テッド・リリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テッド・リリー
Ted Lilly
IMG 9650 Ted Lilly.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロミータ
生年月日 1976年1月4日(38歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 MLBドラフト23巡目
初出場 1999年5月14日
最終出場 2013年6月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2009年

セオドア・ルーズベルト・リリーTheodore Roosevelt "Ted" Lilly , 1976年1月4日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元野球選手、ポジションは投手。

来歴[編集]

1996年MLBドラフトで、ロサンゼルス・ドジャースから23巡目指名を受け入団。

1998年のシーズン途中に、モントリオール・エクスポズへ移籍。翌1999年5月14日にメジャーデビューを果たす。

2000年伊良部秀輝との交換トレードでジェイク・ウエストブルッククリスティアン・パーカーと共にニューヨーク・ヤンキースへ移籍。

2002年オークランド・アスレチックスへ移籍。

2004年トロント・ブルージェイズに移籍。同年にはオールスターに初選出された。

2006年8月21日のオークランド・アスレチックス戦において、ジョン・ギボンズ監督と試合中にも関わらず喧嘩をした。1回で5失点をした段階でギボンズ監督が投手交代のためにマウンドに向かうと、リリーはその場でその決断に怒りを表し、激しく口論。その後も、スタジアムから去ろうとするリリーを監督が追いかけ、喧嘩が続いた。その後何が起こったのかは明らかにされていないが、鼻から出血をした監督の写真が撮られている。試合後、両者は問題は解決したとのコメントを出し、8月27日には何事もなかったかのようにリリーは登板した[1]。シーズン終了後にFAとなり、シカゴ・カブスと4年総額4,000万ドルで契約した。

2010年7月31日ブレット・ウォラックカイル・スミットブレイク・デウィットとのトレードでライアン・テリオと共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍。

2011年は12勝を記録し、2003年から9年連続2桁勝利となった。

2012年は開幕から8登板で5勝1敗と好調をキープしていたが、肩の故障で離脱。リハビリのため、A級ランチョクカモンガ・クエイクスに降格した。当初は9月に復帰する予定だった[2]が、回復せず9月21日に手術を行った[3]

2013年は怪我の影響で開幕から故障者リスト入りし、マイナースタートとなった。4月に先発のザック・グレインキークリス・カプアーノが怪我で離脱したため、4月24日に故障者リストから外れた。2試合に先発したが、5月3日に胸郭周りの筋肉の痛みを訴え、再び故障者リスト入りし、5月20日に外れた。しかし6月4日サンディエゴ・パドレス戦で、ランナーのカイル・ブランクスと交錯した際に首を痛め、再び故障者リスト入りすることとなった。その後6月中に復帰した[4]が、7月25日にDFAとなり[5]8月2日に放出された。8月6日サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ[6]。シーズンオフにベネズエラで行われたウィンターリーグに参加し、来季メジャー復帰を目標としていた[7]が、慢性的な首の痛みを理由に11月27日に引退を発表した[8]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 MON 9 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 110 23.2 30 7 9 0 3 28 1 0 20 20 7.61 1.65
2000 NYY 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 39 8.0 8 1 5 0 0 11 1 1 6 5 5.63 1.63
2001 26 21 0 0 0 5 6 0 0 .455 537 120.2 126 20 51 1 7 112 9 2 81 72 5.37 1.47
2002 16 11 2 1 0 3 6 0 0 .333 314 76.2 57 10 24 3 5 59 6 0 31 29 3.40 1.06
OAK 6 5 0 0 0 2 1 0 0 .667 99 23.1 23 5 7 0 1 18 0 1 12 12 4.63 1.29
'02計 22 16 2 1 0 5 7 0 0 .417 413 100.0 80 15 31 3 6 77 6 1 43 41 3.69 1.11
2003 32 31 0 0 0 12 10 0 0 .545 773 178.1 179 24 58 3 5 147 5 4 92 86 4.34 1.33
2004 TOR 32 32 2 1 0 12 10 0 0 .545 845 197.1 171 26 89 2 6 168 6 4 92 89 4.06 1.32
2005 25 25 0 0 0 10 11 0 0 .476 566 126.1 135 23 58 1 3 96 2 2 79 78 5.56 1.53
2006 32 32 0 0 0 15 13 0 0 .536 797 181.2 179 28 81 6 4 160 7 4 98 87 4.31 1.43
2007 CHC 34 34 0 0 0 15 8 0 0 .652 847 207.0 181 28 55 2 3 174 7 0 91 88 3.83 1.14
2008 34 34 0 0 0 17 9 0 0 .654 861 204.2 187 32 64 2 7 184 4 4 96 93 4.09 1.23
2009 27 27 0 0 0 12 9 0 0 .571 706 177.0 151 22 36 2 2 151 3 3 66 61 3.10 1.06
2010 18 18 0 0 0 3 8 0 0 .273 480 117.0 104 19 29 3 2 89 2 2 53 48 3.69 1.14
LAD 12 12 1 1 0 7 4 0 0 .636 305 76.2 61 13 15 1 3 77 0 0 30 30 3.52 0.99
'10計 30 30 1 1 0 10 12 0 0 .455 785 193.2 165 32 44 4 5 166 2 2 83 78 3.62 1.08
2011 33 33 0 0 0 12 14 0 0 .462 800 192.2 172 28 51 8 9 158 2 2 88 85 3.97 1.16
2012 8 8 0 0 0 5 1 0 0 .833 202 48.2 36 3 19 1 2 31 3 0 23 17 3.14 1.13
2013 5 5 0 0 0 0 2 0 0 .000 109 23.0 27 4 10 0 1 18 0 0 16 13 5.09 1.61
通算:15年 356 331 5 3 0 130 113 0 0 .535 8390 1982.2 1827 293 661 35 63 1681 58 29 974 913 4.14 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 28 (1999年)
  • 56 (2000年)
  • 61 (2001年)
  • 43 (2002年)
  • 45 (2002年)
  • 31 (2002年 - 2006年)
  • 30 (2007年 - 2010年)
  • 29 (2010年途中 - 2013年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]