古川勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
男子 競泳
1956 200m平泳ぎ

古川 勝ふるかわ まさる, 1936年1月6日 - 1993年11月21日)は、和歌山県橋本町(現・橋本市)出身の水泳選手。

人物[編集]

ベルリンオリンピック優勝の前畑秀子とは同じ町内の出身。

幼い頃から紀ノ川で水に親しみ、和歌山県立橋本高等学校在学の頃から頭角を現す。前畑の薦めにより、平泳ぎに専念するようになった。ヘルシンキオリンピックには派遣されなかったが、同じ年に行なわれた全日本選手権で、ヘルシンキオリンピック第2位を上回る記録を出す。

その後、日本大学に進学し、水泳部に所属。同部OBだった葉室鐵夫(ベルリンオリンピック男子200m平泳ぎ金メダリスト)から、世界に勝つために潜水泳法を身につけるようアドバイスを受け、古川は潜水のトレーニングを重ねる。

肺活量が6000cc以上あった古川の潜水は実に45mにも及ぶものであった(他の選手は20m程度)。これにより古川は世界の第一人者となる。2年生の1955年には200mで世界記録を樹立した。

1956年に開催された第16回大会メルボルンオリンピックの200メートル平泳ぎに出場。得意の潜水の威力を発揮し、金メダルを獲得する。しかしこの直後、国際水泳連盟はルールを改正し、スタート直後とゴール前のひと掻きを除いて平泳ぎでの潜水を禁止したため、古川は潜水泳法で優勝した最後のスイマーになった。

大学卒業後は京都大丸に就職し、1984年当時は神戸大丸の外商企画課長を務めていたと当時の雑誌記事にある[1]

1981年国際水泳殿堂入りを果たした。

1993年に、紫綬褒章を拝受。同年11月21日、肺ガンのため57歳で死去した。

長男は関西学院大学総合政策学部教授の古川靖洋。

脚注[編集]

  1. ^ Sports Graphic Number』No.103(1984年7月20日号)、文藝春秋、p20 - 21