アーロン・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーロン・ヒル
Aaron Hill
アリゾナ・ダイヤモンドバックス #2
Aaron Hill on July 22, 2013.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州バイセイリア
生年月日 1982年3月21日(32歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 2003年 ドラフト1巡目
初出場 2005年5月20日
年俸 $5,500,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アーロン・ウォルター・ヒル(Aaron Walter Hill, 1982年3月21日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のプロ野球選手二塁手)。右投右打。

略歴[編集]

2003年に、ドラフト1巡目でブルージェイズから指名を受け、プロ入り。2005年に、ブルージェイズでメジャーデビュー。控えの内野手という形での出場となったが、105試合に出場した。

2006年は、トレードでアリゾナ・ダイヤモンドバックスに移籍したオーランド・ハドソンの穴埋め要員として、セカンドのレギュラーとして期待された。しかし、結果的にはセカンドだけでなく、サードショートの守備もこなし、打撃面でも2005年を上回る成績をマークした。

2007年は自己最多の160試合に出場。1993年ロベルト・アロマーが樹立した二塁手の球団本塁打記録に並ぶ17本塁打をマーク。また、盗塁数は4と試行回数こそ少なかったものの、5月には球団史上2人目のホームスチールを成功させた。

2008年4月に2011年までの4年総額1200万ドル(3年間のオプションも含めると最大で7年総額3600万ドル)で契約延長。しかし、5月29日のオークランド・アスレチックス戦で遊撃手のデビッド・エクスタインと交錯し、脳震盪が起こり、そのままシーズンを終えた。

2009年は4月からコンスタントに本塁打を量産。最終的にリーグ3位となる36本塁打をマーク。オールスターにも出場し、カムバック賞、シルバースラッガー賞を受賞し飛躍の年となった。

2010年は開幕直後にハムストリングを痛めDL入りした。復帰後も怪我の影響で例年よりも守備指標では悪化しエラー数も増加。しかしそれ以上に打撃面で苦しみ、26本塁打を放ちパワーは昨季ほどではないものの健在であることを見せたが、打率は.205とキャリアワーストの2008年の.263と比べても非常に悪い、極度の打撃不振に陥る。長打率は4割に満たなかった。

2011年も打撃不振が続き、本塁打が大きく減少した。8月23日にケリー・ジョンソンとのトレードで、ジョン・マクドナルドと共にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍、移籍後は調子を上げた。シーズン終了後、球団はヒルの2013年までの2年1600万ドルのオプションを一旦破棄し、その後2年1100万ドルで再契約を結んだ。

2012年は2度のサイクル安打を達成し、自己最高の打率.302、OPS.882を記録。本塁打も26本放ち、3年ぶりのシルバースラッガー賞受賞を果たした。

2013年2月8日に翌年から3年3500万ドルでダイヤモンドバックスと契約を延長した[2]

選手としての特徴[編集]

小柄な体型ながら二塁手としてはメジャーでも屈指の長打力を持つ。典型的なプルヒッターで、たまにライトからセンター方向へのヒットも見られるが、ホームランの打球はほぼ全てレフト方向への本塁打となっている。

課題は出塁率の低さで、そのため本塁打数の割に長打率OPSといった指標での数字は意外と伸びない。

守備ではゴールドグラブ賞の受賞こそないものの、堅実で安定した守備を見せ、UZRやプラス・マイナス・システムにおいてトップクラスの数字をマークしている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 TOR 105 407 361 49 99 25 3 3 139 40 2 1 3 4 34 0 5 41 5 .274 .342 .385 .727
2006 155 606 546 70 159 28 3 6 211 50 5 2 4 5 42 5 9 66 15 .291 .349 .386 .735
2007 160 657 608 87 177 47 2 17 279 78 4 3 3 5 41 1 0 102 21 .291 .333 .459 .792
2008 55 229 205 19 54 14 0 2 74 20 4 2 4 1 16 0 3 31 4 .263 .324 .361 .685
2009 158 734 682 103 195 37 0 36 340 108 6 2 1 4 42 1 5 98 17 .286 .330 .499 .829
2010 138 580 528 70 108 22 0 26 208 68 2 2 1 2 41 2 8 85 8 .205 .271 .394 .665
2011 104 429 396 38 89 15 1 6 124 45 16 3 0 6 23 1 4 53 8 .225 .270 .313 .584
ARI 33 142 124 23 39 12 2 2 61 16 5 4 2 1 12 0 3 19 2 .315 .386 .492 .878
'11計 137 571 520 61 128 27 3 8 185 61 21 7 2 7 35 1 7 72 10 .246 .299 .356 .655
2012 156 668 609 93 184 44 6 26 318 85 14 5 1 2 52 7 4 86 15 .302 .360 .522 .882
2013 87 362 327 45 95 21 1 11 151 41 1 4 0 1 29 2 5 48 6 .291 .356 .462 .818
通算:9年 1151 4814 4386 597 1199 265 18 135 1905 551 59 28 19 31 332 19 46 629 101 .273 .329 .434 .763
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録・表彰[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]