試し斬り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
畳表1畳巻×7 袈裟斬り

試し斬り(ためしぎり)とは、刀剣を用いて巻藁畳表青竹等の物体を切り抜くこと。試斬(しざん)、据物斬り(すえものぎり)とも呼ばれる。江戸時代には様斬(ためしぎり)とも書かれた[1]

概要[編集]

日本刀は1本1本が手作りの鍛造品であり、名手とよばれる刀工の手によるものであっても品質や性格には違いがあり、実用に堪えるものか装飾的美麗さにとどまるものかは実際に試してみなければ分からない。

日本刀の切れ味や耐久性を試すために、豚肉新聞紙段ボール等の物体を、木製ないしは金属製の台や土(土段)の上に乗せ、袈裟あるいは真向あるいは真横(胴斬り)に切り抜く。江戸時代には罪人の死体を使用していた。

純粋に刀の切れ味を試すための試し斬りを試刀術と呼び、抜刀道居合道[注釈 1]稽古として行われる試し斬りとは区別される。試刀術は敵を想定していないため、地面を踏み締め、背中に刀が着くほど大きく振りかぶって斬り込むが、抜刀道や居合道における試し斬りは対敵を想定しているため、動作に隙を生じさせないように斬り込む。

ほかには、巻藁数本を縦に並べ、真上から切り下ろす方法や、ぴったりと横や縦一列に並べ、それらをまとめて斬るというものもあるが、それらの多くは見物者にインパクトを与えるために行う場合がほとんどである。

歴史[編集]

江戸時代以前には人体が試し斬りの対象として用いられた。戦国時代ルイス・フロイスの報告書においても、ヨーロッパにおいては動物を使って試し斬りを行うが、日本人はそういうやり方を信用せず、必ず人体を用いて試し斬りを行っているという記述がある。

江戸幕府の命により刀剣の試し斬りする御用を勤めて、その際に罪人の死体を用いていた山田浅右衛門家等の例がある。また大坂町奉行所などには「様者」(ためしのもの)という試し斬りを任される役職があったことが知られている。その試し斬りの技術は「据物」(すえもの)と呼ばれ、俗には確かに忌み嫌われていた面もあるが、武士として名誉のあることであった。試し斬りの際には、一度に胴体をいくつ斬り落とせるかが争われたりもした。例えば3体の死体なら「三ツ胴」と称した。記録としては「七ツ胴」程度までは史実として残っている。

据物斬りは将軍の佩刀などのために、腰物奉行らの立会いの元、特に厳粛な儀式として執り行われた。本来、こうした御用は、本来は斬首と同様に町奉行所同心の役目とされていたが、実際には江戸時代中期以後、斬首・据物斬りを特定の者が行う慣例が成立し、徳川吉宗の時代以後、山田浅右衛門家の役目とされた。なお、山田朝右衛門が斬首を行う際に、大名旗本などから試し斬りの依頼を受け、その刀を用いて斬首することがあったという[2]。その方法は、地面にを数本打ち立て、その間に死体をはさんで動かないようにする。僧侶、婦女、賎民、廃疾者などの死体は用いない。死体を置き据えるときは、死体の右の方を上に、左の方を下にして、また、背中は斬る人のほうに向ける。刀には堅木のをはめ、重いを加える。斬る箇所は、第1に摺付(の辺)、第2に毛無(脇毛の上の方)、第3に脇毛の生えた箇所、第4に一の、第5に二の胴、第6に八枚目、第7に両車(部)である。以上の箇所を斬って刀の利鈍を試みた。二つ胴、三つ胴などというのは、死体を2箇以上重ねて、竹杭の間にはさんでおいて試みるのである。

武道における試し斬り[編集]

試斬台に立てた畳表1畳巻

抜刀道居合道といった武道における試し斬りでは、主に畳表を巻いたものを使用する。一畳分または半畳分の使用済み畳表を巻き、で縛ったり、輪ゴムで止めたりしたものを、一昼夜あるいは数日水につけておき、台上のに突き刺す。その畳表に対して、日本刀を使用して斬撃を行う。

一番有名な斬り方は、対象に対して、40 - 45度ほどの角度で斜めに斬りつける「袈裟斬り」と呼ばれる斬り方であり、畳表を人間と考えた場合、肩口・脇下より斬りつける技法である。他にも流派や団体によって様々な斬り方がある。水平に切る横一文字が一番難しい。習熟すれば地面に直に置いた畳表も斬ることができる。

斬る物体の種類[編集]

巻藁
かつては主に巻藁を使用していたが、現在では藁の入手が難しくなったことや、斬り屑が散る欠点から、使用されることは少なくなっている。現在、巻藁と呼ばれているものは畳表であることが多い。
畳表
半畳または一畳分の畳表を巻き、紐で縛ったり、輪ゴムで止めたりした物。俗に巻藁と呼ばれ、現在、最も使われている。半畳巻は斬り易く、多少斬り方(刃筋)が曲がっていたとしても斬れる。
竹入り畳表
青竹の芯を入れた畳表。青竹はの硬さに相当し、畳表の部分はの硬さに相当するといわれる。青竹入りの畳表を正しく斬れた場合には人間のを落とすことが可能であるという説が存在するのもそのためである。
は畳表に次いで試し斬りによく使われている。骨の硬さに似ているといわれる。
豚肉
の枝肉であれば大腿骨や腰骨以外は両断した例がある。小説家の津本陽は、中村泰三郎(中村流抜刀道の創始者)を訪ねて初めて試し斬りを行った際、まったく手応えを感じることなく豚肉の塊を骨ごと両断できたので驚いたと述べている。
台の上に置いた鉄兜を斬ることを兜割りと呼ぶ[注釈 2]。刀が折れ飛ぶのが当たり前とも思われるが、高段者においては、半ば以上まで斬り込む者も多く、中には、中国製の鉄製兜2つをまとめて叩き割った者も居る。
明治20年(1887年)に伏見宮邸において行われた「天覧兜割り」が有名である。剣術家の榊原鍵吉上田馬之助逸見宗助が出場した。上田と逸見は失敗したが、榊原は同田貫を用いて、切口35、深さ5分斬り込んだ。警視庁で上田、逸見から剣術を学んだ高野佐三郎は、後年、「巻藁なんかは子供の悪戯と考えています。重きを置きませぬ。昔の試し切りは鉄の兜を斬るんです。(中略)据物斬りというのはなかなか難しいので、兜の中に御飯の温かいのを詰める。兜に温かみをつけてやる。何も入れないと、刀を折る。豆腐のカラを熱くふかして入れてもよい。置物の高さを知る事が大切で、素人が斬れて剣道の先生が斬れないという事が間々ある」と述べている[3]
昭和54年(1979年)には殺陣師林邦史朗時代考証家の名和弓雄からの依頼で兜割りを試した。兜の内側に粘土を詰め込み、跳ねないようにして斬った。兜は約2センチほどへこみ、刃の痕はくっきりと残ったが、刀は蛇行形に曲がった。名和は「兜の真っ向は、とても刀で斬れるものではない、と結論を下してよいと思う。(中略)昔は、炊き立ての飯米や、熱いおからを詰めて、鉢を温めてから斬ったと伝えられている。もし、鉢を温め、古刀の二尺七、八寸もある大業物を使用した場合、あるいはもっと斬れたかもしれない」と述べている[4]
昭和62年(1987年)にTBSテレビの番組にて、武道家の河端照孝が兜割りに成功している。

その他[編集]

高度な試し斬りとして「戻し斬り」がある。大根など、野菜の斬り口の組織を全く潰すことなく斬る。真っ二つにしても、くっつけることで元に戻る。名刀と達人が揃って成し得る、とは言うものの繊維を壊さず物を切ることなど物理的に不可能であり、切り口が綺麗に通っているか確認するものであった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 居合道は主に形稽古をする武道であり、試し斬りを行わない団体も多い。
  2. ^ 武具の兜割とは異なる。

出典[編集]

  1. ^ 吉川弘文館国史大辞典』「様斬(ためしぎり)」(重松一義)および平凡社日本史大事典』「様斬(ためしぎり)」(加藤英明)
  2. ^ 『日本史大事典』
  3. ^ 堂本昭彦『高野佐三郎 剣道遺稿集』、スキージャーナル
  4. ^ 名和弓雄『間違いだらけの時代劇』、河出文庫 182頁

関連項目[編集]