鶴田義行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鶴田義行 Swimming pictogram.svg
Yoshiyuki Tsuruta 1928.jpg
選手情報
フルネーム 鶴田義行
国籍 日本の旗 日本
泳法 平泳ぎ
所属 日本国有鉄道鹿児島機関区
大日本帝国海軍佐世保海兵団
南満州鉄道
生年月日 1903年10月1日
生誕地 鹿児島県鹿児島郡伊敷村大字上伊敷字飯山
没年月日 1986年7月24日(満82歳没)
テンプレートを表示

鶴田 義行(つるた よしゆき、明治36年(1903年10月1日 - 昭和61年(1986年7月24日)は、鹿児島県鹿児島郡伊敷村上伊敷字飯山(現在の鹿児島市伊敷八丁目の一部)出身の水泳選手。日本人初のオリンピック連覇者。男子200メートル平泳ぎの元世界記録保持者。

来歴[編集]

1903年 鹿児島県鹿児島郡伊敷村に、鶴田八太郎の二男として誕生
1920年 国鉄鹿児島機関区に就職。
1924年 海軍佐世保海兵団に入隊。本格的に泳ぎを始める。
1925年 第2回明治神宮競技大会芝公園プール)に出場。200メートル平泳ぎで優勝(3分12秒8)。第2回日本選手権水泳競技大会に出場。200メートル平泳ぎで優勝。
1928年 アムステルダムオリンピックに出場(報知新聞社所属)。200メートル平泳ぎで予選(2分50秒0)、準決勝(2分49秒2)と調子を上げ、8月8日に行われた決勝は2分48秒8で当時世界記録保持者だったエーリッヒ・ラーデマッヒェルde)(ドイツ)を抑え優勝。6日前の8月2日陸上男子三段跳で金メダルを獲得した織田幹雄に続く日本人2人目、競泳種目では日本人初の金メダリストとなった。なお、織田幹夫の受賞した金メダルは銅製であったのに対し、鶴田の金メダルは規定に沿った銀製のメダルだった。
1929年 明治大学専門部法科に入学。
1929年 200メートル平泳ぎで2分45秒0の世界記録を樹立(京都)。
1932年 明治大学専門部を卒業。南満州鉄道に就職。ロサンゼルスオリンピックに出場(南満州鉄道所属)。200メートル平泳ぎでは小池禮三沼津商)が有力で、予選は同タイム(2分46秒2)。準決勝は小池(2分44秒9)に敗れるが、決勝では2分45秒4を出し優勝。小池は2分46秒4で銀メダル。鶴田は日本人初のオリンピック連覇者となった。オリンピック競泳平泳ぎでの連覇は、男女を通じて鶴田と北島康介の二人だけである。
1934年 名古屋市役所の体育主事となる。
1943年 海軍に応召。
1948年 愛媛新聞社に入社。その後事業部長・営業次長、東京支社長、監査役を歴任。同時期に愛媛県水泳連盟副会長・理事長、その後愛媛県体育協会理事、松山水泳協会会長、日本水泳連盟顧問、日本体育協会会賓などを兼務
1949年 愛媛新聞社主催による第1回愛媛水泳学校を始める(~1988年)。泳げない子供を無くす活動を通じて、水泳の底辺拡大に努めた。
1959年 愛媛県教育文化賞受賞。
1962年 紫綬褒章受章。
1968年 国際水泳殿堂(International Swimming Hall of Fame)入り。
1974年 勲四等旭日小綬章受章。
1977年 愛媛県功労賞受賞。
1980年 オリンピックオーダー(功労者)賞受賞。
1986年 7月24日、脳梗塞により逝去。享年82。

世界記録[編集]

IOC(国際オリンピック委員会)が公認する記録

  • 競泳男子200メートル平泳ぎ 2分45秒0 1929年7月27日 京都 (アメリカのスペンスが1931年4月2日に2分44秒6を出すまで614日間保持)

エピソード[編集]

鶴田義行像(鹿児島市)
  • アムステルダムオリンピックでは早朝選手村を抜け出し、管理人を懐柔して本番前のプールで試泳を行っていた。
  • ロサンゼルスオリンピック参加のための長期休暇は満鉄に認められなかった。欠勤扱いとなり、昇給・ボーナスもカットされてしまった。
  • ロサンゼルスオリンピックへの出場は、どちらかといえば小池禮三のサポートという目的でなされたものだったが、結果的に連覇という栄誉につながった。
  • 鹿児島市伊敷八丁目国道3号沿いにある鶴田義行生家前に、銅像と記念碑が建てられている。

参考書籍[編集]

  • 『近代オリンピック100年の歩み』 ベースボール・マガジン社、1994年。
  • 『愛媛県史 人物』 愛媛県史編纂委員会、1988年。
  • 『愛媛県人名大事典』愛媛新聞社情報センター、1987年。
  • 『明治神宮競技大会報告書 第1回』内務省衛生局、1925年。
  • 『明治神宮競技大会報告書 第2回』内務省衛生局、1926年。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]