陳偉殷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陳 偉殷 (チェン・ウェイン)
Chen Wei-Yin
ボルチモア・オリオールズ #16
Wei-Yin Chen on May 10, 2012 (1).jpg
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台湾省高雄県
生年月日 1985年7月21日(29歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年
初出場 NPB / 2005年4月3日
MLB / 2012年4月11日
年俸 $4,000,000(2014年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
五輪 2004年2008年

陳 偉殷(チェン・ウェイン、1985年7月21日 - )は、台湾高雄県(現:高雄市)出身のプロ野球選手投手)。左投げ左打ち。ボルチモア・オリオールズに所属している。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校時代に公式戦で22奪三振を記録する。プロ入りに際してはMLB球団を含む8球団からオファーを受けていたが、当時中日ドラゴンズのアジア地区担当スカウトであった大豊泰昭が交渉にあたり、国立体育学院学生の身分のまま中日に入団した。

中日時代[編集]

2004年は、一軍昇格するが登板せず。アテネオリンピックでチャイニーズタイペイ代表に選出。2005年にプロ初セーブを記録。母国での兵役期間が短縮され、オフに2週間の兵役を完了。しかし2006年秋に左ひじの疲労骨折が判明し、翌2007年はそのリハビリも兼ね育成選手として契約。

2008年には骨折が完治し、再び支配下選手として契約。登録名を本名から「チェン」に変更した。4月2日の対読売ジャイアンツ戦で山本昌が負傷降板した後の急な登板であったものの来日初勝利。ヒーローインタビューでは「(一番に)大豊さんに伝えたい」と答えた。その後はチーム事情から中継ぎでの登板が多かったが、7月16日の対巨人戦で先発での初勝利を挙げている。なお、北京オリンピックチャイニーズタイペイ代表として日本国内球団所属選手から唯一代表に選出された。9月22日の対東京ヤクルトスワローズ戦で4安打に抑え、プロ初の完投完封を記録。

2009年は速球のキレが冴え、ストレートの被打率は藤川球児阪神)を抑え球界トップの.183をマークした。開幕3戦目の4月5日の対横浜ベイスターズ戦で今季初先発し、6回3安打無失点で初勝利を挙げた。8月の月間成績は4試合33イニングで1完封を含む3勝0敗、防御率0.82、WHIP0.79の活躍で自身初の月間MVPを受賞。クオリティ・スタート(6回3失点以内)を19回記録したが、そのうち11回で勝ち星がつかないなど打線の援護に恵まれず、6月の故障離脱もあり8勝に終わった。二桁勝利には届かなかったものの、シーズンを通して安定感を誇り、防御率1.54と2位以下に大差をつけ最優秀防御率のタイトルを獲得した[2]。また、シーズン通算4完封は吉見一起涌井秀章と並び両リーグ最多であった。

クライマックスシリーズ第1ステージ(対ヤクルト)第1戦、第2ステージ(対巨人)第2戦に先発するも敗戦投手となり、中日のクライマックスシリーズ先発投手の中では唯一勝ち星が付かなかった。オフには6年間交際をしていた台湾人女性と結婚し[3]、また、自身がメジャーリーグを志望している事を公言し[4]オクタゴン・ワールドワイドと代理人契約を結んだ[5]

2010年は開幕2戦目に先発して完封勝利を挙げる。その後も安定した投球を続け、7月には4勝0敗、防御率2.25、WHIP1.11で月間MVPを受賞。9月には2勝1敗、防御率0.69、WHIP1.04の好投でチームのリーグ優勝に貢献。最終的にはチームトップの13勝10敗、防御率2.87、WHIP1.14を記録した。日本シリーズでは2試合に登板。第2戦に勝利し、第6戦も好投したもののこの年ホールドポイントの日本記録を樹立、中継ぎとして大車輪の活躍だった浅尾拓也が8回に同点タイムリーを打たれ勝利投手の権利が消滅。1勝止まりに終わる。

2011年のキャンプでは臨時コーチとして訪問した杉下茂からフォークボールを学んだが、左足の故障で開幕を出遅れる。5月に復帰し防御率、WHIP共に前年より良化させたが、6月には月間防御率3.29、WHIP1.10ながら4試合の登板で1点しか援護が得られず、4連敗を喫するなど打線の援護に恵まれないことも多く、防御率とWHIPは前年より良化したものの、8勝10敗と負け越した。オフに自身のメジャー挑戦の意思が尊重され自由契約となる。

オリオールズ時代[編集]

2012年1月10日、ボルチモア・オリオールズと3年総額1200万ドル(4年目は年俸475万ドルの球団オプション)で契約を結んだ[6][7]。4月10日のニューヨーク・ヤンキース戦でメジャー初先発するも、5回2/3を7安打、4失点で降板[8]。17日のシカゴ・ホワイトソックス戦で、5回1/3を6安打、2失点の投球でメジャー初勝利を挙げる[9]。5月10日のテキサス・レンジャーズ戦では元広島のコルビー・ルイスと投げ合い、7回2/3を6安打、2失点の投球で3勝目を挙げる[10]。6月1日のタンパベイ・レイズ戦では、「あこがれの選手。全力で勝負したい」という松井秀喜と対戦するも、初回に松井から2点本塁打を打たれるなど初回だけで5失点を喫する[11]。7月3日のシアトル・マリナーズ戦では白星はつかなかったもの、7回1死まで走者を出さない好投を見せ、イチローとの対戦でも3打数無安打に抑えた[12]。前半戦は17試合の先発で7勝5敗、防御率3.93、WHIP1.27の成績で折り返し、29日のオークランド・アスレチックス戦では5回1/3を3安打、1失点、台湾人メジャーリーガー史上最多となる12奪三振を記録する好投で9勝目を挙げる[13]。8月4日のレイズ戦では7回を5安打、無失点の好投で10勝目を挙げる[14]。8月からは11試合の先発で防御率4.75、WHIP1.35と不調に陥るも、最終的にチーム最多の12勝を挙げ、この年のアリーグ最優秀新人賞投票ではダルビッシュ有に次ぐ4位の票を得た。

ポストシーズンではニューヨーク・ヤンキースとのディビジョンシリーズ第2戦に先発し、6回1/3を8安打2失点の好投で勝利投手となるが[15]、チームは第5戦で敗退した[16]

2013年、代理人をスコット・ボラスに変更。シーズンに入ると先発ローテーションの2番手を担ったが、5月12日のミネソタ・ツインズ戦で右脇腹を痛め、14日には故障者リスト入りとなった[17]。7月10日のテキサス・レンジャース戦で復帰[18]、それ以降はシーズン終了までローテーションを守った。

選手としての特徴[編集]

投球フォーム

中日入団当初は長嶋茂雄から中日往年の左腕エースの今中慎二を比較対象として挙げられた[19]

右肩が最後まで開かず球の出所が見えにくい腕の振りから[20]平均球速約91mph(約146km/h)[21]、最速154km/hの速球フォーシームツーシーム)、速く小さい変化と大きな変化の2種類のスライダー、数種類のカーブフォークを投げ分ける[22]。伸びのあるストレート(フォーシーム)を武器とし、2009年には被打率でも両リーグトップの.183をマークし[23]、コース別でも被打率3割以上を記録することがなく、真ん中でも被打率.275を誇った[24]。カーブは中日時代には投手コーチの森繁和から球速を抑えるように言われていたが、モノにすることができず、オリオールズ移籍後に「あの時はできなかったのに、できた」と、球速70mph(約113km/h)以下のスローカーブを投げることができるようになった[25]

登録上は左打ちだが、実際にはスイッチヒッターであり、2005年は登録上も両打ちだった。一時期は右打ちだったが、投げる方の左肩を守るという理由でスイッチヒッターを経て左打ちに転向した。

人物[編集]

同い年で同期入団でもある堂上剛裕中川裕貴(現マネージャー)と仲がよい。堂上照元寮長曰く「あんなにすごいピッチングするけど、中川たちとゲームやっているときは普通の高卒の選手と一緒の顔するよな」とのこと。また吉見一起とは兄弟のように仲がよい(吉見が兄でチェンが弟)[26]

元読売ジャイアンツの姜建銘とは同い年で台湾時代からのライバル。

2009年にはアンダーシャツの首部分には自身の名と、中華民国国章の「青天白日」を組み合わせたマークが使われていた。現在でもグラブには「青天白日」の刺繍を入れている。

中日時代には外国人選手としては珍しく日本プロ野球選手会に所属し、現在ではインタビューも日本語で受け答えできるほど日本語が上達している。同じく台湾出身で中日でプレーした郭源治のすすめもあり、来日当初から専属通訳が付かなかったので必死で日本語を覚えたとのこと。「8年間日本に住んで日本人みたいなもの。後輩としてほかの方たちにもあいさつしたい」と、オリオールズ移籍後も日本人選手のいるチームとの対戦の際にはあいさつに向かっている[27][28]。登板後には台湾、アメリカ(通訳付き)、日本の3か国から取材を受けている[29]

国立体育学院やアテネ五輪代表時に付けていた背番号「54」は、中国語(台湾華語)での発音が「5」=「我」、「4」=「死」となるため「不吉な番号」として他選手はつけることを嫌っていたが、あえてこの番号を選んで付けていたという。

2011年秋にJRAの馬主資格を取得していたことが分かった[30]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 中日 10 1 0 0 0 0 0 1 1 ---- 92 19.1 29 3 6 0 0 20 2 0 17 13 6.05 1.81
2008 39 14 1 1 0 7 6 0 12 .538 474 114.2 101 7 33 0 5 107 5 0 40 37 2.90 1.17
2009 24 23 5 4 2 8 4 0 0 .667 644 164.0 113 10 40 0 3 146 2 0 32 28 1.54 0.93
2010 29 27 3 2 0 13 10 0 1 .565 773 188.0 166 21 49 2 8 153 5 0 63 60 2.87 1.14
2011 25 24 4 1 2 8 10 0 0 .444 659 164.2 138 9 31 2 5 94 2 0 57 49 2.68 1.03
2012 BAL 32 32 0 0 0 12 11 0 0 .522 818 192.2 186 29 57 0 5 154 2 1 97 86 4.02 1.26
2013 23 23 0 0 0 7 7 0 0 .500 572 137.0 142 17 39 2 2 104 3 0 62 62 4.07 1.32
NPB:5年 127 89 13 8 4 36 30 1 14 .545 2642 650.2 547 50 159 4 21 520 16 0 209 187 2.59 1.09
MLB:2年 55 55 0 0 0 19 18 0 0 .514 1390 329.2 328 46 96 2 7 258 5 1 159 148 4.04 1.29
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

NPB投手記録
  • 初登板:2005年4月3日、対横浜ベイスターズ3回戦(ナゴヤドーム)、6回表に4番手で救援登板、2回5失点
  • 初奪三振:同上、6回表に万永貴司から空振り三振
  • 初ホールド:2005年7月27日、対横浜ベイスターズ9回戦(山形県野球場)、4回裏1死に2番手で救援登板、3回2/3を無失点
  • 初先発:2005年8月4日、対ヤクルトスワローズ14回戦(浜松球場)、3回2/3を4失点(自責点3)
  • 初セーブ:2005年8月7日、対横浜ベイスターズ12回戦(横浜スタジアム)、11回裏に8番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初勝利:2008年4月2日、対読売ジャイアンツ2回戦(東京ドーム)、2回裏に2番手で救援登板、5回2/3を無失点
  • 初先発勝利:2008年7月16日、対読売ジャイアンツ14回戦(札幌ドーム)、7回1失点
  • 初完投勝利・初完封勝利:2008年9月22日、対東京ヤクルトスワローズ21回戦(ナゴヤドーム)、4安打10奪三振
  • 最多完封:2009年
NPB打撃記録
  • 初安打:2005年8月4日、対ヤクルトスワローズ14回戦(浜松球場)、3回裏に石川雅規から遊撃内野安打
  • 初打点:2009年8月4日、対阪神タイガース12回戦(ナゴヤドーム)、8回裏にジェン・カイウンから二塁ゴロ野手選択の間に記録
MLB投手記録

背番号[編集]

  • 74 (2004年)
  • 31 (2005年)
  • 28 (2006年)
  • 203 (2007年)
  • 21 (2008年 - 2011年)
  • 16 (2012年 - )

脚注[編集]

  1. ^ "Baltimore Orioles 2012 Player Salaries and Team Payroll," ESPN.com. 2012年4月29日閲覧。
  2. ^ 年度別成績 2009年 セントラル・リーグ
  3. ^ チェン、結婚していた 中日スポーツ 2010年2月10日付
  4. ^ チェン、来オフにポスティングも 中日スポーツ 2009年12月22日付
  5. ^ チェン代理人にアラン・ニーロ氏15日にも会談へ…中日 - スポーツ報知・2010年11月13日
  6. ^ チェンと3年契約=米大リーグ・オリオールズ=ニューヨーク時事”. スポーツナビ (2012年1月11日). 2012年1月11日閲覧。
  7. ^ Taiwanese LHP Wei-yin Chen agrees with OriolesFOX SPORTS、2012年1月10日
  8. ^ チェン、デビュー戦6回途中4失点で降板日刊スポーツ、2012年4月11日。
  9. ^ チェン初勝利の陰に「谷繁の言葉」日刊スポーツ、2012年4月19日。
  10. ^ 元中日チェンがルイスに投げ勝ち3勝目日刊スポーツ、2012年5月11日。
  11. ^ ショック大きいチェン「何が起きたのか」日刊スポーツ、2012年6月2日。
  12. ^ チェン9K 初イチ斬り日刊スポーツ、2012年7月5日。
  13. ^ チェン、台湾出身最多12Kで9勝目日刊スポーツ、2012年7月30日。
  14. ^ チェン打たせて10勝目「状態いい」日刊スポーツ、2012年8月5日。
  15. ^ チェン「CSや日本S」の経験生き好投日刊スポーツ、2012年10月9日。
  16. ^ チェン米1年目終了「また出て世界一に」日刊スポーツ、2012年10月13日。
  17. ^ Wei-Yin Chen placed on DL” (英語). ESPN.com (2013年5月15日). 2013年11月3日閲覧。
  18. ^ Orioles' Wei-Yin Chen beats Rangers in return from DL” (英語). USA TODAY (2013年7月10日). 2013年11月3日閲覧。
  19. ^ 落合監督の注目株 チェン、先発・第6の男 - 中日スポーツ・2008年1月18日
  20. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、248-249頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  21. ^ Wei-Yin Chen PITCH f/xFanGraphs
  22. ^ 『週刊ベースボール』2010年24号、ベースボール・マガジン社、雑誌20441-6/14、35頁。
  23. ^ プロ野球 投手「球種リスト」『野球小僧』2010年6月号、白夜書房、雑誌18801-6、148頁。
  24. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』 白夜書房、2010年、30頁。ISBN 978-4-86191-595-6
  25. ^ チェン「森繁カーブ」で7勝日刊スポーツ、2012年6月19日。
  26. ^ チェンVS吉見 中日スポーツ 2010年2月6日付
  27. ^ チェン、松坂と初対面のあいさつ日刊スポーツ、2012年5月6日。
  28. ^ イチ 移籍後得点圏は9の0…スポニチ、2012年8月2日。
  29. ^ 異国で挑戦し続けるチェンの高い適応力 ダルビッシュを上回る成績の源とは!?sportsnavi.com コラム、杉浦大輔、2012年8月17日。
  30. ^ 中日スポーツ:竜卒業のチェンが馬主に 愛馬ミチャエルは土曜日デビュー:競馬・ボート(CHUNICHI Web)”. 中日スポーツ (2012年1月20日). 2012年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]