手刀打ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


手刀打ち(しゅとううち、てがたなうち)、またはチョップ (chop)、ナイフハンド・ストライク (knifehand strike) とは、空手拳法柔術合気道プロレスなどで使われる打撃技の一種。開掌の手の形すなわち手刀で打つ技である。徒手の格闘技、とくにボクシンググローブを使用しない種類の部門では、広く使われる打撃技法。剣道など武器を使用する武道武術でも裏の型や技の応用として使われる。

「手刀」(型:「雲手」)

空手道・拳法[編集]

「手刀受け」(正拳突きを手刀で受けたところ)

手刀は空手の型の場合打ち技としてより受け技として使われる場合が多い。お互いが向かい合って一対一で戦う近代格闘技の試合では使いにくいためあまり見られないが、伝統派空手の試合などではたまに見られることもある。拳を痛めないため、演武などに使われる場合が多い。また、とっさに使えるため、護身の場合は役に立つという空手師範も多い。

打撃対象(部位)[編集]

手刀打ちは開掌の形で小指側の側面にて相手を打つ技であり、顎・頸部・こめかみなどの急所をピンポイントで狙うのに適している。通常、指は伸ばすが指間は密着させる。指間を離すと小指の爪で自らの薬指が傷つく場合があるからである。

罫線部分を打ち付けるものが手刀である。
×親指側で打つものは背刀打ちである。
×指先で突くものは貫手である。
  • 空手では手刀の親指側で打つものを背刀打ち(はいとううち)と呼び、手刀打ちとは逆方向の軌跡を描いて返し打つ。
  • 開掌でも手のひらの付け根(掌底・底掌)で、打つ・突くものは掌底打ち(しょうていうち)と呼び手刀打ちと区別される。
  • また、指をそろえて伸ばした状態の指先で突くものは手刀と誤解されやすいが、空手では貫手(ぬきて)という。

運動方向による区別[編集]

一般に空手の基本では、上から打ち下ろす、横から打ちつける動作である。極真空手系では構えからカウンター気味にそのまま手刀を相手の鎖骨部に突き出すものを手刀の鎖骨打ち込みと呼ぶ。防具付き空手では体を後ろ向きから前に回転させて打つ、らせん手刀打ちがある。

メリット・デメリット[編集]

手刀(打ち)の利点
突き技とは異なる軌道・角度でも使用できること、受け技では硬軟両様の受けが可能で、受けた後の相手の状態をコントロールできる点(応用技として手刀掛けで相手の道着や腕を掴み、崩しや投げにつなぐことも可能)。競技試合ではその使用の機会が少ないが、実戦的意味合いからとくに伝統派各流はその習得をなお重視している。[1]
手刀(打ち)の短所
拳による突きに比べ破壊力が劣る点(ただし上達者は別)。使い方が難しく使用法を誤れば負傷し易い点。競技試合では有効打と認められにくい点、グローブ使用の空手・拳法では手刀(打ち)自体使えない点。

空手・拳法以外の諸武道・諸武術[編集]

日本の柔道の形の演武や古流柔術、合気道では受けが手刀で打ちかかる場合、短刀を持っていることを表現している場合がある。どちらもや短刀、小太刀居合の抜き打ちなど、武器を使う動きに通じる。

講道館柔道では、「講道館護身術」・徒手の部の「両手取」で取(とり)が右手刀を受(うけ)の右霞(右こめかみ)に当てる動作[2]、同・武器の部の「振下」(ふりおろし)では、取が杖をかわして左裏拳に続いて左手刀を受の烏兎(ふと、眉間のこと)に当てる動作[3]、「柔の形」・第二教・斜打で受が右手刀で取の烏兎を打つ動作等[4]がある。

柳生新陰流剣術では、柳生宗矩の『兵法家伝書』に言う無刀の極意に至る前に小太刀の稽古を経て、手刀による稽古へと間合いの感覚を錬磨して最後に無刀勢へと至る。この手刀の段階を手刀勢と呼ぶ。手刀勢では仕太刀は手を刀の様に用いて打太刀の太刀を握る小手を打ち落として相手を制する[5]

プロレス・総合格闘技のチョップ[編集]

力道山のカラテチョップ

概要[編集]

極真空手大山倍達総裁はその著書『100万人の空手』によると、極真会館創設以前にプロレスラー力道山とは親交があり、それで彼に手刀技を伝授したという。その後、力道山がプロレス技空手チョップと言って広めたので、プロレスのファンや視聴者には空手チョップとして知られている。もっとも、アメリカではこれを柔道チョップと呼んでいた。

力道山の愛弟子のジャイアント馬場も空手チョップを受け継いだが、師匠のよく用いた袈裟切り形のチョップのほか、水平に構えて相手の胸板に横に打ち付けるものを水平チョップ(または水平打ち)などのバリエーションがある。彼の場合、相手の脳天に上から振り下ろすものは特に脳天唐竹割りと呼ばれオリジナルの技となった。

プロレスにおいては、を広げた状態で首から胸元を張り手で叩く打撃を「チョップ」として使用されていたが、大相撲からプロレスに転向した力道山が、自身の張り手を空手の手刀のように振り下ろす形に改良し使い出した。特に掌を返して逆手の状態で相手の咽喉に打ち込む逆水平チョップの威力は絶大で、力道山はこの技でプロレス界に確固たる地位を築き、「大きな外国人を空手チョップで倒す力道山」というスタイルで日本全国にプロレスブームを巻き起こした。

この技は見た目は単純だが、打った反動が自分の腕にそのまま返るため、腕を相当鍛え上げた人間しか満足な威力を得られない。ただし、技の出も早い上に、さらに連発しやすい。

力道山、ジャイアント馬場以降、使い手は暫くいなかったが、天龍源一郎(通称・天龍チョップ)が再びこの技に光を与えた。

主に日本人レスラーが得意とし、小橋建太佐々木健介など、パワーファイターが好んで使用している。とりわけ小橋は水平チョップだけでなく、多種多様なチョップを開発している。

また、力道山は相手の首根っこ・肩口辺り(頸動脈付近)へ打ち下ろす袈裟斬りチョップも得意としていた。女子プロの大森ゆかり、晩年の故橋本真也も袈裟斬りチョップを多用していた。

アメリカ合衆国のレスラーではリック・フレアージミー・スヌーカバックハンド・チョップワフー・マクダニエルタタンカインディアン系選手のトマホーク・チョップなどが有名である。

なお、アブドーラ・ザ・ブッチャーなどが使う地獄突きは、空手の貫手と同様の技である。

種類[編集]

袈裟斬りチョップ[編集]

相手の頚動脈や鎖骨あたりを狙って振り下ろすチョップ。力道山の得意技で、その現役当時は「空手チョップ」と呼ばれていた。相撲時代に得意だった「張り手」を応用し、空手の手刀を取り入れて(力道山は空手も習っていた経験がある)得意技にした。以後は橋本真也や小橋建太などが得意とした。頸動脈チョップともいう。

逆水平チョップのようにバックハンドで繰り出される袈裟斬りチョップもある。

ローリング袈裟斬りチョップ[編集]
自ら旋回する遠心力を利用し、相手の首筋に逆水平チョップを放つ。小橋建太のオリジナル技である。橋本真也が使用した「燕返し」も同じ技である。逆旋回式のローリング袈裟切りチョップも存在し、こちらは潮崎豪のオリジナル技。
ダブル袈裟斬りチョップ[編集]
両手を合掌するように合わせて相手の首筋に打ち込む袈裟斬りチョップ。小橋建太が放つものは「青春の一撃」という固有名称が付いている。女子では三田英津子が使う「ブレイジング・チョップ」が有名。桜庭和志は総合格闘技の試合でガードポジションから繰り出す「幸せチョップ」を使用したことがある。

脳天唐竹割り[編集]

身長を生かし脳天に上からチョップを打ちつける。ジャイアント馬場の得意技であり、馬場チョップとも呼ばれる。他にも脳天チョップやブレーンチョップという呼び名もある。生前の力道山は、頭を鴨居にぶつけて脳天チョップを思いついた馬場に「相手が死んでしまうぞ」と制止していたが、ディック・ザ・ブルーザーとのタイトルマッチに際して解禁に至った。

現在では馬場の愛弟子である田上明が多用する。ブルーザー・ブロディグレート・ムタはトップロープからの飛び技として使用していた。

また、全盛期の馬場は打ち下ろす際に大きくジャンプして繰り出すこともあった。

逆水平チョップ[編集]

交互にバックハンド・チョップを放つショーン・マイケルズリック・フレアー

手のひらを下に向けて手の平で水平に放つチョップのこと。この技も力道山を源流に持つ。米国では「バックハンド・チョップ」または「ナイフエッジ・チョップ」と呼ばれる。ジャイアント馬場(ジャイアントチョップ水平打ちとも呼ばれた)や力道山、天龍源一郎、小橋建太、リック・フレアー、佐々木健介等が使用する。小橋は連続で繰り出す「マシンガン・チョップ」も使用する。

マシンガン・チョップ[編集]
連続して高速で何度もチョップを連発する技。コーナーにもたれかかった相手へ向かって繰り出す時が多い。逆水平チョップのものが有名で、小橋建太が使用する他、小橋と直接対決を行った佐々木健介、また小島聡も使用する。
小橋は相手の腕を掴んだ状態でバックハンド式袈裟斬りチョップのマンシンガン式を使用した。田上明は通常式の袈裟斬りとバックハンド式の袈裟斬りを交互に放つ乱れ打ちマシンガン・チョップを使用。さらに川田利明は、相手の腕を掴んだ状態で逆水平チョップを打って相手を倒し、そのまま相手の腕を引っ張り強引に立たせて再び逆水平チョップを打つ「起き上がり小坊師式」を使用。天龍源一郎はグー・パンチと逆水平チョップを交互に繰り返す応用技を披露したことがある。百田光雄(力道山の次男でもある)はチョップ・スマッシュで使用、それに合わせて観客が手拍子をすることから「手拍子付きマシンガン・チョップ」とも呼ばれる。

モンゴリアン・チョップ[編集]

両手を同時に振りかぶり、相手の鎖骨に叩きつけるチョップ。かつて新日本プロレスWWFで活躍したキラー・カーンのモンゴリアン・ギミックに合わせて呼称された。近年では天山広吉モンゴルマン橋誠が多用。総合格闘技のリングで桜庭和志が使用したこともある。

クロス・チョップ[編集]

フライング・クロスチョップ

両手を交差し、正面から打ちつけるチョップ。日本では1970年代、ラッシャー木村国際プロレスの選手を中心に使われ始めた。ミル・マスカラスは自ら体を投げ出して放つフライング・クロスチョップ(フライング・クロス・アタック)を得意技としていた。

チョップ・スマッシュ[編集]

正面から相手の胸板に上から下へ片腕を振り下ろすようにチョップを打ち込む。袈裟斬りチョップを胸板へ打ち込む形である。実際は掌を相手に打ち付ける場合が多いため、事実上胸板への張り手の様な格好になる。かつては力道山やジャイアント馬場が使用していたが、以後は百田光雄くらいしか使用者はいない。百田は、コーナーへもたれかかった相手へ連続して打ち込むのが定番で、チョップに合わせて観客が手拍子を打つのが名物となっていた。

チョップ・ドロップ[編集]

マット上に倒れている相手の喉元や胸などに、立った状態からチョップを振り下ろす。自らが倒れこみながら打ち込む場合もある。

小橋建太、天山広吉が使用。

ワーム[編集]
ワームを狙うスコッティ・2・ホッティ。
スコッティ・2・ホッティの必殺技。仰向けに倒れた相手に対して両手を広げて地団駄を踏んだ後、観客の「W・O・R・M」のチャントに合わせて片足ケンケンでリング内を半周、技名の通りミミズのように体を屈伸させて相手に向かって進み、最後は観客の「フー!フー!」のチャントに合わせて両腕を大きく左右に振って相手の頭部にチョップを見舞う。以上のようにチョップ以外の動作はパフォーマンス的要素であり、ダメージを与える要素はない。

大根斬りチョップ[編集]

小橋建太のオリジナル技。相手をバックブリーカーの要領で抱え、そのまま喉元にチョップを叩き込む。大変危険な技であるためか、相手の力量に合わせて使用する。最近では喉元ではなく、胸板に打ち込むことが多い。

坂本龍馬チョップ[編集]

小橋建太のオリジナル技。ブレーンバスターで担ぎ上げたあと、前方に背面から投げ落とし、リングに落ちる寸前に相手の喉元にチョップを見舞う技。初公開が高知県大会であったため、高知ゆかりの坂本龍馬に因んで命名した。

処刑チョップ[編集]

首の後ろを狙って振り下ろすチョップ。

オールド・スクール[編集]

ハイデンライクに対しオールドスクールを狙うアンダーテイカー。

ジ・アンダーテイカーの得意技。相手の片腕をねじり上げつつ、自身はトップロープを歩き、飛び降りざまに相手の肩付近に当てるチョップである。ねじり上げられた腕がトップロープ綱渡りによる負荷でダメージを受け、チョップによってさらに追い討ちを受ける。

ブキャナンも使用。また、新崎人生の「拝み渡り」も同系統の技。

空中元彌チョップ[編集]

コーナートップより飛びつき、相手の肩にまたがった状態で、大見得を切りつつ頭部に叩きつけるチョップのこと。狂言方和泉元彌がプロレスに進出した際に用いたオリジナル必殺技。名前の由来は、元々フライング元彌チョップという名前だったものを、会見で緊張した和泉元彌が間違って言ってしまったことによる。本人がインタビューで語ったことには『「人間のつぼ」を刺激することでダメージを与えている』とのこと。 技に入る前に「弓矢八幡討って捨て申す」と前説を入れることでエネルギーを蓄えることができ、技がパワーアップするとのこと。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「手刀掛け」の練習と「引っ掛け」への応用→参考文献の1、82頁・84頁、廬山初雄「大山道場時代の技術」より。
  2. ^ 参考文献の2、125頁。
  3. ^ 参考文献の2、159-160頁。
  4. ^ 参考文献の2、223-224
  5. ^ 参考文献の3、29-31頁の記述。また同32頁所収、柳生宗矩『兵法家伝書』(岩波文庫)には「…(前略)…無刀は、人に刀をもたせ、我は手を道具にして仕相するつもり也…(以下略)…」とある。

参考文献[編集]

  1. 『拳聖 大山倍達地上最強の空手』〈月間フルコンタクト空手4月号別冊〉、福昌堂、1998年4月1日号。
  2. 小谷澄之大滝忠夫 『最新 柔道の形・全』 不昧堂出版、1985年(1971年初版)、ISBN 4-8293-0093-0 C3075。
  3. 柳生延春 『月間空手道』 福昌堂、1994年1月号〈通巻215号〉。