河津憲太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
日本の旗 日本
男子 競泳
1932 男子 100M背泳ぎ

河津 憲太郎(かわつ けんたろう、1914年(大正3年)9月26日 - 1970年(昭和45年)3月24日)は、日本水泳選手。1932年ロサンゼルスオリンピック100メートル背泳ぎで銅メダルを獲得。明治大学出身。

経歴[編集]

広島県広島市出身。父・河津彦四郎は師範学校の教師で、1909年広島県師範学校(現広島大学)に赴任し、陸上競技バレーボールなどを当地で広め「広島スポーツの父」とされる人物。1918年神奈川県師範学校(現横浜国立大学)に転勤しているので、一子・憲太郎はこのまま広島で育ったものと思われる。修道中等学校では、河石達吾大横田勉の後輩に当たり、1930年、修道中学在学中に50メートル背泳ぎで33秒2の日本新記録を出した。

1932年明治大学在学中、ロサンゼルスオリンピックに先輩らとともに選ばれ、100メートル背泳ぎで銅メダルを獲得。金メダルの清川正二、銀メダルの入江稔夫と共に日本選手で表彰台を独占した。日本初の快挙であった。

1934年の第10回極東選手権競技大会マニラ)などでも活躍した。

1970年3月24日、焼身自殺[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  • 河津憲太郎 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(英語)