林恩宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
林 恩宇
En-Yu Lin
中信兄弟エレファンツ #11
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台湾省台南市
生年月日 1981年3月25日(33歳)
身長
体重
188 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 CPBL / 2005年4月21日
NPB / 2007年4月13日
最終出場 NPB / 2007年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
五輪 2004年
WBC 2006年
林恩宇
リン・オンユ(エンユウ)
プロフィール
出生: 1981年3月25日(33歳)
出身地: 台湾
職業: 野球選手投手
各種表記
繁体字 林恩宇
簡体字 林恩宇
英語名 En-Yu Lin
テンプレートを表示

林 恩宇(リン・オンユ(エンユウ)、1981年3月25日 - )は、中信兄弟エレファンツに所属するプロ野球選手投手)。台湾台南市出身。

2007年から3年間は日本東北楽天ゴールデンイーグルスに在籍した。

来歴[編集]

台湾時代(第一次)[編集]

2005年誠泰コブラズに入団。新人王、最優秀選手(MVP)、最優秀防御率に輝く。

2006年、最多勝(17)、最多奪三振(209)、最優秀防御率(1.73)、最優秀選手(MVP)を獲得。投手三冠王(最多勝・奪三振・防御率)は台湾プロ野球界で二人目となる快挙。また、同年3月に開催された第1回WBCチャイニーズタイペイ代表に選出される。

2006年12月6日東北楽天ゴールデンイーグルスへの入団が決定。契約金5000万円、年俸4000万円(契約金7000万円、年俸2000万円との報道もあり)の2年契約。

日本時代[編集]

2007年、開幕一軍を果たし先発ローテーションの一人として挙げられるものの、3月25日の練習後に人差し指のマメが潰れている事が判明し出遅れる。4月13日、対日本ハム戦(札幌ドーム)で、来日初先発登板。6回81球を投げ、被安打2の無失点の内容で来日初勝利を挙げる。

しかしその後は台湾との気候の違いから調整が上手くいかず投球が不安定なり、更に文化の違いに馴染めずホームシックに陥ったため、5月半ばにファーム降格となる。9月18日に一軍復帰し、その日の日本ハム戦で2番手として登板、復調の兆しを見せた。最終的に8試合に登板し1勝3敗防御率3.63。また同年12月開催のプレ五輪の台湾代表に選出され、第一戦の対韓国戦で先発した。

2008年は一軍戦登板なし。第2回WBCチャイニーズタイペイ代表を辞退。

2009年も一軍での登板はなく、11月2日戦力外通告を受ける。その後、12球団合同トライアウトに参加したが、獲得球団はなく、12月30日に行われた中華職棒年度ドラフト会議で、兄弟エレファンツにドラフト1位指名され入団。

台湾時代(第二次)[編集]

2010年は、2試合の登板に留まり、防御率6.52と目立った成績は残せなかった。

2013年は球団からコーチ職を兼務するように要請されたが固辞(代役としてブラッド・トーマスがコーチ兼任となった)。

プレースタイル・人物[編集]

  • 最速151km/hの速球に加え、 変化球はスライダーフォークを得意としている。球種は他にカーブチェンジアップを持つ。
  • 2006年シーズンに楽天に入団した左腕・林英傑(リン・インチェ)とは誠泰時代のチームメイトで同い年。左右のエースとして「雙林(ダブル・リン)」と呼ばれた。
  • 愛称は「小鶏(シャオチー)」。大学時代に林と顔が似ている先輩が「大鶏」と呼ばれていたことから名付けられた。スタンドで掲げるボードには「小鶏加油」(小鶏 がんばれ、の意)と書いてほしいと語る(2007年楽天イーグルスオフィシャルガイドブックより)。
  • 背番号29は「2と9を足せば台湾時代の背番号11になる」という理由から。自身は背番号11を希望していたが、楽天の背番号11は既に一場靖弘が付けており、その代替案として29となった。なお、一場は2009年3月に東京ヤクルトスワローズに移籍。それ以降、空き番となったが結局、林が背番号11を付けることはなかった。
  • 恩宇」の発音は日本人には困難で、入団会見以前は報道機関によってふられる読み仮名が異なっていたが、現在はほぼ「オンユ」で統一されている。しかし、どちらかと言えば「エンユウ」の発音が近い。ローマ字での表記も「En-Yu」である。
  • 入団会見の席で掲げた目標は「先発で7勝以上、防御率3点以内」。
  • 試合で使用するグラブの親指部分に、母国・中華民国国旗である青天白日満地紅が刺繍されている。
  • 特技はUFOキャッチャー
  • 座右の銘は「簡単に自分を許さない(自分に妥協しない)」。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 誠泰 31 21 9 4 2 12 8 4 0 .600 643 167.2 118 8 25 2 10 152 5 0 35 32 1.72 0.85
2006 31 28 5 3 1 17 8 2 0 .680 791 202.2 140 6 39 0 4 209 7 0 56 39 1.73 0.88
2007 楽天 8 7 0 0 0 1 3 0 0 .250 147 34.2 31 4 15 0 1 28 0 0 16 14 3.63 1.36
2010 兄弟 2 2 0 0 0 0 0 0 0 ---- 44 9.2 10 0 5 0 1 12 1 0 7 7 6.52 1.61
2012 1 1 0 0 0 1 0 0 0 1.000 17 5.0 1 0 2 0 0 4 0 0 0 0 0.00 0.60
2013 16 16 1 0 0 8 5 0 0 .615 376 85.2 85 6 36 0 3 59 2 0 44 37 3.89 1.41
CPBL:5年 81 68 15 7 3 38 21 6 0 .644 1871 470.2 354 20 105 2 18 436 15 0 142 115 2.12 0.98
NPB:1年 8 7 0 0 0 1 3 0 0 .250 147 34.2 31 4 15 0 1 28 0 0 16 14 3.63 1.36
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤字はリーグ歴代最高。

タイトル[編集]

CPBL
  • 最多勝利:1回(2006年)
  • 最多奪三振:1回(2006年)
  • 最優秀防御率:2回(2005年、2006年)

表彰[編集]

CPBL
  • 新人王:1回(2005年)
  • 最優秀選手:2回(2005年、2006年)
  • ベストナイン:2回(2005年、2006年)
  • ゴールデングラブ賞(金手套奨):1回(2005年)

記録[編集]

NPB
CPBL
  • 通算完封回数(8位)

背番号[編集]

  • 29 (2007年 - 2009年)
  • 11 (2005年 - 2006年、2010年 - )

関連項目[編集]

外部リンク[編集]