米迪亜ティー・レックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
米迪亜ティー・レックス
創設年度 2003年
解散年度 2008年
所属リーグ
中華職業棒球大聯盟
歴代チーム名
  • 那魯湾太陽(2003年)
  • 誠泰太陽(2003年)
  • 誠泰コブラズ(2004年 - 2007年)
  • 米迪亜ティー・レックス(2008年)
本拠地
新荘棒球場台北県新荘市)など
永久欠番
獲得タイトル
リーグ優勝(2回)
2005前,2007前
成績(タイトル以外)
球団組織
オーナー 施建新
運営母体 賽亜数位科技股有限公司
米迪亜ティー・レックス
各種表記
繁体字 米迪亞暴龍
簡体字 米迪亚暴龙
拼音 Mĭdíyà Bàolóng
注音符号 ㄇ一ˇㄉ一ˊ一ㄚˇㄅㄠˋㄌㄨㄥˊ
英文 Dmedia T-REX
テンプレートを表示

米迪亜ティー・レックス(ディメディア ティー・レックス)は、かつて中華民国台湾)の中華職棒に所属していたプロ野球チーム。

概要[編集]

前身は台湾大聯盟台中金剛嘉南勇士

2005年には初の前期優勝を飾ったものの、2007年1月には経営危機から九禾への球団売却が決定された。しかし、他球団の反対により実現しなかった。2007年シーズンは誠泰コブラスのまま公式戦に参加し、2008年にカーナビゲーションメーカーの賽亜数位科技へ売却された。

2008年、球団ぐるみでの野球賭博と八百長の疑いが浮上(黒米事件)。また球団が暴力団の資金を受けて運営されていたことや、球団に暴力団員を送り込んでいたことも明らかとなり、施建新オーナーら6人が中華民国検察当局にて取調べを受ける事態となっている。この結果、連盟から除名処分を受けることとなり、チームは解散した。

歴史[編集]

  • 2003年1月 - 台中金剛と嘉南勇士とが合併し、那魯湾太陽設立。中華職棒に加盟。
  • 2003年2月 - 誠泰銀行がスポンサーとなり、誠泰太陽に改称。
  • 2004年 - 誠泰銀行が球団を買収し、誠泰コブラズに改称。
  • 2005年 - 初の前期優勝。
  • 2008年2月4日 - 賽亜数位科技が球団を買収し、米迪亜ティー・レックスに改称。
  • 2008年10月27日 - 連盟から除名処分を受け、解散。

歴代監督[編集]

誠泰コブラズ時代[編集]

米迪亜ティー・レックス時代[編集]

日本プロ野球に在籍したことのある選手・コーチ[編集]

コーチ[編集]

選手[編集]