齋藤彰俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
齋藤 彰俊
プロフィール
リングネーム 齋藤 彰俊
本名 齋藤 彰俊
ニックネーム 死神
地獄からの使者
ダークエージェントの総帥
闇の代理人
宴会王者
ミスタークリスマス大会
身長 177cm
体重 120kg
誕生日 8月8日
出身地 宮城県仙台市
愛知県名古屋市
所属 プロレスリング・ノア
スポーツ歴 空手
水泳
トレーナー 青柳政司
デビュー 1990年12月20日
テンプレートを表示

齋藤 彰俊(さいとう あきとし、1965年8月8日生)は、日本プロレスラー宮城県仙台市出身。愛知県に長い間居住しているため愛知県出身を自称することがある。

来歴[編集]

水泳が得意(平泳ぎ)で中学時代に全国大会で3位の実績を残し、スカウトされて中京高校に進学。松永光弘は同級生であった。この頃には誠心会館で空手の鍛錬も積んでいた。中京大学進学後も水泳を続け、インターハイや昭和60年の日本選手権で優勝しオリンピックの強化選手にもなった。当時から長州力のファンで、パワーホールで選手入場したこともあったという。

大学卒業後に準公務員になったが、朝礼で上司が食べたという、すき焼きの話を聞かされるに至って退職を決意し、天職だろうと考えていた格闘家に転向。1989年のFMWの旗揚げ戦で空手の試合を行い、剛竜馬に誘われ1990年12月20日、愛知県半田市民ホールにおけるパイオニア戦志の対金村ゆきひろ戦で正式なプロレスデビュー。1991年8月にW★INGの旗揚げに参加。徳田光輝木村浩一郎とともに「格闘3兄弟」として活躍するが、ほどなく第一次W★INGは崩壊。その後、W★INGから分裂して旗揚げを準備していたWMAの所属となるが、一度も興行を行うことなく、団体が崩壊した。

1992年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会に誠心会館の門下生と徒党を組んで乗り込み、新日プロに宣戦布告。セコンドを両者数十人が取り囲む異常な雰囲気の中1月30日小林邦昭にTKO勝ち、週刊プロレスの表紙を飾った。2月8日には小原道由に勝利した。小林との再戦では関節技にて敗れるも長州は小林との一戦を高く評価する。その後長州に認められ新日プロに参戦。その後、青柳、小林、越中詩郎木村健悟と反選手会同盟(後の平成維震軍)を結成するなど活躍。その後1998年に新日プロを退団。一時リングから離れ、名古屋市にショットバー「ココナッツ・リゾート」を開店、小牧市に格闘技道場ノーティを開設した。共に現在はプロレス専念のため閉店している。PRIDEに参戦した石澤常光のセコンドについたこともあった。

2000年10月にプロレスリング・ノアから声がかかり、青柳とともに参戦。以降、フリーの立場で継続参戦する。その後秋山準に共鳴しスターネス入り。秋山の正パートナーとして2002年9月23日に力皇猛&森嶋猛組を破り、第5代GHCタッグ王座を獲得した。2004年7月にスターネスを離脱。井上雅央杉浦貴らとともにダーク・エージェントを結成した。

ノアでは長らくフリーの立場だったが、スターネス時代にはノアのジャンパーを着てセコンドに付いたり、様々なイベントにも参加するなど、ほぼ所属選手と同じ行動をしていた。2006年1月1日付で正式にノア所属選手となった。

2007年6月20日のZERO1-MAXに来場、7月からの火祭りに参戦した。

2009年6月13日、広島県立総合体育館グリーンアリーナ(小アリーナ)で行われたGHCタッグ王座選手権試合で王者として試合中、挑戦者の三沢光晴に急角度バックドロップ(この時、斉藤のバックドロップのクラッチが外れ、ほぼ垂直に落ちる形となった)をした際に、三沢が意識不明・心肺停止状態に陥って死亡するリング禍が発生。結果として三沢光晴の最後の対戦相手となった。死亡を聞かされた直後は一睡も出来ず引退も考えたが、6月14日の試合後、三沢の遺影に向かって土下座し「どんな重い十字架でも背負う。リングに上がり続けることが社長への恩返し」として現役続行を決意した。また、事故後にファンからの中傷を受けたが、齋藤は「自分に言うことで気持ちが晴れるなら全部受ける。逃げることはしない」 と語った。

事故の発端となったバックドロップについて「今は封印しているが、社長の心の声が聞こえる時が来たら解禁する」としたと述べて、しばらくはバックドロップを封印していたが、9月12日の後楽園ホールでの森嶋猛とのシングルマッチにおいて三沢に許しを乞うように天を仰いでから3か月ぶりにバックドロップを使用、続け様のランニング・スイクル・デスで勝利した。試合後、齋藤は「みなさんすみません。バックドロップ、使ってしまいました」と涙声でファンに謝罪した。

2011年12月、24日のノア興行が所属最後と明かし、2012年よりフリー契約となった[1]が、ノアへの参戦は継続している。2012年1月22日には、秋山準とのタッグでジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン組からGHCタッグ王座を奪取し、新日本プロレスに流出した王座を取り戻すことに成功した。

2014年6月13日、三沢光晴メモリアルナイトにて丸藤正道と一騎打ちを行う。試合は丸藤に敗れる。試合後ノア再所属が決定した[2]

タイトル歴[編集]

GHCタッグ王座
  • 第5代(防衛5回) - パートナーは秋山準
  • 第17代(防衛3回) - パートナーはバイソン・スミス
  • 第23代 (防衛3回) - パートナーは秋山準
  • 第26代 (防衛 回) - パートナーは潮崎豪
グローバル・タッグ・リーグ戦
  • 2008年大会 優勝 - 4勝2敗2分=勝点10 パートナーはバイソン・スミス
  • 2011年大会 優勝 - 5勝2敗=勝点10 パートナーは秋山準

主な得意技[編集]

死神の愛称を持つため、技の名前に死神の英訳である「デス」が多用されている。

スイクル・デス
「死神の鎌」の意。延髄斬り。主にフィニッシュ技として使用するが、時として試合序盤にいきなり出す場合もある(いきなりスイクルデス)。ランニング式や座っている相手に対して放つパターンもある。
デス・ブランド
「死の烙印」、「死神の刻印」の意。ブレーンバスターの体勢からの変形リバースパイルドライバーで、SSD(スタイナー・スクリュー・ドライバー)の類似技。大一番で使用される技で、普段は稀にしか出さない。
デス・パニッシュ
「死神の処罰」の意。相手を裏DDTの体勢に捕らえ胸元にショートレンジ式ラリアットを打ち込む技。カズ・ハヤシファイナル・カットの類似技。
デス・クローク
「死神のゆりかご」の意。別名「裏落とし」。裏投げの要領で相手を抱え上げ、後ろに反り投げるのではなくそのまま前に背中から叩きつける。
デス・与座
お笑いコンビ・ホーム・チーム与座嘉秋から伝授されたという琉球空手仕込みの右ストレート。対小橋建太戦に向けて開発された技。
デス・コレクター
「死の収集者」の意。相手をブレーンバスターの要領で持ち上げてスタナーで叩きつける技。スーパー・スター・スティーブとのシングルマッチでのフィニッシュなど数度しか公開したことがない。
デス・ランディング
「死神の降臨」の意。相手の片腕を相手の股下に通してロックして投げるバックドロップ。数度しか公開したことがない。
デス・トルネード
「死の竜巻」の意。相手の胴と腕を一緒にロックして投げるバックドロップ。
長滞空式ブレーンバスター
相手を持ち上げた後、長時間の溜めをおいて投げるブレーンバスター。齋藤の場合は相手のバランスが崩れそうになるとトップロープに落とし、その反動で再び持ち上げるという点が特徴である。
リストリクション
腕極め式のバックドロップ

他にもバックドロップジャーマン・スープレックス等の投げ技の使い手であり、相手によっては受身が取れないほどの角度で落とす。またラリアット膝蹴りミドルキックフライング・ニールキック等のキック系など打撃技にも秀でている。

入場テーマ曲[編集]

  • Deathtiny 〜死神の宿命〜

特別大会でのキャラクター[編集]

ノアで毎年恒例となっているクリスマス興行などの特別大会では、大変な弾けっぷりで試合をしたり、余興を行ったりすることで有名。クリスマスGHC(Great Happy Christmas)王者を自称している。その年の流行語や話題の人物を模写したキャラクターが多い。

2002年ハロウィン興行
2002年10月31日のハロウィン興行では、ジャック・オー・ランタン風マスクを被り、「パンプキンDEATH」なる覆面レスラーに扮した。Winkの『淋しい熱帯魚』のテーマに乗り、同楽曲のダンスを完璧な振り付けで踊りながら入場し、リングコール時には、三瓶のギャグ「三瓶です」風に「パンプキンです」とコールされながら同じギャグの動きをするなどした。
2004年クリスマス興行
2004年12月24日のクリスマス興行では、ゴリエのコスプレで「齋藤ゴリエ」として出場。
2005年クリスマス興行
2005年12月24日のクリスマス興行では、入場時にはヒロシに扮し、ヒロシのネタの真似で「アキトシです」とやり、続いて「恋のマイアヒ・パラパラバージョン」を踊り、さらに猫ひろしのものまねを披露した。
2006年選手会興行
2006年6月9日の第5回選手会興行では、タッグパートナー川畑輝鎮とキャラクターを入れ替えて登場。川畑を模して、太い眉毛で登場した。齋藤は「川畑彰俊」とコールを受けた。
2006年クリスマス興行
2006年12月24日のクリスマス興行では、死神キャラ繋がりで『DEATH NOTE』のリュークのコスプレで登場、更に名前が似ているという理由でデューク更家風にウォーキングまで披露。「デスリューク更家」として「DEBU NOTE」を客席に投げ入れた。
2007年クリスマス興行
2007年12月24日のクリスマス興行では、IKKOのような衣装を着て登場したが、入場後に服を脱ぎ、股間の部分にサンタクロースの人形をつけ尻の部分にはモミの木を模したアップリケをつけた短い黒のショートタイツ一丁となり、小島よしおの真似で踊り、試合をした。齋藤は長いプロレス生活でこの日初めて、ロングタイツではなくショートタイツで試合をしている。難波信二リングアナウンサーは「ただの変態親父」とコールしたが、齋藤が抗議。「デスパッピー」として出場した。
2008年クリスマス興行
2008年12月23・24日のクリスマス興行では、赤いショートタイツ・膝当て・シューズを着用し登場。随所で田上明の動きや技を披露した。なお、髪型・口調は真似していなかった。名前も齋藤彰俊のままであった。2日間行われた32選手参加のトーナメントを勝ち進み、決勝で井上雅央を時間切れ末の判定で破り優勝した。
2009年クリスマス興行
2009年12月24日のクリスマス興行では、『20世紀少年』のキャラクター「ともだち」に扮して登場。「よげんのしょ」も用意していた。すると突然アフラックのCMのまねき猫ダックの歌とダンスを踊りだす。さらには漫才師のオードリー春日俊彰へと変身。ピンクのベスト風のコスチュームで髪型は七三分けであった。彼のギャグ「トゥース!」も披露し、「春日彰俊」を名乗った。森嶋猛扮するマスクド・Mと対戦するも、春日がふざけながら試合をしている間に、わずか1分45秒で敗北した。実況の矢島学は、「よげんのしょ」の内容を随時紹介しながら実況を進めるつもりであったが、試合中に一切内容に触れることは出来なかった。試合後に内容が紹介されたが、齋藤のノアでの出来事が予言されていた。しかし、当日の敗北については予言されていない点を矢島は指摘した。
なお当日の試合では、この試合の後に志賀賢太郎が齋藤と同じく『二十世紀少年』の「ともだち」に扮して「トモダチパンチ」と名乗り試合を行った。リング上でトモダチパンチは「齋藤選手とネタが重複してしまい、大変申し訳ございません」とリング上でマイクアピールし、齋藤と観客に謝罪した。実況の平川健太郎は、ネタの示し合わせが不十分であった点を指摘。
2011年クリスマス興業
2011年12月24日のクリスマス興行では、大ヒットした日本テレビ系ドラマ『家政婦のミタ』のキャラ・ミタさんに扮して登場。リングアナに『家政婦のミタですか?』と聞かれ、『いえ、クリスマスのネタです。』と答える。キャラ同様、終始無表情キャラを通し、パートナーの呼びかけに「承知しました。」と相手へ技をかけるが、なぜかパートナーである井上雅央には「承知できません。」と否定し、対戦相手である小橋建太から「やれ!」の一言で、「承知しました。」と雅央に攻撃する場面もあり、場内を沸かせた。
2012年クリスマス興行
2012年12月24日のクリスマス興行ではこの年人気になったスギちゃんの衣装をアレンジしたもので登場クリスマスプレゼントで飴を配った後「飴をわしづかみにして投げてやったぜぇ~。今日こんなカードになったから(丸藤&杉浦vsパートナーは退団する金丸)もしかしてと思ってちゃんとコスチュームも持ってきたぜぇ~。でも今日はスギちゃんでやるぜぇ~」とワイルド彰ちゃんのキャラクターで登場した。
2013年クリスマス興行
2013年のクリスマス興行ではメインでKENTAと一騎打ちを行う。この年大ヒットしたドラマ『半沢直樹』の主人公半沢直樹に扮してスーツを着て登場。リングネームはにゃん沢彰俊。またAKB48のヒット曲恋するフォーチュンクッキーも踊る。

このように、通常の興行シリーズでは殺気を前面に出したファイトを心掛け、クリスマスのような特別興行ではひたすらエンタテインメントに徹して団体を盛り上げようとする姿勢を見せている。

プロデュース興行・広島格闘の祭典[編集]

  • 2012年6月15日
広島グリーンアリーナ 観客数:509人
第1試合 第2試合
飯田美花
vs
下野佐和子 初代タイガーマスク
藤波辰爾
長州力

vs
ザ・グレート・カブキ
青柳政司
X
第3試合 第4試合

GAMI

vs
豊田真奈美
井上貴子

浜亮太

vs
河野真幸
第5試合 第6試合
鈴木みのる
TAKAみちのく
vs
佐野巧真
田中稔
華名
桜花由美

vs
栗原あゆみ
AKINO
第7試合 第8試合
潮崎豪
鈴木鼓太郎

vs
丸藤正道
モハメドヨネ
斎藤彰俊
長井満也

vs
大森隆男
相島勇人

エピソード[編集]

  • リングを降りると大変礼儀正しい好人物として知られる。
  • プロレス活動の一方で、主に自身の活動拠点である中京地区のテレビ局を中心にタレント活動も行っていて、テレビドラマに出演もしている。
  • 水泳経験者のためか肺活量は非常に高く、その数値は実に8000ccにも及ぶ。
  • 死神を自称しているため、入場時に死神が描かれたカードやタロット大アルカナ13番カードを一枚、観客に手渡してから入場する。齋藤曰く、このタロットは魔除けの効果があり、貰えた観客はラッキーとのこと。
  • 死神をモチーフにしたキャラクター、プレイスタイルを用いるようになった理由について、以前体調が優れなかった時に病院で診察を受けた際、ある重大な病気ではないかと診断されたことがあり(検査の結果そうではなかった)、それから人の生と死というものについて改めて考えるようになったのがきっかけ、と答えている。死神とは「使命を終えた人の魂を刈り取り、神の元に送り届ける収穫者」であり決して邪悪な存在ではなく、自分のキャラクターについても「威嚇や威圧のために死という言葉やイメージを強調しているとか、そういうつもりのものではない」と主張している。
  • バイオリンの演奏が得意である。子供のころに習っていたためだが、当時本人は「男の子がバイオリンを習っている」ことを人に知られるのが嫌だったらしい。
  • 趣味はお酒とグルメ。
  • フリーランスとなった直後の2012年2月頃から減量を開始し、5月までの3ヶ月間で130kgあった体重を105kgまで落とした[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]