河野孝典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
河野孝典
名前
カタカナ コウノ タカノリ
ラテン文字 Kono Takanori
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 ノルディック複合
生年月日 1969年3月7日(45歳)
生誕地 長野県下高井郡野沢温泉村
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1989-1990シーズン
引退年 1995
最高成績 1位
通算成績 1勝(準優勝8回、3位3回)
 
獲得メダル
ノルディック複合
1992 団体
1994 個人
1994 団体
ノルディックスキー世界選手権
1993 ファールン 団体
1995 サンダーベイ 団体
ノルディック複合・ワールドカップ
1992-1993シーズン 個人総合
1993-1994シーズン 個人総合

河野 孝典(こうの たかのり、1969年3月7日 - )は、1990年代に活躍したスキーノルディック複合の選手。

プロフィール[編集]

  • 1969年3月7日長野県下高井郡野沢温泉村に生まれる。5歳からスキーを始め、野沢温泉小学校4年生でジャンプ、野沢温泉中学校1年生で複合競技を始める。長野県飯山南高等学校から早稲田大学へと進学。在学中に当時複合のトップ選手として活躍していたノルウェーのエルデン兄弟の家にホームステイをし、最先端のトレーニング法を学ぶ。帰国後、このトレーニング法を後輩の荻原健司に教え、ともに練習を積み重ねたことが後のワールドカップでの躍進に大きくつながることになる。大学卒業後の1991年から野沢温泉スキークラブに所属。
  • オリンピックにはアルベールビルリレハンメル大会に出場し、ノルディック複合団体では2大会連続金メダルを獲得した。リレハンメル大会の個人では、前半ジャンプの4位からスタートした後半クロスカントリーで、地元ノルウェービャルテ・エンゲン・ビークとの激しい2位争いを0.8秒差で制して、日本人では初の個人銀メダルを獲得した。現在は、日本オリンピアンズ協会の理事を務めている。

成績[編集]

オリンピック[編集]

世界選手権[編集]

ワールドカップ[編集]

  • 優勝1回、1993年3月12日オスロ大会(準優勝8回、3位3回)
  • 1992-1993シーズン/個人総合3位
  • 1993-1994シーズン/個人総合2位
  • 1994-1995シーズン/個人総合5位

引退後の活動[編集]

1995年に現役を引退し、ドイツに留学してドイツトレーナーアカデミーでコーチの資格を取得。1998年の長野オリンピックで聖火ランナー・選手村副村長を務める。1999年の春に全日本複合ジュニアコーチ就任。

現在JOC専任コーチ、全日本スキー連盟コンバインドチームコーチで、解説者としても活躍中である。

受賞[編集]

  • 1991年度JOCスポーツ賞最優秀賞
  • 1993年度JOCスポーツ賞特別貢献賞
  • 1994年度JOCスポーツ賞最優秀賞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]