速球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

速球(そっきゅう)は、野球投手が投げる球種のうちで球速が速いものを指す。英語ではファストボール: fast ball)と呼ばれる。

概要[編集]

速球はバックスピンの成分が強く直進する物と回転軸が傾いたり回転が少ない事により直進しない物の2種類に大別できる。日本において前者は直球(ちょっきゅう)、ストレート (和製英語) 、真っ直ぐ(まっすぐ)等と呼ばれ、最も落差が少なく到達時間も短い球種である事などから打たれ難く、基本になる球種とされている。後者は癖球(くせだま)、ムーヴィングファストボール(英: moving fastball)等と呼ばれていた。

かつて日本では純粋なバックスピンが良い回転でそれ以外を悪い回転と考える傾向があったが、2000年代頃から明確に投げ方や細かい種類が認識され、意図的に直進する物と直進しない物を投げ分ける投手も増加している。一方、アメリカ合衆国メジャーリーグ(以下MLB)などではボールの軌道を一定させない方が打たれ難いと考えられており、ムーブする(動く)球が良いとされている[1]

速度が速いほど、力学的には運動エネルギーが大きくなり打球の飛距離が伸びる原理であるが、一方で、技術的には振り遅れやすくバットの芯で捉えることも難しくなる。

主なバリエーション[編集]

フォーシーム・ファストボール[編集]

フォーシームの握りの例(前)
フォーシームの握りの例(横)

フォーシーム・ファストボール (英: four-seam fastball) はボールが1周する間に縫い目 (seam) の線が4回 (four) 通過する向きで投げる球である。省略してフォーシームファストフォーシームとも呼ばれる。フォーシームとは縫い目の向きを表す言葉で、一般的には日本で直球ストレートと呼ばれるバックスピンの成分が強い球種を指す。

フォーシーム・ファストボールを投げるには、人差し指中指を並べ、ボールにある縫い目に交差させて握り、リリースの際に強いバックスピンをかける。人差し指と中指の間は若干隙間を開けるのが一般的で、隙間を開けて握る事で制球が安定しやすい。隙間を閉じて握ると強い回転はかけやすいが制球が不安定になりやすく、回転軸も左右に傾きやすい。

縫い目が長く多いほど回転の効果(マグヌス効果)が大きいが、野球のボールの構造上、ボール1周の間に縫い目が通過する回数は4回が最大である。上向きの揚力を生むバックスピンの成分が強く回転の効果も最大に発揮されるため、フォーシーム・ファストボールは最も落差の少ない球種である。球速が速いことに加えて、球の軌道が直線に最も近いので打者の振り遅れやボールの下を空振る事を期待できる。日本においては最も打たれ難いと考えられているが、打撃技術の向上に伴い、単に速い直球だけで打者を打ち取ることは難しくなっている。実例として1993年5月3日伊良部秀輝が投げた当時の日本プロ野球最速記録となる158km/hの直球を清原和博ファウルボールにし、次に伊良部が投げた157km/hの直球を二塁打にした。また、2008年のオールスターゲームではマーク・クルーンが投げた161km/hの直球を日高剛本塁打にしている。そのため、同じ直球でも内角・外角の左右の距離感や高め・低めの高低差を使い分けたり、他の球種を交える事で球の軌道や球速の差を利用して打者を打ち取ることが一般的で、こういった工夫により球速の遅い投手でも打者を打ち取ることができる。

また、ボールの回転数の多さや回転軸の傾き、手足の長さや投球フォームの影響でリリースポイントが打者に近い等の要因により、初速と終速の差が小さくなったり、より落差が少なくなる。このように浮き上がるかのような印象を打者に与えるものはライジング・ファストボール (英: rising fastball) と呼ばれる。ロジャー・クレメンスランディ・ジョンソンマーク・プライアーらのフォーシーム・ファストボールがこう呼ばれていたが、近年のメジャーリーグではこうした呼び方は減り、エルネスト・フリエリの浮き上がるような印象を与えるフォーシーム・ファストボールがマジック・ファストボール (英: magic fastball) と呼ばれるなどしている。日本では藤川球児のフォーシーム・ファストボールが浮き上がるような印象から火の玉ストレートストレートという名の変化球と呼ばれた。

ムーヴィング・ファストボール[編集]

ムーヴィング・ファストボール (英: moving fastball)は、直訳すると動く速球という意味で、主に左右に小さく変化する速球全般を示す。握り方や投げ方の違いで様々な変化をするが、一般的にはストレートの軌道を描くフォーシーム・ファストボールより僅かに球速は落ちる。速い速度で小さく鋭い変化をする事から、バットの芯を外して打たせて取りやすい。2000年頃からは横に変化する速球に対してツーシーム・ファストボールやカット・ファスト・ボールの名称が一般的に使われるようになったため、ムーヴィング・ファストボールという呼称が使われる事は減った。

ツーシーム・ファストボール[編集]

ツーシームの握りの例

ツーシーム・ファストボール(英: two-seam fastball)はボールを1周する間に縫い目 (seam) の線が2回 (two) 通過する向きで投じられた球である。省略してツーシームファストツーシームとも呼ばれる。フォーシームと同様にツーシームも縫い目の向きを表す言葉だが、主に球種を表す言葉として用いられている。日本では2000年代になってフォーシーム・ファストボールと明確に区別されるようになった。

投げ方は基本的にフォーシームと同じだが、握った際のボールの向きはフォーシームを横に90度回転させた向きであり、バックスピンを掛けた時に縫い目が1周で2回通過するように握る。また、意図的に回転を少なくするために縫い目に指を掛けない投手もいる。このような握りから投げる事で指が掛かりにくくボールの回転数が低下し、フォーシームより若干沈む軌道になる[2]。この僅かな変化により打者のバットの芯を外して打ち取る事を目的とする。アメリカでは日本より縫い目が高くマグヌス効果の差が出やすいボールが使われるため、フォーシーム以上に活用されており、右投手対右打者の場合には外角のボールゾーンからストライクゾーンに入る「バックドア」、左投手対右打者の場合には内角ボールゾーンからストライクゾーンに入る「フロントドア」という攻め方が一般的となっている[3]

日本でいうシュートとの違いは曖昧であり、吉井理人は、自分がMLB時代に投げていたツーシームは日本時代に投げていたシュートの呼び方を変えただけだと述べている[4]

代表的な使い手としてはグレッグ・マダックスフェリックス・ヘルナンデスがいる[3]。日本球界でも徐々に浸透しつつあり館山昌平田中将大などが投げる。

ワンシーム・ファストボール[編集]

ワンシーム・ファストボール(英: one-seam fastball)は1本 (one) の縫い目 (seam)だけに指をかけて投げる球種である[5]。1本の縫い目に人差し指と中指をはさむようにかけて握る[6]。略してワンシームとも呼ばれる。日本では2010年ダルビッシュ有が自らの新球として公表したことにより知られるようになった[7]

縫い目にしっかりと指をかけないため制球が難しいが[8]、ツーシームよりも変化は大きく、ストレートの球速でシンカーまたはシュートに似た動きをする[9]

代表的な使い手としてはティム・ハドソンジョン・レスターがいる[10]。日本人選手ではダルビッシュや菅野智之が得意とし、松坂大輔金子千尋も投げることができる。

シンキング・ファストボール[編集]

シンキング・ファストボール (英: sinking fastball) は、直訳すると沈む速球という意味で、沈む軌道を持つ速球全般を示す。アジア圏以外ではツーシームやワンシームのシンキング・ファストボールがシンカー(英: Sinker)と略されて呼ばれることが多いが、日本では使われることが少ない。ツーシーム・ファストボールとの定義が曖昧だが、ロイ・ハラデイなどは「横の変化よりも沈ませることを重視しているからシンカーと呼んでいる」という[4]。日本でいうシンカーは、アジア圏以外ではチェンジアップスクリューボールと定義される。

ツーシームのシンカーの代表的な使い手としてはケビン・ブラウンオーレル・ハーシュハイザーブランドン・ウェブデレク・ローらが。ワンシームのシンカーの代表的な使い手としてはティム・ハドソンらが代表的な使い手である他、アンダースロー投手の大半がツーシームのシンカーを投げている[11]。日本人選手では黒田博樹ダルビッシュ有岩隈久志が投げている。

カット・ファスト・ボール[編集]

カット・ファスト・ボール (英: cut fastball) はリリースの際にボールを切る様に投げる球種。アジア圏以外ではカッター(英: Cutter)と略されて呼ばれることが多い。回転軸が僅かに左右に傾く事で打者の手元で小さく鋭く変化する。

ナチュラルシュート[編集]

ナチュラルシュートはフォーシーム・ファストボールを投げる際にリリースポイントがずれシュートに似た回転がかかったものを指す。基本的には失投として見られるが、この癖を逆手に取り武器とする投手もいる。また、シュートそのものがシンキング・ファストボールと混同されていた時期(とくに米国で)もある。

ナチュラルスライダー[編集]

ナチュラルスライダーはフォーシーム・ファストボールを投げる際にリリースポイントがずれ、ナチュラルシュートと逆にスライダーに似た回転がかかった物を指す。但し、マッスラやカットファストボール等の名称で呼ばれる場合が多く、ナチュラルスライダーと呼ばれる事は少ない。

ジャイロボール[編集]

ジャイロボール(英: gyro ball)はボールに螺旋回転を与えた物を指し、螺旋回転の影響で空気抵抗による減速が非常に少ない球となる場合が有る。減速が少ないことから速球とされることもあるが、軌道は放物線を描きフォークボールに似た物になり、投げ方や握りがスライダーに近いことから縦スライダーとされるのが一般的である。

打者心理に与える様々な表現と工夫[編集]

野球中継の解説などで、投手の直球に対して「球質」「球威」「球の伸び」などと表現されることがある。科学的根拠を交えれば、これらは投球された球の回転数や球の運動、リリースポイントの遠近によるボールの飛行距離等によって打者が抱く錯覚が深く関係しているものである。

球速[編集]

投手の投げた球の速さのことで、スピードガンによる簡易計測が可能なため、具体的な数値で表されることが多い。単純に球速が速いほど、球を目で捉えることが難しくなり、到達時間も短くなることから、打者は対応が難しくなる。また、他の球種や後述する工夫と組み合わせることで計測される数値以上の効果をもたらすことがある。

球質[編集]

投球を打ち返した際に打球の飛距離が予想よりも短く、もしくは長くなる事を、球質が「重い」、「軽い」と形容されることがある。物理的に球の重さが変わることはないが、この要因としては様々な説が存在し、球の回転数が多いほど反発力が増して軽い球に、逆に回転が少ないと重い球になるという説。逆に回転が多ければ運動エネルギーの総量も多く、運動エネルギーの多い速い球の方が飛距離が出難い事に準じ、回転が多いほど飛距離の出難い重い球であるという説もある。また、回転の少ない球は「棒球(ぼうだま)」と呼ばれ、痛打されやすい球とされる事もある。或いは、打者が自身の打ち損じなどに気付かず球質のせいだと思っているだけで、飛距離を大きく左右するほどの影響を与える球の回転や球質は存在しないという説もある。特にツーシームやカットファストボールのように打者の手元で変化する球種では、芯を外しやすく打球が伸びないということがままある。また、芯を外されるとインパクトの衝撃が手に伝わることから重く感じる。体重の軽い投手が投げる球は軽いという説もあり、体重を重くすることで球質を重くしようと考える投手もいる[12]。これらのように回転は飛距離が伸びる方向にも縮む方向にも作用する可能性が有り、科学的に検証した論文や研究結果などは発表されていない。なお、アメリカにおいては球質という概念自体が存在しない[13]

伸び・切れ[編集]

球速はリリースポイントから捕手ミットに到達するまでに空気抵抗により逓減する。しかし、球を回転させることで空気抵抗は小さくなり、減速は少なくなる。「伸び」のある球とは減速が少ない球を示す。「伸び」のない球に比べて減速が少ない事で、打者は球が加速している様に錯覚する。ジャイロボールは螺旋回転により、通常よりも遥かに減速を少なくする事が可能である。また、ユークリッド幾何学において二点間を結ぶ最短距離は直線であるので、後述の落差の少ない球は最短距離となる。これは到達時間が短いので、球速以上に速く感じて「伸び」のある球と認識される。直球においては球の「切れ(キレ)」も「伸び」と同義である。

落差[編集]

球は重力により放物線を描くが、回転軸の傾きが少なく回転数の多いバックスピンをかけた球はマグヌス効果により上向きの揚力を持ち、放物線から離れた直線に近い軌道になる。打者は見慣れた軌道を直線と認識しているので、それよりも上を通過する球を浮き上がると錯覚する。また、リリースポイントの低いサイドスローアンダースロー投法から投げられる球は下から上がって来るのでこれも浮き上がるように錯覚する(ソフトボールのライズボールも同じ理屈である)。硬式球では160km/hで毎秒40回転以上の純粋なバックスピンが与えられた場合に実際に浮き上がる事が証明されている。

球持ち[編集]

マウンド上の投手板とホームベース間の距離は公認野球規則により18.44mと定められているが、実際には18.44mの距離から球は放たれず、投球動作に伴いリリースポイントはホームベース寄りに近付くのが一般的である。リリースポイントが打者に近いほどボールの飛行距離は短縮され、それにより球速が保存されて初速と終速の差が小さくなる。これを「球持ち」が良いと表現し、投手は少しでもリリースポイントを打者寄りにするため様々な工夫を行う。その一環として球を長く持つようにする事でリリースするのを遅らせようとする。より打者にリリースポイントを近付けるには基本的に身長が高く手足が長い方が有利である。  

角度[編集]

投手はその投法や身長・腕の長さにより打者に対して高低、または左右の角度を付けた球を投じることが出来る。角度が大きいと打者のフォームが崩れやすく、打ち難さを増す事が出来る。より大きい角度をつけるためには球持ちと同様に長身で手足が長い投手が体格的に有利で、高低差はオーバースローかアンダースロー、左右の角度はサイドスローや投手板の立ち位置の左右を利用する投手が一般的に有利である。投げる腕と対角のコースを突く直球をクロスファイアと呼ぶ事が有る。前述の球持ちとは逆に、リリースポイントを敢えて早くすることで角度を大きくしようとすることもある。

球威[編集]

球威とは「球の威力」で球速などを表す言葉だが定義は曖昧で、球に伸びがあり球速以上の威力が有る事を示す場合や球速、球質、伸びなどの総合的な評価の場合も有る。

最高球速[編集]

速球の球速はしばしば投手の実力を評価する指標の一つとなる。

  • 日本人投手が投じた最高球速記録としては、西武ライオンズ前田勝宏が1995年のハワイ・ウィンターリーグで計測した100マイル(約161km/h)がある。2010年8月26日に東京ヤクルトスワローズ由規が161km/hを記録するまで、前田は160km/h以上を出した唯一の日本人投手であった。

日本における記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 巨人・菅野智之も陥った“魔球”の罠。シーム系の変化球に潜む危険とは?(1/3) NumberWeb 2013年5月12日
  2. ^ 高見圭太 宮嵜武 姫野龍太郎 バックスピンする球体に働く負のマグナス力~飛翔実験による測定~ - 2009年
  3. ^ a b 2010-11 MLB投手白書 球種別解説&データファイル 速球(4シーム&2シーム)『月刊スラッガー』2011年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、9頁。
  4. ^ a b 『メメジャー・リーグ変化球バイブル』 ベースボール・マガジン社、2010年ISBN 978-4-583-61678-0
  5. ^ 巨人・菅野智之も陥った“魔球”の罠。シーム系の変化球に潜む危険とは?(2/3) NumberWeb 2013年5月12日
  6. ^ ダル解禁ワンシーム 内川のバット粉砕 nikkansports.com 2011年4月6日
  7. ^ 新球|ダルビッシュ有オフィシャルブログ
  8. ^ 菅野“ダル魔球”ワンシーム投げた!初日から大器片りん sponichi annex 2013年1月7日
  9. ^ 松坂、パワーピッチャーへ=新たな武器ワンシームを習得 スポーツナビ 2010年7月27日
  10. ^ ダル魔球開幕「ワンシーム」ついに解禁! nikkansports.com 2010年3月20日
  11. ^ 2010-11 MLB投手白書 球種別解説&データファイル シンカー『月刊スラッガー』2011年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、9頁。
  12. ^ 楽天永井が体重7キロ増で球質&球威↑
  13. ^ マッシュー・ファーゴ (2003), 空想英語読本, メディアファクトリー 
  14. ^ クルーンが引退 日本で活躍、球界最速162キロ記録朝日デジタル、2012年2月22日

外部リンク[編集]