エディ・エドワーズ (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディ・エドワーズ
Eddie Edwards ROH.jpg
プロフィール
リングネーム エディ・エドワーズ
ニックネーム ダイ・ハード
クラッシャー
青い目のノア戦士
身長 183cm
体重 97kg
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ボストン
所属 TNA
トレーナー キラー・コワルスキー
小川良成
本田多聞
デビュー 2002年
テンプレートを表示

エディ・エドワーズEddie Edwards1983年12月30日 - )は、アメリカ合衆国の男性プロレスラーである。マサチューセッツ州ボストン出身。TNA所属。

ダイ・ハード(Die Hard)[1]のニックネームで知られる。現在、日本ではプロレスリング・ノア(以下ノア)、アメリカではROHを主戦場としている。ノアへ所属選手として入団し、練習生を経て再デビューした経歴がある。

来歴[編集]

2002年に米国でプロデビュー。プロレスリングZERO-ONEに海外選手として参戦を経て、2005年5月にノアの練習生となる。同年9月にノアマットで再デビューした。その後、故郷である米国に活動拠点を置くためにノアとの所属契約をフリー参戦契約に変更。2006年4月にノアに再び参戦。同年11月には、ノアでの初勝利をあげた。

2006年12月22日にはアメリカのROHに登場。

2007年にはテッド・デビアス・ジュニアとのタッグで、ノアのグローバル・ハードコア・クラウン無差別級選手権に挑戦した。

2008年6月21日に行われたノアのイギリス大会に参戦し、ブライアン・ダニエルソンと組み、GHCジュニアヘビー級タッグ王者KENTA&石森太二組に挑戦、敗北。さらに7月の日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦では、リッキー・マルビンと組んで出場するが、優勝戦線に絡めずに終わる。続いて同年11月28日に新潟市体育館大会でGHCジュニアヘビー級王者のKENTAに挑戦し敗北した。

2009年4月、デイビー・リチャーズとのタッグチーム、アメリカン・ウルブズを結成してROHタッグ王者となる。同年7月にノアで行われた日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦では、前年同様のマルビンとのタッグで出場し、Bブロックを2位通過したが、決勝トーナメントで青木篤志&飯伏幸太組に敗れ、決勝戦進出ならずベスト4止まりとなった。

2010年6月、ROHで新設されたROH世界TV王座の初代王者となる。同年10月、ノアの第4回日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に新しいパートナーロデリック・ストロングとタッグを組んで出場。決勝戦ではKENTA&青木篤志組に敗れたものの素晴らしい活躍を見せた。また、翌2011年1月に鈴木鼓太郎の保持するGHCジュニアヘビー級王座に挑戦、惜敗した。

2012年4月、ノアのグローバル・タッグ・リーグ戦2012にコルト"BOOM BOOM"カバナと組んで、ROH代表コンビとして出場[2]

2014年1月、デイビー・リチャーズと共にTNAと契約して入団。ザ・ウルブスThe Wolves)のタッグ名で活動を開始。
TNAと提携を結んでいるWRESTLE-1へデイビー・リチャーズと共に参戦を果たす。

得意技[編集]

ダイ・ハード
ワカラナイ・バスターフィギュア・フォー・ブレーンバスターとも呼ぶ。両足をクロスさせてのフィッシャーマン・バスター。現在のメインの決め技。
チン・チェッカー
バックパック・スタナーとも呼ぶ。コーナーに乗せた相手をおんぶするようにした状態から、相手の顎を自らの頭頂部に固定、さらに足と首を掴んで逃げられないようにしてから尻餅をついてダメージを与える。
アキレスロック
ライオンサルト
トラース・キック
フランケンシュタイナー

獲得タイトル[編集]

ROH
w / デイビー・リチャーズ
プロレスリング・ノア
w / ロデリック・ストロング

脚注[編集]

  1. ^ ノア参戦時、リングコールで「"ダイ・ハード" エディ・エドワーズ」とコールされることが多い。
  2. ^ エディー・エドワーズ選手&コルト・カバナ選手からのコメント|プロレスリング・ノア公式サイト2012年3月30日閲覧