木村政彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きむら まさひこ
木村 政彦
木村政彦(1935年撮影、18歳)
生誕 1917年9月10日
熊本県飽託郡川尻町
死没 1993年4月18日(満75歳没)
東京都
墓地 熊本市南区野田大慈禅寺
国籍 日本の旗 日本
出身校 拓殖大学
職業 柔道家
著名な実績 全日本選士権3連覇
紀元二千六百年奉祝天覧武道大会優勝
全日本選手権13年連続保持(昭和12年起算)

木村 政彦(きむら まさひこ、1917年大正6年)9月10日 - 1993年平成5年)4月18日)は、日本柔道家段位講道館柔道七段。

全日本選手権13年連続保持[1]天覧試合優勝も含め、15年間不敗のまま引退[2]。「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし[3]と讃えられ、現在においても史上最強の柔道家と称されることが多い。

その荒々しい柔道スタイルから「鬼の木村」の異名を持つ。

概要[編集]

身長170cm体重85kgと小兵ながらトレーニングにより鍛え抜かれた強靭な肉体、爆発的な瞬発力、得意技である切れ味鋭い大外刈りのスピードとパワー。またこれらを支える一日10時間を越える練習量と柔道に命を賭す強靭な精神力を武器に15年間不敗を成し遂げた。[4]

だが、戦後、食えない時代にプロ柔道に参戦したこと、さらにプロレスラーに転向して力道山と不可解な謎の試合を行い、これに敗れたため、講道館をはじめ戦後の柔道界は木村の存在そのものを柔道史から抹殺し、柔道マニア以外にその名を知る者はいなくなっていった。

しかし、2011年9月に出版された評伝「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(新潮社)がベストセラーとなり、大宅壮一ノンフィクション賞新潮ドキュメント賞を受賞、木村の名前は一気に一般世間に知られるようになった。さらにこの作品は原田久仁信の作画により週刊大衆で「KIMURA (漫画)」の題名で漫画連載、双葉社から単行本化され、さらに幅広い層の読者たちが、木村政彦の存在を知るようになってきている。[5]

幼少時からの来歴[編集]

柔道時代[編集]

10歳から竹内三統流柔術を修行[編集]

熊本県飽託郡川尻町(現・熊本市南区川尻)出身。幼少の頃より、父親の仕事場である加勢川の激流の中で、ザルを使っての砂利取り作業を手伝い、強靱な足腰を育てたとされる。

10歳で古流柔術竹内三統流柔術道場に通い始め、出稽古も含め1日に5時間を超える練習量で実力をつける。段位は四段まで大日本武徳会から受けた。旧制鎮西中学(現・鎮西高等学校)4年(現在の高校1年の年齢)には講道館四段を取得。全国大会では大将として鎮西を率い、各種大会で圧倒的な強さで優勝に導き、「熊本の怪童」「九州の怪物」と全国にその名を轟かすようになる。

牛島辰熊に見いだされ拓大へ[編集]

木村の師匠の牛島辰熊

1935年、同じ旧制鎮西中学OBであり、拓殖大学の師範を務めていた「鬼の牛島」の異名を持つ牛島辰熊の東京の自宅「牛島塾」に引き取られて激しい稽古を受ける。さらに1人で出稽古に回り1日10時間という練習量をこなし強さを磨いた。牛島は寝技が強く、また、乱取り中頻繁に当て身(パンチ)を使ったという[6]。牛島は全日本を5回制覇したが、天覧試合には病気で勝てなかった。そのため、弟子の木村にその夢を託したという。

1936年、学生柔道の団体戦として最もレベルの高い高専柔道[7]大会に大将として出場し、拓大予科を全国優勝に導いた。また、木村は非常に研究熱心であり、拓大予科時代に「相手の腕を道着を使って縛って抑える」という当時としては斬新的な技術を開発した。現在、世界中でこの技術は活用されている。また寝技だけでなく、立技から引き込み返しを掛けながらの腕緘、相手が自分の帯を握って頑張っている時に一度逆に振って腕緘に極める方法も木村が考案した。

全日本選手権連覇と天覧試合優勝[編集]

全日本選手権の前身ともいえる日本選士権1937年から3連覇し、さらに1940年に行なわれた紀元二千六百年奉祝天覧武道大会でも5試合をすべて一本勝ち[8]という圧倒的な強さで優勝した(決勝戦の相手は石川隆彦)。この後も大小大会含め無敗だったものの、第二次世界大戦勃発後の1942年兵役で柔道を離れざるを得なくなった。しかし終戦後は、1947年7月1日に開催された西日本柔道選手権大会に出場するや、決勝リーグで吉松義彦松本安市を破り優勝を飾って“木村の不敗常勝”を見せつけたほか、翌1948年3月15日の全関西対全九州の試合でも、全九州軍の一員として優勝に貢献した[9]1949年の全日本選手権[10]でも、ブランクを感じさせず圧倒的な強さで優勝。全日本選手権13年連続保持という驚異的な記録を残している[11]

木村の練習量[編集]

木村政彦23歳の全盛時代(1941年)

木村の練習量にはその激しさから、様々な逸話定評がある。

  • 元々木村は他の選手の倍の6時間から7時間練習していたが、絶対に勝利するために辿り着いた結論が「3倍努力」である。[4]
  • 拓大に入ってからの木村の練習量は10時間を超えた。拓大での稽古だけではなく、他大学や警視庁皇宮警察などを回って乱取り稽古をしていた。乱取り(スパーリング)だけで毎日百本をこなした。その後バーベルを使ったウェイトトレーニング、巻き藁突きを左右千回ずつした。[4]
  • 夜になると、師の牛島にならい大木に帯を巻いて一日1000回打ち込みをし、遂にはその大木を一本枯らしてしまった。
  • 「寝ている時は練習をしていない」と考え、睡眠時間を3時間にし、しかも睡眠中にもイメージトレーニングをしていた[12]。木村はこの全日本選手権の前後でも公式戦で負けておらず、15年間ものあいだ不敗を通した。
  • 剛柔流空手松濤館空手の道場にも通い打撃技を習っていた。特に剛柔流空手においては、師範代を務めるほどの腕だった。
  • 戦後は米兵ヘビー級ボクサーとスパーリング中心の練習をこなしてボクシング習得にも挑戦した。

桁外れのパワー[編集]

木村は師の牛島と共に、本格的にウエイトトレーニングを行い抜群の筋量とパワーを誇った[13]。そのトレーニング方法は、単に高重量を扱うだけではなく、例えば100kgのベンチプレスを1時間1セットで何度も繰り返す、仕上げに腕立て伏せを1000回行うなどといった非常に激しいものだった[14]。その鍛え抜いたパワーは、障子の桟の両端を持って潰すことができ、太いの棒を簡単に曲げたという。また、夏の暑い日、師匠の牛島が木村に団扇で扇いでくれと言うと、木村はその場にあったを持ち上げ、それを扇のように仰いで牛島を驚かせた。そして両腕を伸ばした状態で肩から手首に掛けて100kgのバーベルを転がすこともできたという[15]。 また、都電に乗った際、悪戯で吊革のプラスチック製の丸い輪を五指で鷲掴みにし、端から順に割っていくことがあった[4]

柔道スタイルと得意技[編集]

立技の得意技は強烈な大外刈[16]、寝技ではあらゆる体勢から取ることができる腕緘であった。講道館での出稽古ではあまりに失神者が続出するので木村の大外刈は禁じられ、後には脱臼者が続出するという理由で腕緘も禁じられたという。木村の大外刈は、自分の踵で相手のふくらはぎを打つように掛けるもので、一種の打撃技蹴り技の風体をなしていた。170cmで85kgの体格は当時としても柔道家としては大きな方ではなかったが、長身選手の得意技とされる大外刈を実戦的な技として駆使した。また、高専柔道で培った寝技も大きな武器としており、絞め技抑込技も得意としていた。[4]

負けたら腹を切る[編集]

木村の精神力の強さには定評があるが、その最たるものとして「負けたら腹を切る」がある。試合前夜には短刀切腹の練習をしてから試合に臨んだとされ、決死の覚悟で勝負に挑んだという。最終的に15年間無敗でプロに転向したため、切腹は免れた。

プロ柔道家に[編集]

牛島が国際柔道協会旗揚げ[編集]

1950年2月、内定していた警視庁の柔道師範の話を断り、師匠の牛島辰熊が旗揚げした国際柔道協会いわゆるプロ柔道山口利夫遠藤幸吉らと共に参加する。4月16日には後楽園でプロ柔道としての初試合を行い、トーナメントを勝ち抜き優勝する。プロでも木村は1度として敗れず、連勝を重ねていった。

その後プロ柔道は地方巡業に出るが、客足は次第に衰え、またスポンサーの経営不振も重なり、給料も未払いの状態が続いた。時を同じくし、妻が肺病に侵されたため、治療費を稼ぐ必要に迫られた木村は、告訴される事も承知で国際プロ柔道協会を脱退し、夜逃げ同然にハワイへと渡航した。これは現地の日系実業家によるハワイ諸島での柔道巡業の要請に応じてのものであり、高額の報酬が目的であった。なお、協会の主力選手であった坂部保幸と山口利夫が木村に同調し脱退したため、国際プロ柔道協会はすぐ後に消滅している。ハワイでの巡業では、腕自慢の飛び入りを相手にしたり、10人掛けといったものであったが、現地ではこの興行が人気を博した。そして契約の3か月任期満了の近く、この人気に目をつけたプロレスプロモーターに誘われ、木村と山口はプロレスラーに転身した。

エリオ・グレイシーとの死闘[編集]

袈裟固めでエリオの首を締め付ける木村。

1951年サンパウロの新聞社の招待で、山口利夫、加藤幸夫とともにブラジルへ渡る。プロレス興行と並行して現地で柔道指導をし、昇段審査も行った。

同年9月23日、加藤幸夫が現地の柔術家エリオ・グレイシーヒクソン・グレイシーホイス・グレイシーの父)に試合を挑まれ、絞め落とされ敗北する。エリオは兄のカーロス・グレイシー前田光世より受け継いだ柔道に独自の改良を加え寝技に特化させたブラジリアン柔術の使い手であった。エリオは加藤だけではなく、木村がブラジルに来る前から日系人柔道家たちを次々と破り、ブラジル格闘技界の雄となっていた。その結果を受けて、木村は10月23日にリオデジャネイロマラカナン・スタジアムでエリオと対戦した。ルールは以下。

エリオは棺桶まで用意したという決死の覚悟で挑んだが、木村は2R目に得意の大外刈から腕緘に極め、エリオの腕を折った(脱臼等の暗喩ではなく紛れもなく「骨折」である)。しかしエリオは強靭な精神力でギブアップせず、木村も骨折したエリオの腕を極めたまま、さらに力を入れ続けた。会場が騒然とする中ついにセコンドのカーロスがリングに駆け上がりエリオの木村の一本勝ちとなった(カーロスがリングに上がり、ギブアップをしないエリオの代わりに木村の体をタップ。代理のタップのため審判と揉めるも、既に決着は付いていると双方認めたため決着。詳細は「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったか」に詳しい)。後年に木村はエリオの事を「何という闘魂の持ち主であろう。腕が折れ、骨が砕けても闘う。試合には勝ったが、勝負への執念は・・・私の完敗であった」とその精神力と、武道家としての態度を絶賛している。なお、腕緘がブラジルやアメリカで「キムラロック」あるいは単に「キムラ」と呼ばれるのは、この試合が由来である。エリオが木村の強さに敬意を払い名付けたとされる。

後に95歳まで生きたエリオは、晩年、「私はただ一度、柔術の試合で敗れたことがある。その相手は日本の偉大なる柔道家木村政彦だ。彼との戦いは私にとって生涯忘れられぬ屈辱であり、同時に誇りでもある」と語っている。グレイシー博物館には、木村と戦った時に着た道衣が飾られているという。

プロレスラーへの本格的転身[編集]

帰国した木村はプロレスラーとして力道山タッグを組み、1954年2月19日にはシャープ兄弟と全国を14連戦した[17]。試合は日本テレビNHKによって初めてテレビ中継された。しかし、このシャープ兄弟とのタッグ戦において、木村は毎回フォールを取られるなど引き立て役とされたことに不満を募らせ、朝日新聞紙上で「(力道山相手にも)真剣勝負なら負けない」と発言した。この記事に力道山は激怒し、結果としてプロレス日本一をかけ昭和の巌流島と称し、両者が戦うこととなった。だが、この戦いで木村政彦は謎のKO負けとなり一線を退くこととなる。

力道山との試合 謎のKO[編集]

この試合は、そもそも力道山側によるレフェリーハロルド登喜」の選定、木村側のみ当身禁止という力道山側が圧倒的に有利な不公平ルールで行われた[4]。 木村側の証言[18]によれば、本来この試合は、あくまで勝敗の決まったプロレスであり、東京をはじめ、大会場で両者勝敗を繰り返しながら全国を巡業する予定であった。しかし、初戦で力道山がその約束を反故にして突如と殴りかかり、戸惑った木村がKOされたとされる。[19]

現存しているビデオ映像(木村有利の場面はカットされている)[4]では、以下の流れが確認できる。

  • 力道山が金的蹴りをアピールした後、右ストレートで木村の顎に見舞う。その後、張り手を連打するが、木村がタックルに行ってそれを防ぐ。
  • タックルによるクリンチをロープブレイクで分けられた後、レフリーに金的蹴りの注意を受け、試合再開の合図前に力道山が攻勢に入る。
  • 力道山、顔面に左掌底、テンプルに右張り手、右前蹴りをみまい、再度木村がレフリーに向かって抗議している間にも力道山が再び前蹴り。これを木村が両手で防御するが、頭部が開いたところにテンプルへの張り手が入り最初のダウン。
  • 座り込んだ木村に力道山がフロントチョークを狙うが決まらずも、顔面キック2発を当てて木村が四つ這いになったところ、後頭部から頸部当たりを踏みつける。
  • 木村、何とか持ち直すも、力道山の右張り手が頚部に、続けて左張り手が顎に入ったところで昏倒した

この試合においての木村の敗北は、プロレスを甘く見ていた結果、いや力道山側の騙し討ちであるといった両方の見方がある。その後、木村と力道山の再試合が組まれることは無かった。さらに後日それぞれの後ろ盾の暴力団同士の仲介で、手打ちが決まり和解することとなった。後に木村は、プロレスラーとしての活動は乗り気ではなく、力道山の引き立て役を嫌がっていたことを証言している。また、屈辱的な敗戦の後に力道山と金銭で和解したのは、すべて妻の結核が理由であり、アメリカ製の高価な薬ストレプトマイシンの費用を捻出するためであると語っている。なお、この薬のおかげで妻は命を取り留めた。作家時代の猪瀬直樹は晩年の木村を取材した結果本人から「力道山は俺が呪い殺した」という趣旨のコメントを得ることができた。[20]

エリオ・グレイシーの元弟子とバーリトゥードで対戦[編集]

1959年、ブラジルの先輩(矢野武雄)からの手紙で、グレイシーの弟子との対戦のためブラジルに旅立つ。 エリオ・グレイシーの元弟子であるヴァルデマー・サンタナと決着は「参った」(タップ)か絞め落とすの柔道ジャケットマッチで二試合戦い二連勝[4]。 サンタナに裸でバーリトゥード(グローブ無しの打撃あり)で戦いたいと要求され戦う。前々日に左膝を痛めてまともに歩けない状態だった。しかし、試合内容で圧倒し、逃げるサンタナを叩き続けたが、結局四十分引き分け。翌日の地元新聞各紙は「サンタナは片脚の木村に負けた」と揶揄する論調だった[4]

再び柔道家に[編集]

1961年、再び柔道界に戻り、拓殖大学柔道部監督に就任。のちに全日本柔道選手権大会覇者となる岩釣兼生らを育て、1966年には全日本学生柔道優勝大会で拓殖大学を優勝に導いた。なお、その時の練習の厳しさについてフジテレビ番組『SRS』のインタビューで岩釣は、「オリンピック選手候補でも木村先生にはかなわなかった」と語っている。

1983年、拓殖大学柔道部監督を勇退する。

1985年出版の著書『わが柔道』の山下泰裕との対談では、物議を醸した1980年の山下と遠藤純男との試合は「明らかに君(山下)の負け」としたうえで、「強いんだから全日本選手権を10連覇しなさい」と述べる。1990年代テレビ朝日ニュースステーション』にビデオ出演。斉藤仁らが活躍する柔道界を「今の柔道はブタのやる柔道」と批判した。

1993年4月18日死去。75歳没。墓地は熊本市南区野田の大慈禅寺にある。

死後の評価[編集]

プロとしての活動期間があるため、後に柔道界に復帰し、母校拓殖大学の指導をした後も、講道館は最後まで木村を七段から昇段させず、柔道殿堂にも入れていない。しかし、1951年にブラジルでエリオ・グレイシー戦等、現在の総合格闘技の先駆であったともされる。

史上最強の称号[編集]

198cm120kgのアントン・ヘーシンク

15年間不敗、またその人並み離れた逸話から、木村はしばしば史上最強の柔道家と評価される。

同じく史上最強と評価されることもある山下泰裕と木村両方の全盛時代を知る広瀬巌(1941年の全日本選手権覇者)は、「今、山下君が騒がれているけれど、木村の強さはあんなものじゃなかったよ」と言い、1948年の全日本選手権を制し東京オリンピック監督も務めた松本安市は「絶対に木村が史上最強だ。人間離れした強さがあった。ヘーシンクも山下も含めて相手にならない」と語っている[21]

三角絞めの開発者として有名な高専柔道出身の早川勝(旧制六高OB、元日経連専務理事)は「比べものにならない。山下君もたしかに強いけども、僕らの時代は木村先生と何十秒間試合できるかというのが話のタネだった」と語っている[21]。同じく両者の全盛時を見ている柔道新聞主幹の工藤雷介は「技の切れ、凄さからすればやはり木村君だ」と評している。直木賞作家の寺内大吉も「戦中の木村柔道をぼくはほんの二試合ほどしか見ていないが、それでも『鬼の政彦』を実証する強さだった。もちろん比較はできないが山下泰裕より遙かに上位をゆく豪力であったと思う」と語っている。

拓大に留学経験があり、四十歳代の木村と乱取りもしているダグ・ロジャース(東京五輪重量級銀メダリスト)は、「今の柔道家では木村先生に勝てません」「ヘーシンクとルスカですか。彼らでも無理ですね」と語る[4]。木村の愛弟子で全日本選手権覇者でもある岩釣兼生は、現役時代に50歳の木村とやっても寝技ではまったく歯が立たなかったとし、「木村先生のパワーにはぜんぜん敵わないと思いますよ。山下君にも間違いなく腕緘を極めるでしょう。これは断言できます。私でもロジャースでも寝技でぼろぼろにやられましたから」と発言している。

同じく木村に稽古をつけてもらった弟子蔵本孝二モントリオールオリンピック軽中量級銀メダリスト)は「(山下とは)ぜんぜん問題にならないです。立っても寝ても腕緘一発です」としている。 蔵本はほかに「僕が五輪や世界選手権で戦った選手たちより五十代の木村先生のパワー、圧力のほうが ずっと強かったですから。現役時代の強さは想像もできないですよ」と述べている[4]

拓殖大学の後輩で極真空手の創始者である大山倍達(ただし拓大学務課や学友会によると大山が拓大に在籍していた事実はないという(大山倍達正伝 新潮社 2006年 p.116))も実際に木村の試合を観戦しているが「木村の全盛期であればヘーシンクルスカも3分ももたないと断言できる」と述べている[22][23]

木村自身の著作[編集]

  • 『柔道とレスリング』 鷺ノ宮書房、1955年。
  • 『スポーツグラフィック -柔道教室-』 鶴書房、1968年。
  • 『ワイドスポーツ -柔道の技-』 鶴書房、1968年。
  • 『鬼の柔道 -猛烈修行の記録-』 講談社、1969年。
  • 『柔道の技 基本技に立返ろう』 鶴書房、1976年12月。
  • 『柔道 実践に役立つ技の研究』 鶴書房、1978年11月。
  • 『柔道教室 基本動作と技の変化』 柏書房、1985年1月。
  • 『わが柔道』 ベースボール・マガジン社、1985年1月。 ISBN 4583024576
  • 『わが柔道 - グレイシー柔術を倒した男』学習研究社、2001年11月16日。 ISBN 4059020540

その他[編集]

ブラジルにkimuraという柔術衣メーカーがあった。衿の硬いことで知られる。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和12年〜昭和14年の全日本選士権優勝。翌15年は全日本選士権の代替として開催された昭和天覧試合優勝。戦中戦後に全日本選手権は中止され昭和24年の全日本選手権で優勝し、全日本選手権を1度も明け渡すことなく13年間連続保持した。
  2. ^ 昭和11年の阿部謙四郎戦以来、プロに転向する昭和25年まで1度も負けていない。
  3. ^ 言葉の発祥には白崎秀雄富田常雄か両者の説がある。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 増田俊也木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか新潮社
  5. ^ 格闘技専門誌だけではなく朝日新聞や日本経済新聞、読売新聞、週刊文春や週刊新潮などが書評で取り上げた。
  6. ^ 牛島は木村に馬乗りになり「もっと強くなれ」と泣きながら鉄拳を振り下ろし、木村が亀になると絞め技で落としたという。
  7. ^ 当時、高専柔道の寝技のレベルは非常に高かったとされる。後の木村の寝技の強さは、この高専柔道で磨かれた。
  8. ^ 皇紀2600年記念奉祝天覧武道大会における木村政彦七段について
  9. ^ 個人戦では、決勝戦で松本安市と九州同士の顔合わせとなり、松本の流血により痛み分け(無勝負)となった。
  10. ^ 大会は太平洋戦争の影響で戦中と戦後の数年間中止されている
  11. ^ この1949年の全日本選手権では他の選手たちは猛稽古を重ねて打倒木村を目指していたが、木村の方は家族を食わせるために闇屋などをやり、練習不足中での優勝だった。
  12. ^ 睡眠不足分は学校で授業中に寝ていた。『フルコンタクトKARATE』1987年12月号塩田剛三との対談
  13. ^ 上半身裸の写真にも逞しい肉体が確認できる。
  14. ^ 現在ではこのようなトレーニング方法はオーバーワークとして否定されている。
  15. ^ ベンチプレスは250kgに達し、スナッチでもオリンピックの重量挙げ代表より重い重量を扱えたとさえされる。
  16. ^ その強烈さに、食らえば相手が畳に後頭部を打って必ず失神したという。
  17. ^ リングサイドで木村を見守る牛島の姿も確認されている。
  18. ^ 晩年、木村はNHK福岡の取材に応じ、「最初の試合は引き分けで、次回からは順番で勝敗を決めるという話だった。」と証言している。
  19. ^ 報知新聞12月23日付、スポニチ12月23日付には力道山が突如木村の胴へ右足裏での飛び蹴りを浴びせた旨が記されている。
  20. ^ 猪瀬直樹『禁忌の領域・ニュースの考古学2』(文藝春秋)
  21. ^ a b 増田俊也「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」『ゴング格闘技』 2008年11月号
  22. ^ 梶原一騎空手バカ一代』7巻、講談社
  23. ^ ただし、この発言が梶原の創作か大山の発言かは不明。

参考文献[編集]

伝記

関連項目[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]

  • 君は木村政彦を知っているか - 60分を超える長編テレビドキュメント(2000年放送)。木村の栄光の前半生と力道山戦後の人生を追った作品。牛島辰熊、大山倍達、力道山、ヒクソン、エリオ、ホイス、船木誠勝らが出てくる。証言者として遠藤幸吉や真樹日佐夫らも登場。
  • 木村政彦 - JudoInside.comのプロフィール (英語)