スライダー (球種)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スライダー: Slider)とは、野球における球種の1つ。人差し指と中指でボールに回転を掛けることにより利き腕と反対方向、または下方に変化する。

概要[編集]

スライダーの握りの例
スライダーの握りの例

バックスピンとサイドスピン(利き腕と反対方向)の間の回転軸を持ち、投手の利き腕と反対方向へ滑るように曲がる物と、ジャイロ回転の成分を有して縦に落下する物の2種類がある。両者を区別するために前者を横スライダー、後者を縦スライダー落ちるスライダー、またはヴァーティカル・スライダー (英: Vertical Slider) 、Vスライダー[1]と呼ぶことがある。投法が近いことから両方を投げる投手も多い。

カーブとの定義が曖昧な場合があり、落合英二は『落合英二ブルブルの輪』の中で「投げた人が『これはスライダー』と言ったらそれはスライダー扱いになっちゃう」と述べており、あまりにも握りや投法のバリエーションが豊富であるため一括りにすることは難しいとしている。落合は山井大介が投じる球速が遅いスライダーを例として挙げ、一般的にはカーブにあたるが山井本人が「これはスライダー」と主張してからはスライダー扱いになったという。逆にクレイグ・キンブレルなど本人がカーブ系と呼ぶ球種がスライダーと呼ばれることもある。

横スライダー[編集]

横に変化するスライダーはバックスピンの成分が強ければ落下が少なく横滑りするスライダーに、サイドスピンの成分が強ければ沈みながら大きく横滑りするスライダーになる。速球と同じような投法と球筋から比較的速い球速で変化するため打者は速球と誤認しやすい。横の変化でボールからストライクへ、ストライクからボールへなどという使い方や小さい変化でバットの芯を外したり、大きい変化で空振りを狙うなど様々な使い方をされる。

日本人選手では伊藤智仁岩瀬仁紀が代表的な使い手で、MLBではスティーブ・カールトンが有名。スリー・クォーターサイドスローの場合は元々横から出てくる球筋に更に横変化が加わるため、大きな角度のある変化球となる。左サイドスローのジェフ・ウィリアムスが投げたスライダーは数回にわたり空振りした右打者の体に当たった。

縦スライダー[編集]

スライダーの中でもジャイロ回転の成分を有して縦に落ちる物を指す。上向きの揚力を持たないため、フォークボールのように落下し、ジャイロ回転の効果で初速と終速の差が小さい[2]。また、ジャイロ回転の成分が強い物は回転軸の傾きによっては若干左右へも変化したり、落差が変わったりもする。日本人選手では松坂大輔田中将大大塚晶則などが代表的な使い手で、MLBではジョン・スモルツブラッド・リッジグレッグ・ホランドが代表的な使い手として知られる。

投げ方[編集]

アメリカンフットボールのパス

スライダーの握り方、リリース方法には様々な種類が有る。稲尾和久は「ボールをリリースする瞬間に縫い目にかかった人差し指の先をピッと切る」ように[3]大野豊は「握った指をずらすのでなく、手首の向きを変えてボールを切る」ように[4]伊藤智仁は「ボールの縫い目に人差し指と中指をはわせ、チョップするように横回転を加える」方法で[5]投げていた。ボブ・フェラーダルビッシュ有アメリカンフットボールのボール (en:Football (ball)) を投げるようにリリースすると解説している[6][7]

捻ったり抜くようにリリースするカーブと比べ、より速球に近いボールの握りと腕の振りで投げられる[6]。 手首と握力が強ければ、握りを変えるだけでも投げられることから、変化球の中でも習得が容易なものとされる。また、実戦で使えるレベルのカーブを習得出来なかった投手でも、スライダーは習得出来ることがある。日本での元祖藤本英雄や、カミソリシュートで知られる平松政次がこのケースである。

歴史[編集]

チーフ・ベンダー
藤本英雄

スライダーの元祖は1903年にメジャーリーグベースボール (MLB) デビューしたチーフ・ベンダーの投げていた「ニッケルチェンジ (nickel change)」または「ニッケルカーブ (nickel curve)」であるとされる[8]。しかし、1925年からMLBでプレーしたジョージ・ブレーホルダー (en:George Blaeholder) が投げていた「セイラー (sailor)」または「セイリング・ファストボール (sailing fastball)」という速い速度で横滑りする球種がその元祖であるとする異説もある[6]

1919年にMLBデビューしたジョージ・ウールも「セイラー」を投げ、さらにこれを「スライダー」と改名した[6]。1936年にMLBデビューしたボブ・フェラーもこの球種を駆使し活躍し、1948年の著書"Pitching to Win"で「スライダー」の名称と投法を広く紹介した[6]

日本では1949年、藤本英雄宇野光雄キャッチボールをしていたときに初めて意図的にスライダーを投げることに成功し[9]、翌1950年日本プロ野球初の完全試合を達成するなど活躍した。藤本のスライダーは「空を飛ぶトンボがスッと曲がるような球」と形容され、フェラーの著書からスライダーと呼ばれているのを知ったという[10]

種類[編集]

高速スライダー[編集]

高速スライダー(英: Hard Slider)とは球速が速いスライダーである。郭泰源伊藤智仁松坂大輔などのスライダーがこう呼ばれたことにより普及したため明確な基準はないが、一般的にその投手の速球との球速差が少ない(5~10km/h程度)スライダーが高速スライダーと呼ばれる。フランシスコ・ロドリゲスの高速スライダーは大きく曲がり落ち、その変化量から「カートゥン・スライダー」と呼ばれる[11]

スラーブ[編集]

スラーブ(英: Slurve)とはスライダーとカーブの中間的な変化をする球種である。そのほとんどはリリース時に切り方を深くしたスライダーで、カーブ程大きく山なりにはならない。石井一久内海哲也山井大介岩田稔などが決め球として投げており、木田優夫は同種の球を「カイダー」と呼んで投げていた。

誰が最初に投げたかは判明していないが、1940年代ボストン・ブレーブスに在籍していたジョニー・セインen:Johnny Sain)が投げていたことは確認されている。

マッスラ[編集]

マッスラ、或いは真ッスラは「真っ直ぐ(直球)」とスライダーの中間的変化をする球種である。利き腕と反対方向に変化するカット・ファスト・ボールとほぼ同一。速球とのコンビネーションとして特に利用価値が高く、斎藤雅樹大野豊が投げていた[12]

日本国内のみで用いられる合成語だが、常用する解説者が存在するほど認知度は高い。例として、立浪和義はカット・ファスト・ボール系の変化球をしばしば「真っスラ系のボール」と表現している。

脚注[編集]

  1. ^ 「Vスライダー」という表記はテレビゲーム・実況パワフルプロ野球シリーズにおけるものであるが、和田毅が実際にVスライダーと呼んでいる(2004年1月21日サンケイスポーツ)。Vスライダーという言葉の詳細は実況パワフルプロ野球#フォーク系を参照。
  2. ^ 新しい魔球ジャイロボールの投球動作とボールが作る流れの数値解析 (Computer Visualization Contest)
  3. ^ 稲尾和久「鉄腕人生 白球とともに - 3年目「直球だけ」からの変身」- nikkansports.com
  4. ^ 永川“大野塾”で球種増へ 直々にスライダー伝授 - Sponichi Annex、2009年10月29日、2010年2月11日閲覧。
  5. ^ ガラスの右腕 - 伊藤智仁 - 京都新聞、2010年2月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e Neyer, Rob"The slider: A concise history" - ESPN, 2004 20 April.
  7. ^ ダルビッシュ有監修『ダルビッシュ有の変化球バイブル』 - ベースボールマガジン社、2009年、14 - 15ページ。
  8. ^ "WISCONSIN Magazine of History",Wisconsin Historical Society Press, Spring 2004 issue. Accessed July 8, 2007.
  9. ^ 田村大五「この人にこの技あり 第3回:藤本英雄のスライダー」 - Sportsclick、2004年4月19日。
  10. ^ 巨人軍5000勝の記憶読売新聞社ベースボールマガジン社、2007年。ISBN 9784583100296 より。
  11. ^ 「NHK メジャーリーグガイド 2007」 監修:村上雅則 編集:NHK出版 協力:NHK報道局スポーツ部
  12. ^ 大野豊「絶対うまくなるピッチング」、P79。

参考文献[編集]