篠原信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
篠原 信一
基本情報
ラテン文字 Shinichi Shinohara
原語表記 しのはら しんいち
日本の旗 日本
出生地 青森県東津軽郡平内町
生年月日 1973年1月23日(42歳)
身長 190㎝
体重 110kg (2008.11)
選手情報
階級 男子100㎏超級、無差別級
段位 5段
引退 2003年
 
獲得メダル
男子 柔道
オリンピック
2000 シドニー 100kg超級
世界柔道選手権
1995 千葉 無差別級
1997 パリ 95kg超級
1999 バーミンガム 100kg超級
1999 バーミンガム 無差別級
2001 ミュンヘン 100kg超級
アジア大会
1998 バンコク 100kg超級
アジア柔道選手権
1995 ニューデリー 95kg超級
1995 ニューデリー 無差別級
2015年2月23日現在
テンプレートを表示

篠原 信一(しのはら しんいち、1973年1月23日 - )は、日本柔道家(五段)。

青森県東津軽郡平内町生まれ、兵庫県神戸市長田区出身。身長190cm、現役時代の体重135kg(2008年11月現在の体重は110kg)。血液型O型。「篠」は、正式には「イ|」のない漢字(竹冠がついた「条」(筿)に近い)である。

芸能事務所「エース・アラウンド」所属(業務提携)。

人物[編集]

中学校1年生の時に柔道を始め、育英高等学校を経て天理大学体育学部へ進学。柔道を始めたのが中学1年生からと世界クラスの柔道家としては非常に遅い。

得意技は大外刈り。大学生の時に才能が開花し、外国人に負けない体格と技術、パワーによって多くの大会を制覇した。

天理大学卒業後は旭化成に入社し、シドニーオリンピック100キロ超級にて銀メダルを獲得する(後述する誤審問題を参考)。2001年から天理大学体育学部専任講師 兼 同大学柔道部監督、2003年に現役を引退した。2007年に同准教授に昇格。2008年11月から2012年11月まで柔道日本男子代表監督を歴任。2013年3月末で天理大学を退職。

野村忠宏は天理大学の後輩であり、普段から冗談を飛ばし合うほど仲が良い。

私生活では天理大学の1学年上の女性と結婚。4人の子(3男1女)の父親でもある。

3人の息子は柔道をやっているが、篠原が息子達に対して指導することはなく、「顧問の先生や、道場の先生から教わりなさい」と篠原は言っている(2015年2月2日放送の『しゃべくり007』より)。

娘に注意したいことがある時は、娘に嫌われたくない思いがあるためか、妻を介して間接的に注意させているという(2015年2月2日放送の『しゃべくり007』より)。

自宅の換気扇の下でタバコを吸いながらコーヒーを飲んでいる時が、リラックスできる時間だと語っている(2015年2月2日放送の『しゃべくり007』より)。

誤審問題[編集]

シドニー五輪100kg超級決勝で、フランスダビド・ドゥイエと対戦した際に、ドゥイエが内股を仕掛けてきたのに対して篠原は内股すかしで返した。これに対して、主審はドゥイエの有効と判定。副審の一人は篠原の一本と判定したものの、もう一人の副審が主審の判定を支持したため、ドゥイエに有効が与えられた。選手団監督の山下泰裕は、審判委員から審判団の再協議を申し出られたにもかかわらず、フランス語の分からない山下はそれに気づかず試合の継続を許してしまった。その後、ドゥイエが注意を受けたことにより、篠原に有効が与えられ両者のポイントが並んだが、さらにその後、ドゥイエが再び技で有効を奪い、そのまま試合が終了。有効一つの差でドゥイエの優勢勝ちとなった。試合後、山下泰裕選手団監督及び日本選手一同が猛抗議したが、試合場から審判が離れた後は判定は覆らないという国際柔道連盟試合審判規定第19条によりドゥイエの優勝が確定した。日本でのNHKテレビアナウンサー有働由美子も「今のは間違いなく篠原の一本。誤審です」と涙ながらに実況していた。

この結果に対して、日本では、柔道関係者、マスコミともに誤審と断定して審判を批判した。全日本柔道連盟にも抗議が殺到し、中には主審を務めたクレイグ・モナガンやニュージーランド柔道連盟(主審の出身国)に脅迫まがいの電子メールを送りつける者までいた。それでも篠原は「審判もドゥイエも悪くない。全て自分が弱いから負けたんです」とそれ以上言明せず、潔く引き下がった。

五輪終了後、国際柔道連盟理事会は、この試合の映像を分析した。その結果、問題の場面では篠原もドゥイエも技が完全ではなく、両者にポイントを与えるべきではなかったと結論付け、ドゥイエに有効を与えたことが誤審であったことは認めたものの、「篠原の一本」という見方は示さなかった。しかし、その後も「篠原の一本だったのではないか」という意見が多く残っている。

なお篠原本人は、この試合の敗因は問題となった判定そのものではなく、その後に気持ちを切り替えて、残りの時間で逆転することができなかった自身の弱さであると主張している。

この事件以後、国際柔道連盟では、誤審防止や判定の難しいケースに備えてビデオ判定を導入し、ルールの徹底と試合判定の明確化に力を入れるようになった。又、現在のジュリー制度のきっかけとなった試合でもある[1]

なお、この二人の誤審問題はこれが初めてではない。この事件の3年前、ドゥイエの地元フランスで開催された世界柔道選手権大会の決勝でも二人は対戦しているが、明らかに不可解な判定でドゥイエが勝利している。この件に関しても日本側は抗議したが大きく問題視されることはなかった[2]

引退後[編集]

天理大学准教授 兼 同大学柔道部監督として後進の指導の他、柔道国際大会での解説や関連番組へのゲスト出演を行った。解説者として活動し始めたばかりの頃は、優勝候補を尋ねられ「私に勝てれば優勝」など冗談とも本気ともつかない発言をしアナウンサーを困惑させた。非常に雄弁な一面を持っており、バラエティ番組では芸人顔負けのジョークを飛ばすこともある。引退後はK-1総合格闘技界からの熱烈なオファーを受けていたものの、篠原自身は全く興味を示さなかった。

2008年11月4日には、北京オリンピックで金メダル2個を獲得して五輪後に勇退した斉藤仁の後任として、柔道男子日本代表監督に就任した。篠原は現役引退後は代表監督就任まで日本代表コーチの経験がなく、異例の代表コーチ未経験での代表監督就任となった。天理時代からの愛弟子である穴井隆将西山大希森下純平上川大樹などの新鋭を発掘し、マンツーマン指導により強豪選手へと育て上げた。2010年世界選手権ではその新鋭たちの活躍により日本男子の獲得メダル数は過去最大となった。だが、2012年ロンドンオリンピックでは日本男子史上初の金メダル0個という結果に終わった。篠原は「これは私の責任。特に選手に対して申し訳なく思う」とコメントし、進退について全日本柔道連盟に一任した。強化委員長の吉村和郎は続投に強い支持を表明し[3]、自身も続投に前向きの姿勢を示していたが[4]、10月に入ると続投を固辞する姿勢を見せるようになり、結果として辞任することになった[5]

2013年3月末に天理大学を退職[6]。大学を辞めた理由は柔道界の不祥事とは関係がなく、元々柔道指導者は柄に合っていないと考えていたことや40歳になったことをきっかけに妻を代表取締役とする産業廃棄物処理会社で一般廃棄物医療廃棄物産業廃棄物及びリサイクル物処理業務関連の仕事に取り組むことになった(役職は専務[7]

2014年から芸能事務所と業務提携を結び、「ビストロボンカレー」のオープン記念行事へ出席するなどバラエティー番組にも頻りに出演するようにもなる。「(テレビに)出させて貰うことでテレビの裏側が分かり、いろいろと勉強になる。すごく新鮮です」と述べている。

主な戦歴[編集]

受賞[編集]

出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

  • バイキング (フジテレビ、2014年11月14日 - )金曜日コーナーレギュラー
  • ネプリーグ (フジテレビ、2014年秋 - )準レギュラー

劇場アニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『毎日新聞』2012年7月30日
  2. ^ 以上、『Number』2000年8月号より
  3. ^ 吉村強化委員長「おれの責任」進退伺提出へ サンケイスポーツ 2012年8月5日
  4. ^ 柔道の篠原監督続投の意向 女子の園田監督も続投へ スポーツニッポン 2012年9月9日
  5. ^ 康生新監督!金なし男柔道立て直す 日刊スポーツ 2012年11月1日
  6. ^ 篠原前男子代表監督氏 天理大退職へ スポーツニッポン 2013年3月30日
  7. ^ 「篠原前監督 40歳で産廃業界へ転身」FLASH 光文社、2013年4月30日号、18-19頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]