日本体育協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本体育協会
Japan Sports Association
日本体育協会が入居する岸記念体育会館
日本体育協会が入居する岸記念体育会館
創立者 嘉納治五郎
団体種類 公益財団法人
設立 1927年8月8日
所在地 東京都渋谷区神南1-1-1
岸記念体育会館2階
起源 大日本體育協會
主要人物 元会長 岸清一、元副会長堤義明、元副会長山口久太
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 国内競技連盟(NF)
活動手段 国民体育大会日本スポーツマスターズ開催
収入 事業活動収入 3,532,084,945円
投資活動収入 149,680,169円
(2009年度)[1]
基本財産 正味財産 3,644,891,177円
(2010年3月31日現在)[1]
子団体 #加盟団体を参照
標語 みんなでスポーツを!
ウェブサイト 日本体育協会
1911年7月創立
テンプレートを表示

公益財団法人日本体育協会(にほんたいいくきょうかい、英:Japan Sports Association)は、日本スポーツ競技連盟、協会および各都道府県の体育協会を統括する団体。略称 JASA体協日体協

名称[編集]

英語表記はJapan Sports Association、この略称は JASA(Japan Sports Association)である。元々の英語表記はJapan Amature Sports Associationでこの頭文字を取ってJASAであったが、2005年に英名からAmatureを除外した。[2]日本語による略称は「体協」が使われる事の方が多い。

プロフィール[編集]

主な主催行事[編集]

組織[編集]

上位団体としては「アジア太平洋オセニアスポーツ協議会」がある。さらに日本体育協会への加盟団体の多くは同時に日本オリンピック委員会 (JOC) にも加盟している[3]。体協に加盟しないと国体やアジア競技大会には参加できないが、オリンピックに関してはその競技団体がJOCに加盟していてその競技がオリンピックの種目として採用されている限りは出場できる。同様に国際オリンピック委員会(IOC)とは別に国際競技連盟(IF)が主催している国際競技大会への出場に関しても、参加対象になる当該競技団体がそのIFに加盟していれば体協への加盟は必要条件にはならない[4]

複雑な実例
日本学生野球協会所属(大学野球高校野球)の選手の場合、日本学生野球協会は体協には未加盟だが、その上位組織的な位置付けにある全日本アマチュア野球連盟がJOCに加盟しているのでオリンピックには参加できた。またオリンピック以外の国際野球大会にも出場できる。なお、全日本アマチュア野球連盟を日本学生野球協会と同時に構成している日本野球連盟は体協に加盟している。

各競技団体が加盟し、都道府県単位の下部組織を持つスポーツの全国組織としては、体協の他に新日本スポーツ連盟があるが、両者の接点はなく、お互いの公式サイトでもリンクは設定されていない。ただし、新日本スポーツ連盟の加盟団体に所属する各クラブや選手は体協加盟団体への参加も可能で、両者の公式戦に参加する事が可能である。また、加盟団体を通じた参加者数では体協が新日本スポーツ連盟を圧倒し(特にオリンピック参加が可能な程度のハイクラスの選手層ではほぼ全員が体協系の団体のみに参加)、JOCなどとも深く関連しているため、通常のマスメディア報道などでは注釈抜きで体協が日本を代表するスポーツ団体と見なされている。

出来事[編集]

  • 1980年代までプロ選手の存在を認めていなかった。現実方向として選手のプロ化が進んでいた日本サッカー協会や日本テニス協会にとっては国体やアジア大会の参加資格との板ばさみに悩まされる事になった。
  • 2006年6月13日 - 不正アクセスにより日本体育協会の公式ウェブサイトが改竄されていることが判明。同日よりウェブサイトの公開を一時停止する事態となる。改竄されたページには英語で「私たちはワールドカップで負けた」などと書かれていた。同協会は不正アクセスを受けた疑いが強いと見て警視庁に通報した[5]。なお、改竄を受けたのはトップ画面のニュース一覧と履歴一覧ページである。
  • 2007年3月14日 - 理事会で、日本アメリカンフットボール協会の準加盟申請を承認。

歴代会長[編集]

カッコ内は主な肩書き。太字の人物は現存者

特に第二次世界大戦後は保守系の大臣経験者や首長が多く、中でも自由民主党の政治家が占める場合が多い。主に体育指導者としての経歴を積んだのは日本陸上競技連盟(陸連)会長だった青木半治のみで、オリンピックに選手として出場経験を持つ者もいない。ただし、東龍太郎は日本スポーツ医学の草分けと評され、河野謙三(陸上競技)や森喜朗(ラグビー)など学生時代に選手として活動するなど、スポーツに関わりが深い人物も多く、会長の実権やそれに値する知識のない人物が就任して「名誉職」と揶揄されるような例は少ない。

加盟団体[編集]

中央競技団体[編集]


都道府県体育協会[編集]

公益財団法人北海道体育協会など、47都道府県に各体育協会が組織されている。

関係スポーツ団体[編集]


準加盟[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b 平成21年度事業・決算報告書 日本体育協会 2010年6月28日閲覧
  2. ^ 平成16年度第7回理事会議事録(2007年9月5日閲覧)
  3. ^ 一見して判り難い構造になっているが、日本体育協会とJOCは双方同士が上下関係にあるわけでも包括関係にあるわけでもなく、加盟するそれぞれの団体が必要に応じて参加している。
  4. ^ 単体競技としてではなく総合競技大会として、日本の窓口が体協である場合のみ体協への加盟が義務付けられる。
  5. ^ 2006年6月16日毎日新聞朝刊の報道

外部リンク[編集]