胡金龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
胡 金龍
Chin-Lung Hu
義大ライノズ #15
Chin-lung Hu 2013.jpg
2013年
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台湾省台南市
生年月日 1984年2月2日(30歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手外野手
プロ入り 2003年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2007年9月1日
CPBL / 2013年3月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
WBC 2006年

胡 金龍(フー・ジンロォン、こ きんりゅう、Chin-Lung Hu, 1984年2月2日 - )は、は、台湾台北市出身のプロ野球選手内野手外野手)。右投げ右打ち。義大ライノズに所属している。

台湾出身選手としては初のMLB内野手であり、MLBおよび歴代においても史上最も短い名字であった(英語表記で「HU」の2文字)。なお、MLB史上最長の名字はジャロッド・サルタラマッキア(英語表記で14文字)。

経歴[編集]

ロサンゼルス・ドジャース時代
ニューヨーク・メッツ時代

2003年1月31日にロサンゼルス・ドジャースと契約、プロとしてのキャリアをスタートさせた。この年はルーキーリーグでプレーした。

2004年はA級まで昇格した。

2006年ワールド・ベースボール・クラシックのチャイニーズタイペイ代表として出場。その後はドジャースのAA級でプレーした。2006年、2007年オールスター・フューチャーズゲームに選ばれ、2007年はMVPに輝いた。[1]

2007年は7月12日にAAA級に昇格すると、9月のロースター拡大に伴いメジャー初昇格を果たす。9月11日には台湾人野手としては初となる本塁打を放った(台湾人の初本塁打は投手の郭泓志が記録)。2007年シーズンのオフには北京オリンピックアジア予選のチャイニーズタイペイ代表として出場を果たした。

2008年シーズンは開幕から控えの内野手としてロースターに入り、スタメン遊撃手のラファエル・ファーカルの故障で、代替遊撃手として出場が増えた。しかし、打撃が2割に満たない不振で、結局ドジャースはロイヤルズからアンヘル・ベローアを獲得し、25人ロースターから外され、再びマイナー降格となった。

2010年12月27日、ニューヨーク・メッツへトレードされた。その後、オーストラリアン・ベースボールリーグアデレード・バイトでプレー。

2012年は、主にアメリカ独立リーグでプレーした後に、CPBL義大ライノズにドラフト1位指名された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
2007 LAD 12 31 29 5 7 0 1 2 15 5 0 0 2 0 0 0 0 8 0 .241 .241 .517 .759
2008 65 129 116 16 21 2 2 0 27 9 2 0 2 0 11 4 0 23 5 .181 .252 .233 .485
2009 5 6 5 2 2 1 0 0 3 2 0 0 0 1 0 0 0 2 1 .400 .333 .600 .933
2010 14 25 23 2 3 1 0 0 4 1 1 0 0 1 0 0 1 5 1 .130 .160 .174 .334
2011 NYM 22 23 20 2 1 0 0 0 1 1 1 0 1 1 1 0 0 11 0 .050 .091 .050 .141
2013 義大 99 414 393 71 135 27 3 5 183 38 12 1 1 3 15 0 2 24 15 .344 .368 .466 .834
MLB:5年 136 234 210 29 35 4 3 2 51 18 4 0 5 3 12 4 1 49 7 .176 .225 .259 .484
CPBL:1年 99 414 393 71 135 27 3 5 183 38 12 1 1 3 15 0 2 24 15 .344 .368 .466 .834
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 60 (2007年、2009年 - 2010年)
  • 14 (2008年)
  • 25 (2011年)
  • 15 (2013年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]