シャープ兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャープ兄弟(シャープきょうだい)は、カナダ出身の兄弟によるプロレスタッグチームである。日本プロレス協会主催のプロレス興行「蔵前国技館3連戦」に参戦するため1954年ボビー・ブランズらと共に来日し、日本のプロレスブームの火付け役となった。

メンバー[編集]

来歴[編集]

カナダオンタリオ州ハミルトン出身。祖父がレスラー、父がボクサーという格闘技一家に生まれ、1947年トロントでプロレスデビュー。1949年にカナダからアメリカに渡り、世界タッグ王座を獲得。

1954年に世界タッグ選手権者として来日し、2月19日力道山木村政彦組とタッグマッチで対戦。この試合が日本初のプロレスの国際試合とされる[1]日本テレビNHKが同時中継し、新橋駅西口広場の街頭テレビには2万人の群衆が殺到したという。初来日の際は5回対戦し、王座を保持したまま帰国した。

  • 2月19日東京蔵前国技館) ノンタイトル61分3本勝負。1-1から時間切れ引き分け。
  • 2月20日(東京・蔵前国技館) 3大シングルマッチ。力道山は2-1でベン・シャープに勝利、マイク・シャープは2-1で山口利夫を破り、木村政彦とボビー・ブランズは引き分け。
  • 2月21日(東京・蔵前国技館) 世界タッグタイトルマッチ。1-1の引き分けで王座防衛。
  • 2月27日大阪府立体育会館) 2度目の世界タッグタイトルマッチ。1-0のまま時間切れで王座防衛。
  • 3月6日(東京・蔵前国技館) 3度目の世界タッグタイトルマッチ。1-0のまま時間切れで王座防衛。

2年後の1956年4月にチャンピオンとして再び来日。5月4日に力道山・遠藤幸吉組にタイトルを奪われるが6日後に奪回し、王座を死守して帰国した。

  • 4月24日(東京・蔵前国技館) 力道山・遠藤組とノンタイトルで対戦。61分フルタイム引き分け。
  • 4月25日(東京・蔵前国技館) 東富士とベンは両者リングアウトで引き分け、遠藤は2-1でシモノビッチに勝利、力道山はマイクとシングルで対戦し2-1で勝利。
  • 4月26日(東京・蔵前国技館) 力道山・遠藤組と世界タッグタイトルマッチ。1-1からドクターストップ引き分けで王座防衛。
  • 5月2日4日(大阪府立体育会館で3連戦) 5月4日、タイトルマッチ時間無制限1本勝負。力道山が39分34秒にベンを体固めで破り世界タッグ王座初奪取。
  • 5月10日札幌中島スポーツセンター) 力道山・遠藤組に挑戦。今度は61分3本勝負で行われ1-0で時間切れ。6日ぶりに王座を奪回。
  • 6月7日(東京・蔵前国技舘) 力道山・遠藤組との最終戦。1-1のまま時間切れ引き分けで王座を死守。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これ以前にも、在日駐留米軍所属レスラーとの親善試合がおこなわれていた。NHK大阪放送局発行「こちらJOBK」によれば、1954年2月6日にNHK大阪テレビジョン実験局は「全日本プロレス協会主催・毎日新聞社協賛、マナスル登山隊後援日米対抗試合」を大阪府立体育館から大阪ローカルで中継放送した。本放送であることを除けば、これが日本最初のテレビ中継である。

外部リンク[編集]