マーク・ヤングブラッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・ヤングブラッド
プロフィール
リングネーム マーク・ヤングブラッド
マーク・ロメロ
ニコナ(Nikona)
本名 マーク・ロメロ
ニックネーム 赤獅子
身長 183cm
体重 106kg(全盛時)
誕生日 1963年7月21日(51歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州アマリロ
トレーナー リッキー・ロメロ
デビュー 1981年
引退 1999年
テンプレートを表示

マーク・ヤングブラッドMark Youngblood、本名:Mark Romero1963年7月21日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテキサス州アマリロ出身。

父のリッキー・ロメロ、兄のジェイ・ヤングブラッド、弟のクリス・ヤングブラッドもプロレスラーである[1]インディアンギミックベビーフェイスとして、弟クリスとのタッグチームレネゲード・ウォリアーズThe Renegade Warriors)」などで活躍した。

来歴[編集]

1981年7月[2]、本名のマーク・ロメロの名義でデビュー。デビュー翌年の1982年には、NWAセントラル・ステーツ地区にて4月8日にジン・ルイス、12月13日にハーキュリーズ・ヘルナンデスを破り、同地区認定のTV王座を獲得[3]。タッグではマイク・ジョージと組んで6月3日にジェリー・ブラウン&ロジャー・カービー、8月19日にデューイ・ロバートソン&ハーキュリーズ・ヘルナンデスから同タッグ王座を奪取した[4]

その後、マーク・ヤングブラッドと改名してジム・クロケット・ジュニア主宰のNWAミッドアトランティック地区に参戦。兄のジェイ・ヤングブラッドと同様のインディアンギミックのキャラクターに変身し、1984年3月7日にはトーナメントの決勝でディック・スレーターを下して空位となっていたTV王座を獲得[5]。インディアン・レスラーの大御所ワフー・マクダニエルのパートナーにも抜擢され、同年3月4日にボブ・オートン・ジュニア&ドン・カヌードル、5月5日にジャック・ブリスコ&ジェリー・ブリスコから同地区認定のNWA世界タッグ王座を奪取している[6]

フロリダでは兄ジェイ・ヤングブラッドとのコンビで活動し、1985年1月1日にクラッシャー・クルスチェフ&ジム・ナイドハート、3月5日にプリティ・ヤング・シングス(ココ・ウェア&ノーベル・オースチン)を破りUSタッグ王座を獲得したが[7]、同年9月2日、遠征先のニュージーランドにてジェイ・ヤングブラッドが客死[8]。以降、弟のクリス・ヤングブラッドをパートナーに活動を続けた。

1986年フリッツ・フォン・エリックが主宰していたテキサス州ダラスのWCWA(WCCW)に参戦、9月1日にフォートワースにて行われたビッグイベント "WCWA Labor Day Star Wars" では世界タッグ王座の争奪トーナメントに出場し、ジョー・ルダック&リック・ルードなどのチームを破り勝ち進んだが、準決勝でバズ・ソイヤー&マット・ボーンに敗退した[9]

1987年より、カルロス・コロンの主宰するプエルトリコWWCで活動。ザ・シープハーダーズブッチ・ミラー&ルーク・ウィリアムス)やミスター・ポーゴ&TNTなどを下し、WWC世界タッグ王座を再三獲得した[10]。同年11月にはクリスと共に全日本プロレスに初来日し、世界最強タッグ決定リーグ戦に出場している。以降もWWCを主戦場に、サモアン・スワット・チーム(サムゥ&ファトゥ)、カンザスシティ・ジェイホークス(ボビー・ジャガーズ&ダン・クロファット)、ニンジャ・エクスプレス(ケンドー・ナガサキ&ミスター・ポーゴ)などを抗争相手にタッグ王座を争った[10][11]

1990年の下期からは、レネゲード・ウォリアーズのチーム名でWCWに登場。ファビュラス・フリーバーズマイケル・ヘイズ&ジミー・ガービン)、ナスティ・ボーイズブライアン・ノッブス&ジェリー・サッグス)、フォー・ホースメンアーン・アンダーソン&バリー・ウインダム)、ヤング・ピストルズ(トレイシー・スマザーズ&スティーブ・アームストロング)などの強豪チームと対戦している[12]

その後はダラスの新団体GWFをアメリカでの活動拠点とする一方、1992年1月の再来日以降は全日本プロレスの常連外国人チームとなり、1996年の夏にかけて通算8回に渡ってクリスと共に全日本へ参戦[2]。以後、古巣WWCでの活動を経て1999年に引退した。

近年は、2007年に地元のアマリロで開校したプロレスラー養成所 "Romero's Academy of Wrestling" にて後進の指導にあたっている[13][14]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

セントラル・ステーツ・レスリング
ジム・クロケット・プロモーションズ
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ワールド・クラス・チャンピオンシップ・レスリング
  • WCCW TV王座:1回
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC世界タッグ王座:6回(w / クリス・ヤングブラッド)[10]
  • WWCカリビアン・タッグ王座:3回(w / クリス・ヤングブラッド)[11]
グローバル・レスリング・フェデレーション
  • GWFタッグ王座:1回(w / クリス・ヤングブラッド)

脚注[編集]

  1. ^ Ricky Romero passes away”. SLAM! Wrestling: January 16, 2006. 2012年2月6日閲覧。
  2. ^ a b 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P84、P110(2002年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b NWA Central States Television Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月22日閲覧。
  4. ^ a b NWA Central States Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月22日閲覧。
  5. ^ a b NWA Mid-Atlantic Television Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月22日閲覧。
  6. ^ a b NWA World Tag Team Title History: Mid-Atlantic version”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月22日閲覧。
  7. ^ a b NWA United States Tag Team Title History: Florida version”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月22日閲覧。
  8. ^ Jay Youngblood died at the age of 30”. Find a Grave. 2012年1月22日閲覧。
  9. ^ Events Database: WCWA Labor Day Star Wars”. Cagematch.net. 2012年2月6日閲覧。
  10. ^ a b c WWC World Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年2月6日閲覧。
  11. ^ a b WWC Caribbean Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2012年2月6日閲覧。
  12. ^ WCW Yearly Results 1990”. The History of WWE. 2012年2月6日閲覧。
  13. ^ Wrestler Profiles: Chris Youngblood”. Online World of Wrestling. 2012年2月6日閲覧。
  14. ^ Professional Wrestling Training Centers”. Bella Online. 2012年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]