カイル・ドレイベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイル・ドレイベック
Kyle Drabek
トロント・ブルージェイズ
Drabek pic.jpg
ブルペンで投球練習を行うドレイベック (2010年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ビクトリア
生年月日 1987年12月8日(26歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 ドラフト1巡目(全体18位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 2010年9月15日 ボルチモア・オリオールズ
年俸 $485,900(2012年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カイル・ジョーダン・ドレイベック: Kyle Jordan Drabek, 1987年12月8日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ビクトリア出身のプロ野球選手投手)。MLBトロント・ブルージェイズに所属。右投右打。

父親は、元メジャー・リーガーで1990年サイ・ヤング賞を受賞したダグ・ドレイベック

経歴[編集]

テキサス州ウッドランド高校時代はポール・ゴールドシュミットとチームメイトで、投手遊撃手を兼任し、アメリカンフットボールワイドレシーバーとしても活躍していた[2]。全米屈指の高校生右腕としてメジャーリーグのスカウトから注目を集める一方で、公衆酩酊罪で逮捕されたり、バイク事故を起こすなど素行の悪さが問題視されていた[3]2006年ドラフト1巡目(全体18位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名を受け、155万ドルの契約金で入団[4]

2007年に右肘を痛めてトミー・ジョン手術を受け、2008年の後半戦に復帰した。2009年は1A+でスタートし、シーズン途中に2Aへ昇格した。7月にはセントルイスで行われたオールスター・フューチャーズゲームにも米国選抜として出場した[5]。同年オフ、ロイ・ハラデイとの交換要員の目玉として、トラビス・ダーノーマイケル・テイラーと共にトロント・ブルージェイズへ移籍[6]

2010年は2Aニューハンプシャーで14勝9敗、防御率2.94という成績を残し、リーグの最優秀投手に選ばれた[7]。7月4日にはノーヒットノーランを達成している[8]。ブルージェイズは打者天国として知られる3Aラスベガスを投手育成の場として相応しくないと考えており[9]、ドレイベックは3Aを飛び級する形で9月15日ボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビューを果たした。

2011年はオープン戦で好成績を残し、エースのリッキー・ロメロに次ぐ先発2番手として開幕を迎えた。4月2日ミネソタ・ツインズ戦で7回を1失点に抑え、メジャー初勝利を挙げて幸先の良いスタートを切った。[10]。しかし、その後は制球に苦しんで四球を連発するようになり、6月にAAA級ラスベガスへ降格した。AAAでも制球難は解消されず、防御率7点台と打ち込まれ、当初の期待を大きく裏切るシーズンになってしまった。

2012年も序盤は好調だったが、次第に四球が多くなり前年と同じような経過を辿った。6月15日に右肘を痛めて故障者リスト入りし、自身2度目となるトミー・ジョン手術を受けた[11]

投球スタイル[編集]

球種は最速96マイル (平均93マイル) の4シームと、2シーム、カーブカッターチェンジアップ。特に決め球のカーブは最高級の評価を受けている。2シームとカッターも平均以上だが、チェンジアップはまだ発展途上であり、今後の成長の鍵を握るとされている[12]

マイナーでの通算奪三振率は7.5とさほど高くないが、ゴロ率が高く、打たせて取るピッチングを得意とする[13]2009年は対左打者に被OPS.942と打ち込まれたが、2010年は被打率.227、被OPS.651に抑えて苦手を克服した[14]

課題はコントロールで、2010年からは与四球率が上昇傾向にある[15]。打ちこまれるとすぐにカッとなる精神面の脆さも指摘されている。そのため、2011年はベテランのホセ・モリーナが専属捕手としてドレイベック登板試合のマスクを被っていた[14]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 TOR 3 3 0 0 0 0 3 0 0 .000 69 17 18 2 5 0 0 12 2 0 9 9 4.76 1.35
2011 18 14 0 0 0 4 5 0 0 .444 365 78.2 87 10 55 0 1 51 11 0 54 53 6.06 1.81
2012 13 13 0 0 0 4 7 0 0 .364 317 71.1 67 10 47 0 1 47 7 0 41 37 4.67 1.60
2013 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 14 2.1 4 1 2 0 1 3 0 0 2 2 7.71 2.57
通算:4年 37 30 0 0 0 8 15 0 0 .348 765 169.1 176 23 109 0 3 113 20 0 106 101 5.37 1.68
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Kyle Drabek Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2012年12月18日閲覧。
  2. ^ Bob Elliott(2010-05-09), Drabek living on the edge, canoe.ca(英語), 2011年4月27日閲覧
  3. ^ Ken Mandel(2006-06-06), Phils select righty Drabek at No. 18, MLB.com(英語), 2011年4月26日閲覧
  4. ^ Matt Germain(2011-03-05), Top 50 Jays Prospects, Jays Journal Edition: #1 Kyle Drabek, Jays Journal(英語), 2011年4月26日閲覧
  5. ^ Todd Zolecki(2009-07-12), Drabek shows potential in Futures Game, MLB.com(英語), 2011年4月26日閲覧
  6. ^ Press Release(2009-12-16), Blue Jays complete Halladay trade, MLB.com(英語), 2011年4月26日閲覧
  7. ^ John Lott(2010-09-10), Jays send playoff reinforcements to farm club, National Post(英語), 2011年4月26日閲覧
  8. ^ John Lott(2010-07-04), Kyle Drabek hurls no-hitter for Jays’ Double-A club, National Post(英語), 2011年4月26日閲覧
  9. ^ Kyle Drabek's Outlook for 2011, MLB Prospect Total(英語), 2011年4月27日閲覧
  10. ^ Gregor Chisholm(2011-04-02), Drabek dominates as Blue Jays prevail, MLB.com(英語), 2011年4月27日閲覧
  11. ^ Drabek to have second Tommy John surgery bluejays.com
  12. ^ Top 50 Prospects: No. 12 - Kyle Drabek, RHP, TOR, MLB.com(英語), 2011年4月27日閲覧
  13. ^ Tommy Rance(2011-04-05), A Look at Drabek's 2011 Debut, Fanglaphs Baseball(英語), 2011年4月27日閲覧
  14. ^ a b Gregor Chisholm(2011-03-06), Drabek coming of age on mound this spring, bluejays.com(英語), 2011年4月27日閲覧
  15. ^ Mike Podhorzer(2010-04-21), Michael Pineda, Kyle Drabek & Jeremy Hellickson: AL Starting Pitcher Rookie Update, Fangraphs Baseball(英語), 2011年4月27日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]