トリー・ハンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリー・ハンター
Torii Hunter
ミネソタ・ツインズ
Torii Hunter on June 2, 2013.jpg
タイガース時代(2013年6月2日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アーカンソー州パインブラフ
生年月日 1975年7月18日(39歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 中堅手右翼手
プロ入り 1993年 ドラフト1巡目(全体10位)でミネソタ・ツインズから指名
初出場 1997年8月22日 ボルチモア・オリオールズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トリー・ケダー・ハンターTorii Kedar Hunter, 1975年7月18日 - )はアメリカ合衆国アーカンソー州パインブラフ出身のプロ野球選手外野手)。現在はMLBミネソタ・ツインズに所属している。

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

電気技師の父親と小学校教師の母親の間に生まれた[1]。高校時代から桁違いの身体能力の高さで、野球以外にもアメリカンフットボールバスケットボール陸上競技でそれぞれ大活躍を見せた[1]。アメリカンフットボールではオフェンスで強肩のクォーターバックとして、ディフェンスでハードヒットが売りのフリーセイフティとしてプレーした[1]

1992年にはジュニアオリンピック全米代表に選ばれたが、家が経済的に厳しい状態であったため参加者負担金の500ドルが払えず、当時アーカンソー州知事であったビル・クリントンに手紙を書いて窮状を訴えたところ、すぐに500ドルの小切手を送ってくれたため参加できたというエピソードがある[1][2]

ツインズ時代[編集]

ツインズ時代

1993年MLBドラフト1巡目(全体10位)でミネソタ・ツインズから指名され、7月12日に契約。ドラフト前にはペパーダイン大学から奨学金つきのリクルーティングも受けていた[1]。ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ツインズで28試合に出場し、8打点4盗塁、打率.190だった。

1994年はA級フォートウェイン・ウィザーズで91試合に出場し、10本塁打50打点8盗塁、打率.293だった。

1995年はA+級フォートマイヤーズ・ミラクルで113試合に出場し、7本塁打36打点7盗塁、打率.246だった。

1996年はA+級フォートマイヤーズとAA級ハードウェアシティ・ロックキャッツでプレー。AA級では99試合に出場し、7本塁打33打点7盗塁、打率.263だった。

1997年はAA級ニューブリテン・ロックキャッツで127試合に出場し、8本塁打56打点8盗塁、打率.231だった。8月22日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー。9回表に代走として出場した。この年は1試合の出場に終わった。

1998年は4月29日にメジャーに昇格し、5月1日のオリオールズ戦でメジャー初安打を放った。5月12日に再びマイナーに降格し、その後メジャー昇格はならなかった。この年は6試合に出場し、2打点、打率.235だった。

1999年は開幕から正中堅手として起用され、自己最多の135試合に出場し、9本塁打35打点10盗塁、打率.255だった。292回の守備機会のうち失策はわずか1つだった。

2000年も開幕から正中堅手として46試合に出場していたが、打率.207と落ち込み、5月25日にAAA級ソルトレイク・ビーズへ降格した。7月28日に再びメジャーに昇格し、8月2日以降、打率.355の高打率をマークし、8月12日から15日にかけて3試合連続本塁打を放っている[3]。この年は99試合に出場し、9本塁打44打点4盗塁、打率.280だった。

2001年は開幕ロースター入りしたが、4月6日に故障者リスト入りし、4月21日に復帰。この年は148試合に出場し、チーム最多の27本塁打を放ち、92打点9盗塁、打率.261だった。オフにゴールドグラブ賞を獲得。

2002年2月19日にツインズと1年契約に合意。4月は27試合の出場で、9本塁打20打点5盗塁、打率.371の成績を残し、プレイヤー・オブ・ザ・マンスを初受賞した。前半戦87試合で20本塁打61打点14盗塁、打率.306と好調をキープし、7月のオールスターゲームにファン投票で初選出された。これは球団史上1995年カービー・パケット以来となるファン投票での選出となった[4]。この年は148試合に出場し、29本塁打94打点23盗塁、打率.289だった。オフに2年連続でゴールドグラブ賞を受賞。11月には日米野球に参加し、第1戦と第3戦では本塁打を放ち、また守備でも随所に好プレーを見せ、MVPに選出された。

2003年1月17日にツインズと総額3200万ドルの4年契約を結んだ。チームの野手の中で最高年俸となり、責任感を強く感じるようになり、それがプレッシャーになったという[5]。この年は154試合に出場し、26本塁打102打点6盗塁、打率.250で、球団の外野手としては1996年マーティ・コードバ以来となるシーズン100打点を達成した[6]。オフに3年連続でゴールドグラブ賞を受賞。シーズン終了後に打撃を見直すため、打撃コーチ以外にカービー・パケットポール・モリターボビー・ボニーヤらにアドバイスを求めている[5]

2004年は開幕直後の4月9日にハムストリングの故障で故障者リスト入りし、4月25日に復帰。5月15日のホワイトソックス戦で4打数4安打、2本塁打を放ち、通算100本塁打を達成した[7]。6月2日のタンパベイ・デビルレイズ戦でダイビングキャッチを試みた際に左手首を、8月19日のニューヨーク・ヤンキース戦ではフェンスに激突して首を、9月17日のオリオールズ戦では守備の際に左ヒザを負傷するなど、故障で欠場する期間が多かった[8]が、138試合に出場。23本塁打81打点21盗塁、打率.271だった。オフの11月2日に4年連続となるゴールドグラブ賞を受賞[9]

2005年も開幕から正中堅手として起用されていたが、7月30日に左足首の故障で15日間の故障者リスト入りし[10]、そのままシーズンを終えた。この年は故障で98試合の出場にとどまり、14本塁打56打点23盗塁、打率.269だったが、オフの11月1日には5年連続でゴールドグラブ賞を受賞した[11]

2006年は7月16日に足の怪我で15日間の故障者リスト入りした[12]。この間にトレードが噂されたが、チームがプレーオフ進出の可能性が出でてきたため残留[13]。7月31日に故障者リストから復帰した。復帰後は2ヶ月で15本塁打を放つなど活躍。この年は147試合に出場し、31本塁打98打点12盗塁、打率.278だった。オフの10月10日にツインズが1200万ドルの球団オプションを行使した[14][15]。11月2日には6年連続でゴールドグラブ賞を受賞した[16]

2007年は前半戦86試合の出場で、19本塁打69打点11盗塁、打率.301と好成績を残し、自身2回目となるオールスターゲームに選出された。この年は自己最多の160試合に出場し、28打点107打点18盗塁、打率.287だった。オフの10月30日にFAとなった。11月6日には7年連続となるゴールドグラブ賞を受賞した[17]

エンゼルス時代[編集]

エンゼルス時代

2007年11月22日にロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムと総額9000万ドルの5年契約を結んだ[18][19]

2008年は新天地でも正中堅手として開幕から起用された。9月8日のニューヨーク・ヤンキース戦で乱闘騒ぎとなり、9月10日にMLB機構から2試合の出場停止処分を受けた[20]。この年は146試合に出場し、21本塁打78打点19盗塁、打率.278だった。オフの11月6日に8年連続でゴールドグラブ賞を受賞した[21]

2009年も開幕から中堅手として77試合に出場し、17本塁打65打点13盗塁、打率.305と好成績を残したため、2年ぶりにオールスターゲームに選出されたが、7月7日のロサンゼルス・ドジャース戦でフェンスに激突し、7月10日に15日間の故障者リスト入りした[22]。そのためオールスターゲーム出場も辞退した。8月16日に復帰。この年は119試合に出場し、22本塁打90打点18盗塁、打率.299だった。また、ボビー・アブレイユの打撃に刺激を受けて選球眼が向上し、その結果四球が増え、出塁率は過去最高の.366を記録。オフの11月10日に9年連続となるゴールドグラブ賞[23]、11月12日には初のシルバースラッガー賞を受賞した[24]

2010年は前半戦86試合で15本塁打62打点7盗塁、打率.298と結果を残し、2年連続でオールスターゲームに選出された。8月からはルーキーのピーター・ボージャスに中堅のポジションを譲り、右翼へコンバートされた。8月6日のデトロイト・タイガース戦で三振の判定に対して球審に激しく抗議し、退場処分後も球審に暴言を吐いたり、ベンチからグラウンドにボールを投げるなど悪態をつき、8月7日にMLB機構が4試合の出場停止処分を発表した[25]。この年は152試合に出場し、23本塁打82打点5盗塁、打率.281だった。前年まで9年連続でゴールドグラブ賞を受賞していたが、この年のDRSはリーグ24位となり、前年リーグ1位のUZR値を記録したフランクリン・グティエレスがこの年シーズン無失策を記録したこともあって受賞を逃した。

2011年は156試合に出場し、23本塁打82打点5盗塁、打率.262だった。

2012年は5月に息子のダライアス・マクリントン=ハンターが性的暴行容疑で逮捕されたため、「家庭の事情」として5月14日に制限リスト入りし[26]、5月29日に復帰した。この年は140試合に出場し、16本塁打92打点9盗塁、打率は自己最高の.313だった。BABIPはキャリア平均(.307)に比べて著しく高い.389を記録。右翼の守備指標はリーグトップクラスだった。オフの10月29日にFAとなった。

タイガース時代[編集]

2012年11月16日にデトロイト・タイガースと総額2600万ドルの2年契約を結んだ[27][28]

2013年は新天地でも前年同様右翼手とし起用された。前半戦84試合で7本塁打44打点2盗塁、打率.315と活躍。3年ぶり5度目となるオールスターゲームに選出された。この年は144試合に出場し、17本塁打84打点3盗塁、打率.304だった。オフの11月7日には4年ぶり2度目となるシルバースラッガー賞を受賞した[29]

2014年は142試合に出場し、17本塁打83打点4盗塁、打率.286だった。オフの10月30日にFAとなった。ハンターはタイガースとの再契約を望んでいたが、11月14日にデーブ・ドンブロウスキーGMが「トリーと契約するとは思わない」と話した[30]

ツインズ復帰[編集]

2014年12月2日に古巣のツインズと1050万ドルの1年契約を結んだ[31]

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

スイングが大きいため打席から一塁までのスピードは4.4秒と平均を下回るが、バットスピードが速く、腕を伸ばしてボールを捉えることを好み、センター方向の打球が良く伸びる[32]

守備[編集]

守備の名手として知られ、2001年から2009年までに9年連続でゴールドグラブ賞を受賞した。2002年のオールスターゲームバリー・ボンズの放った本塁打性の打球をジャンプしてもぎ取ったプレーが注目を浴びて以来、本塁打になりそうな打球をジャンプで捕球するプレーが代名詞となり、そこからホームラン・ハンターのニックネームがつけられている。同じく外野手をポジションとし、2001年から10年連続でゴールドグラブ賞を受賞しているイチローとは互いに意識しあっている[33]

一方で、2006年からはUZRがマイナスに転落するなど、セイバーメトリクスの視点からは守備力の落ち込みが顕著になっており、ゴールドグラブ賞の受賞に疑問を呈する声も上がっていた[34]。2010年には遂に右翼手にコンバートされ、ゴールドグラブ賞の受賞も途切れた。

人物[編集]

ファンを大切にし、面倒見がよく、チームメイトからも人気がある。ユーモアのセンスがあり、コメントを嫌がらないのでメディアの受けもいい。また、社会貢献に熱心である。恵まれない家庭の奨学金の付与や、球場の建設・前立腺がん患者への支援も行っている[35]

アフリカ系アメリカ人の野球人口が減少していることに危機感を覚えており(1975年には27%に達していたが、2006年にはわずか8%まで低下したと6月2日付けのアメリカ有力紙、USA Todayは"Where are black ballplayers?"という記事で特集を組んでいる。2009年時点では10.2%。)、"Torii Hunter Project"と称する黒人野球選手振興プログラムを行っている。同プログラムでは他のアフリカ系のプレーヤーに呼びかけて寄付金を募り、それをメジャーリーグ機構が行う振興プログラムとは全く別に4都市のリトルリーグチームをサポートするというものである。このプログラムには元チームメートのシャノン・スチュワート、通算500本塁打を記録しているゲイリー・シェフィールド、元シアトル・マリナーズカール・エバレットピッツバーグ・パイレーツデレク・リー、メジャーリーグ歴代5位となる630本塁打の記録を保持しているケン・グリフィー・ジュニアなどが賛同している。2007年にはこの功績が認められ、地域社会に貢献したプレーヤーに与えられるマービン・ミラー賞に選出された。2009年にはブランチ・リッキー賞も受賞している。

愛車はベントレー

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 MIN 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1998 6 19 17 0 4 1 0 0 5 2 0 1 0 0 2 0 0 6 1 .235 .316 .294 .610
1999 135 422 384 52 98 17 2 9 146 35 10 6 1 5 26 1 6 72 9 .255 .309 .380 .689
2000 99 358 336 44 94 14 7 5 137 44 4 3 0 2 18 2 2 68 13 .280 .318 .408 .726
2001 148 603 564 82 147 32 5 27 270 92 9 6 1 1 29 0 8 125 12 .261 .306 .479 .784
2002 148 604 561 89 162 37 4 29 294 94 23 8 0 3 35 3 5 118 17 .289 .334 .524 .859
2003 154 642 581 83 145 31 4 26 262 102 6 7 0 6 50 7 5 106 15 .250 .312 .451 .762
2004 138 569 520 79 141 37 0 23 247 81 21 7 0 2 40 4 7 101 23 .271 .330 .475 .805
2005 98 416 372 63 100 24 1 14 168 56 23 7 0 4 34 3 6 65 8 .269 .337 .452 .788
2006 147 611 557 86 155 21 2 31 273 98 12 6 0 4 45 2 5 108 19 .278 .336 .490 .826
2007 160 650 600 94 172 45 1 28 303 107 18 9 0 5 40 10 5 101 17 .287 .334 .505 .839
2008 LAA 146 608 551 85 153 37 2 21 257 78 19 5 0 1 50 6 6 108 15 .278 .344 .466 .810
2009 119 506 451 74 135 26 1 22 229 90 18 4 0 5 47 4 3 92 9 .299 .366 .508 .873
2010 152 646 573 76 161 36 0 23 266 90 9 12 0 5 61 6 7 106 22 .281 .354 .464 .819
2011 156 649 580 80 152 24 2 23 249 82 5 7 0 3 62 2 4 125 24 .262 .336 .429 .765
2012 140 584 534 81 167 24 1 16 241 92 9 1 1 3 38 1 8 133 15 .313 .365 .451 .817
2013 DET 144 652 606 90 184 37 5 17 282 84 3 2 3 10 26 0 7 113 11 .304 .334 .465 .800
2014 142 586 549 71 157 33 2 17 245 83 4 3 0 7 23 0 7 89 18 .286 .319 .446 .765
通算:18年 2233 9125 8336 1229 2327 476 39 331 3874 1310 193 94 6 66 626 51 91 1636 248 .279 .334 .465 .799
  • 2014年度シーズン終了時

獲得タイトル・記録[編集]

背番号[編集]

  • 48 (1997年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Torii Hunter Biography”. jockbio.com. 2010年9月22日閲覧。
  2. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、197頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  3. ^ Torii Hunter 2000 Career Highlights” (英語). 2008年4月14日閲覧。
  4. ^ Torii Hunter 2002 Career Highlights” (英語). 2008年4月14日閲覧。
  5. ^ a b 「各球団マンスリー・リポート ミネソタ・ツインズ / 主砲が昨年の反省を踏まえ、ヤル気 ハンターのテーマは“リラックス”」『月刊メジャー・リーグ』2004年6月号、ベースボールマガジン社、2004年、雑誌 08625-3、53頁。
  6. ^ Torii Hunter 2003 Career Highlights” (英語). 2008年4月14日閲覧。
  7. ^ Torii Hunter 2004 Career Highlights” (英語). 2008年4月14日閲覧。
  8. ^ 月刊スラッガー』2004年12月号、日本スポーツ企画出版社、71頁
  9. ^ Torii Hunter wins fourth Rawlings Gold Glove Award”. MLB.com Twins Press Release (2004年11月2日). 2014年12月15日閲覧。
  10. ^ Mark Sheldon (2005年7月31日). “Notes: Twins wait as deadline nears”. MLB.com. 2014年12月15日閲覧。
  11. ^ Torii Hunter wins fifth Rawlings Gold Glove Award”. MLB.com Twins Press Release (2005年11月1日). 2014年12月15日閲覧。
  12. ^ Torii Hunter placed on 15-day disabled list”. MLB.com Twins Press Release (2006年7月16日). 2014年12月15日閲覧。
  13. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、118頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  14. ^ Twins pick up option on Torii Hunter”. MLB.com Twins Press Release (2006年10月10日). 2014年12月15日閲覧。
  15. ^ Kelly Thesier (2006年10月11日). “Twins pick up Hunter's 2007 option”. MLB.com. 2014年12月15日閲覧。
  16. ^ Torii Hunter wins sixth consecutive Rawlings Gold Glove”. MLB.com Twins Press Release (2006年11月2日). 2014年12月15日閲覧。
  17. ^ Torii Hunter and Johan Santana win 2007 Rawlings Gold Glove Awards”. MLB.com Twins Press Release (2007年11月6日). 2014年12月15日閲覧。
  18. ^ Angels agree to terms on five-year contract with outfielder Torii Hunter”. MLB.com Angels Press Release (2007年11月22日). 2014年12月15日閲覧。
  19. ^ Lyle Spencer (2007年11月22日). “A marriage made in heaven”. MLB.com. 2014年12月15日閲覧。
  20. ^ Lyle Spencer (2008年9月11日). “Hunter will not appeal suspension”. MLB.com. 2014年12月15日閲覧。
  21. ^ Angels' center fielder Torii Hunter honored with eighth consecutive Rawling Gold Glove Award”. MLB.com Angels Press Release (2008年11月6日). 2014年12月15日閲覧。
  22. ^ Angels place Vladimir Guerrero and Torii Hunter on 15-day disabled list”. MLB.com Angels Press Release (2009年7月10日). 2014年12月15日閲覧。
  23. ^ Angels' centerfielder Torri Hunter honored with ninth consecutive Rawlings Gold Glove Award®”. MLB.com Angels Press Release (2009年11月10日). 2014年12月15日閲覧。
  24. ^ Angels' Torii Hunter receives Louisville Silver Slugger Award”. MLB.com Angels Press Release (2009年11月12日). 2014年12月15日閲覧。
  25. ^ Lyle Spencer (2010年8月8日). “Hunter levied with four-game suspension”. MLB.com. 2014年12月15日閲覧。
  26. ^ Alden Gonzalez (2012年5月15日). “Angels place Hunter on restricted list”. MLB.com. 2014年12月15日閲覧。
  27. ^ Tigers agree to terms with Torii Hunter”. MLB.com Tigers Press Release (2012年11月16日). 2014年12月15日閲覧。
  28. ^ Jason Beck (2012年11月17日). “Hunter gets his team, Tigers get their man”. MLB.com. 2014年12月15日閲覧。
  29. ^ Jason Beck (2013年11月7日). “Miggy wins fifth Silver Slugger; Torii earns second”. MLB.com. 2014年12月15日閲覧。
  30. ^ Jason Beck (2014年11月15日). “Tigers, Torii prepared to part”. MLB.com. 2014年12月15日閲覧。
  31. ^ Torii Hunter returns to Minnesota on one-year contract”. MLB.com Twins Press Release (2014年12月4日). 2014年12月15日閲覧。
  32. ^ スカウティング・レポート『月刊スラッガー』2003年7月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-7、9-11頁。
  33. ^ 丹羽政善 『イチローとハンター 互いに意識し合う最高のセンター』 2007年8月16日付
  34. ^ Dave Cameron (2010-08-03), Torii Hunter, Right Fielder, FanGraphs Baseball(英語), 2010年11月20日閲覧
  35. ^ 村上雅則監修 友成那智編著 『メジャー・リーグ完全データ選手名鑑2010』廣済堂出版、2010年、197ページ。

外部リンク[編集]