出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(さい)は、琉球古武術で使用される武器の1つである。釵という漢字は本来「かんざし」の意味で、形がかんざしに似ているので釵と表記されるようになったと言われている。

概要[編集]

釵は、琉球王国時代には大筑(ウフチク、警察署長)や筑佐事(チクサジ、刑事)などが携帯し、犯人逮捕や群衆の誘導に使われたとされる。打つ、突く、受ける、引っかける、投げる等の技法によって用いられる。

釵の起源は明らかではないが、中国に筆架叉(ひっかさ)と呼ばれる似た武器があるので、これが琉球に伝えられ釵になったと推測する説もある。中国の筆架叉は、南方の農民の護身用具として用いられた。

琉球古武術では、釵は基本的に2本1組で使用され、左右の手にそれぞれ持って扱う。十手のような形をしたものが多いが、中には卍形のまんじ釵と呼ばれるものもある。見た目からよく十手と見誤られる事がある。

[編集]

釵の型には、津堅志多伯の釵、浜比嘉の釵、北谷屋良の釵、慈元の釵、多和田の釵、浜御殿屋可阿の釵、端多小の釵、湖城の釵などがあり、沖縄の正統の系譜にある空手・古武術道場各所、また琉球古武術保存振興会,琉球古武道保存会など、保存の文字を掲げる組織に保存されているという。 一説によると釵で有名な金城ウフチクの教えは、喜納ショウセイへ伝わり、その後は今も一子相伝により密かに沖縄の町道場で伝えられていると言われている。 戦前の沖縄県の警官には釵術を体得した者も存在したと言われる。

余談[編集]

その西洋ではあまり類を見ない形状ゆえか、釵はアメリカン・コミックスをはじめとする海外のフィクションにおいて人気の高い武器である(その場合「釵は忍者の使う武器」という誤解を受けていることも多い)。釵を使う著名なキャラクターとしてはティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズのラファエロやデアデビルのエレクトラなどが知られている。またマトリックス・リローデッドでも主人公が使う武器として登場した。ロボットアニメではザンボット3が使う武器ザンボットグラップとして登場し、変形させる事によってザンボットブローやザンボットカッターという武器が登場した。

参考文献[編集]

  • 外間哲弘、金城政和、共著 沖縄の古武道具、鍛錬道具 平成元年3月2日 琉球新報社出版
  • 宮城篤正著 空手の歴史 1987年9月15日 ひるぎ社発行
  • 仲本政博著 沖縄伝統古武道 1989年4月5日 文武館発行

関連項目[編集]

外部リンク[編集]