ラウル・イバニェス (PHI) 4,053,355
プエルトリコの旗 カルロス・ベルトラン (NYM) † 5 2,812,295
ドミニカ共和国の旗 アルフォンソ・ソリアーノ (CHC) - 2,692,994
アメリカ合衆国の旗 シェーン・ビクトリーノ (PHI) 2,123,079

監督推薦[編集]

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・ベケット (BOS) 2
アメリカ合衆国の旗 マーク・バーリー (CWS) 4
アメリカ合衆国の旗 ザック・グレインキー (KC)
アメリカ合衆国の旗 ロイ・ハラデイ (TOR) 6
ベネズエラの旗 フェリックス・ヘルナンデス (SEA)
アメリカ合衆国の旗 エドウィン・ジャクソン (DET)
アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・バーランダー (DET) 2
アメリカ合衆国の旗 ティム・ウェイクフィールド (BOS)
RP アメリカ合衆国の旗 アンドリュー・ベイリー (OAK)
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・フエンテス (LAA) 4
アメリカ合衆国の旗 ジョー・ネイサン (MIN) 4
アメリカ合衆国の旗 ジョナサン・パペルボン (BOS) 4
パナマの旗 マリアノ・リベラ (NYY) 10
C ベネズエラの旗 ビクター・マルティネス (CLE) 3
1B カナダの旗 ジャスティン・モルノー (MIN) 3
ドミニカ共和国の旗 カルロス・ペーニャ (TB) ‡
アメリカ合衆国の旗 ケビン・ユーキリス (BOS) 2
2B アメリカ合衆国の旗 アーロン・ヒル (TOR)
アメリカ合衆国の旗 ベン・ゾブリスト (TB)
3B アメリカ合衆国の旗 ショーン・フィギンズ (LAA) ‡
ベネズエラの旗 ブランドン・インジ (DET)
アメリカ合衆国の旗 マイケル・ヤング (TEX) 6
SS アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・バートレット (TB)
OF アメリカ合衆国の旗 カール・クロフォード (TB) 3
ドミニカ共和国の旗 ネルソン・クルーズ (TEX) ‡
アメリカ合衆国の旗 カーティス・グランダーソン (DET)
アメリカ合衆国の旗 トリー・ハンター (LAA) † 3
アメリカ合衆国の旗 アダム・ジョーンズ (BAL)
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
SP アメリカ合衆国の旗 チャド・ビリングズリー (LAD)
アメリカ合衆国の旗 マット・ケイン (SF) †
アメリカ合衆国の旗 ザック・デューク (PIT) ‡
アメリカ合衆国の旗 ダン・ヘイレン (ARI) 3
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・ジョンソン (FLA)
アメリカ合衆国の旗 テッド・リリー (CHC) 2
アメリカ合衆国の旗 ティム・リンスカム (SF) 2
アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・マーキー (COL)
ベネズエラの旗 ヨハン・サンタナ (NYM) 4
RP アメリカ合衆国の旗 ヒース・ベル (SD)
アメリカ合衆国の旗 ジョナサン・ブロクストン (LAD) †
ドミニカ共和国の旗 フランシスコ・コルデロ (CIN) 3
アメリカ合衆国の旗 ライアン・フランクリン (STL)
アメリカ合衆国の旗 トレバー・ホフマン (MIL) ‡ 7
ベネズエラの旗 フランシスコ・ロドリゲス (NYM) 4
C アメリカ合衆国の旗 ブライアン・マッキャン (ATL) 4
1B アメリカ合衆国の旗 プリンス・フィルダー (MIL) 2
アメリカ合衆国の旗 エイドリアン・ゴンザレス (SD) 2
アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハワード (PHI) 2
2B アメリカ合衆国の旗 オーランド・ハドソン (LAD) 2
アメリカ合衆国の旗 フレディ・サンチェス (PIT) 3
3B アメリカ合衆国の旗 ライアン・ジマーマン (WSH)
SS ドミニカ共和国の旗 ミゲル・テハダ (HOU) 6
OF アメリカ合衆国の旗 ブラッド・ホープ (COL)
アメリカ合衆国の旗 ハンター・ペンス (HOU)
アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・アプトン (ARI)
アメリカ合衆国の旗 シェーン・ビクトリーノ (PHI)
アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ワース (PHI) ‡

最終投票[編集]

選出選手の発表後、選出に漏れた選手の中から各リーグ5名が選ばれ、最後の1枠をかけたファン投票(All-Star Final Vote)が行われた。投票はMLB公式ウェブサイト上でのオンライン投票で実施された。投票は7月5日から7月9日まで行われ、ナショナルリーグはシェーン・ビクトリーノPHI)が、アメリカンリーグはブランドン・インジDET)が選出された[5]

アメリカンリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
アメリカ合衆国の旗 ブランドン・インジ (DET) 3B 0
アメリカ合衆国の旗 イアン・キンズラー (TEX) 2B 1
アメリカ合衆国の旗 ショーン・フィギンズ (LAA) ‡ 3B 0
ドミニカ共和国の旗 カルロス・ペーニャ (TB) ‡ 1B 0
アメリカ合衆国の旗 アダム・リンド (TOR) DH/LF 0
ナショナルリーグ
選手(チーム) 守備 過去
選出
アメリカ合衆国の旗 シェーン・ビクトリーノ (PHI) CF 0
ベネズエラの旗 パブロ・サンドバル (SF) 3B 1
アメリカ合衆国の旗 マーク・レイノルズ (ARI) 3B 0
アメリカ合衆国の旗 マット・ケンプ (LAD) CF 0
ドミニカ共和国の旗 クリスチャン・グーズマン (WSH) SS 2

ホームランダービー[編集]

オールスターゲーム前日の7月13日に第25回ホームランダービーが開催された。決勝で6本を放ったプリンス・フィルダーMIL)が優勝。フィルダーは2回戦で出場した中で最長飛距離となる503フィート(約153.3メートル)の本塁打を右中間へ放った[6]

順位 選手(チーム) ラウンド1 ラウンド2 1+2 決勝
1 アメリカ合衆国の旗 プリンス・フィルダー (MIL) 11 6 17 6
2 ドミニカ共和国の旗 ネルソン・クルーズ (TEX) 11 5 16 5
3 アメリカ合衆国の旗 ライアン・ハワード (PHI) 7 8 15
4 ドミニカ共和国の旗 アルバート・プホルス (STL) 5 6 11
5T ドミニカ共和国の旗 カルロス・ペーニャ (TB) 5 5
5T アメリカ合衆国の旗 ジョー・マウアー (MIN) 5 5
7 アメリカ合衆国の旗 エイドリアン・ゴンザレス (SD) 2 2
8 アメリカ合衆国の旗 ブランドン・インジ (DET) 0 0

フューチャーズゲーム[編集]

試合が行われる2日前の7月12日には、ブッシュ・スタジアムでマイナーリーグのオールスターゲーム“フューチャーズゲーム”が開催された。試合は14時08分に開始されたが、1回表終了後に降雨のため4時間9分中断、降雨中断のため試合は7回までに短縮された。世界選抜の先発投手を務める予定だった田澤純一日本出身 / BOS傘下)は球団の意向で登板を回避[7]。試合結果は世界選抜が米国選抜を 7-5 で下し、MVPには、7回表に代打として勝ち越しの二塁打を放った世界選抜のレーン・トソニカナダ出身 / MIN傘下)が選ばれた[8]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
世界選抜 2 0 1 0 0 1 4 X X 7 9 1
米国選抜 0 2 0 0 3 0 0 X X 5 7 2
  1. : 羅嘉仁  : トレバー・レックリング  
  2. 観客動員数:36,311人 試合時間:2時間37分(4時間9分の中断を除く)

脚注[編集]

  1. ^ a b Associated Press (2009年7月15日). “Crawford's catch in 7th clinches award” (英語). ESPN.com. 2009年8月3日閲覧。
  2. ^ Associated Press (2009年7月14日). “Crawford's glove runs AL's unbeaten streak to 13 All-Star Games” (英語). ESPN.com. 2009年8月3日閲覧。
  3. ^ Associated Press (2009年7月6日). “Pujols, Molina to start in St. Louis” (英語). ESPN.com. 2009年8月4日閲覧。
  4. ^ 2009 MLB All-Star Voting”. About.com. 2009年8月4日閲覧。
  5. ^ Victorino, Inge win record-breaking All-Star Game Sprint Final Vote races” (英語). MLB.com (2009年7月9日). 2009年8月5日閲覧。
  6. ^ Miller, Doug (2009年7月14日). “Prince reigns supreme in Derby” (英語). MLB.com. 2009年8月5日閲覧。
  7. ^ 「月刊マイナーリーグ通信 オールスター・フューチャーズ・ゲーム」 『月刊スラッガー』2009年9月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-9、81頁。
  8. ^ Castrovince, Anthony (2009年7月12日). “World reigns victorious after final-frame rally” (英語). MLB.com. 2009年8月5日閲覧。

出典[編集]