正木嘉美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界柔道選手権
1985 ソウル 無差別級
アジア大会
1986 ソウル 無差別級

正木 嘉美(まさき よしみ、男性、1962年8月20日 - )は日本柔道家、スポーツ科学研究者。大阪府忠岡町出身。現在、天理大学体育学部体育学科教授。

来歴[編集]

小学校5年より柔道を始める。天理高等学校天理大学と関西の柔道名門校に進学、大学では全日本学生柔道優勝大会において4年連続で優秀選手に選出される(歴代でも4年連続選出されたのは山下泰裕斎藤制剛棟田康幸高井洋平のみ)。

卒業後は、天理大学の研究生として大学教員となる。学生時代から好成績を残していたが、山下泰裕、斉藤仁に次ぐ三番手という評価で日本代表に選出される機会に恵まれなかった。1985年、山下引退後のソウル世界柔道選手権大会で95kg超級と無差別級の二階級にエントリーしていた斉藤仁が95kg超級の決勝で脱臼する大怪我で棄権退場するアクシデントに見舞われ、補欠であった正木が急遽無差別級に出場。補欠繰り上げという形ではあったが、世界王者となる。1986年には全日本選手権で初優勝、翌年も連覇を果たし、ソウル五輪を期待されていた。しかし、1988年、全日本柔道選手権大会で斉藤仁に、全日本選抜柔道体重別選手権で小川直也に敗れて五輪代表の座を逃してしまう。

引退後は、天理大学でスポーツ科学の研究に励む。また、同大学の柔道部監督、全日本柔道連盟強化委員も務め、指導も行う。

柔道スタイル[編集]

  • 現役時代は180cm、150kg。いわゆるアンコ型の柔道家であった。
  • 左組手
  • 得意技は払腰足技(とりわけ出足払はセンスがあると自認するくらい得意にしていた[1])。

余談[編集]

  • 1987年エッセン世界柔道選手権大会の日本代表に選出されていたが直前の怪我で辞退している。その際、代わりに出場したのが小川直也である(小川は19歳で史上最年少初優勝を果たす)。

戦歴[編集]

  • 1980年:全国高校総体重量級 優勝
  • 1982年:全日本学生選手権 優勝
  • 1983年:正力松太郎杯国際学生柔道大会 優勝
  • 1983年:全日本学生体重別選手権重量級 優勝
  • 1983年:全日本学生選手権 優勝 (二連覇)
  • 1984年:世界学生柔道選手権大会無差別級 優勝
  • 1984年:全日本学生選手権 優勝 (三連覇)
  • 1984年:全日本学生体重別選手権重量級 優勝(二連覇)
  • 1985年:ユニバーシアード神戸大会柔道無差別級 優勝
  • 1985年:ソウル世界柔道選手権大会無差別級 優勝
  • 1986年:全日本選抜柔道体重別選手権95kg超級 優勝
  • 1986年:全日本柔道選手権大会
  • 1986年アジア競技大会柔道無差別級 優勝
  • 1987年:全日本柔道選手権大会 優勝(二連覇)
  • 1988年:全日本柔道選手権大会 準優勝

役職[編集]

  • 日本体育学会
  • 日本武道学会
  • JOCエリートコーチングスタッフ
  • 全日本柔道連盟強化委員
  • 全日本柔道連盟男子強化コーチ
  • 全日本柔道連盟A級審判員
  • 関西学生柔道連盟常任理事

など多数

著書[編集]

  • スポーツと健康(道和書院、1993年)
  • 武道関係年表(むさし書房、1998年)

論文[編集]

  • 「柔道選手の体重減量に関する研究」(天理大学学報、1988年)
  • 「企業運動部研究(3)-引退後の職務、昇進、仕事の満足度などについて」(天理大学学報、1988年)
  • 「オリンピックに対する意識調査―ソウルオリンピック日本代表選手の調査から―」(天理大学学報、1989年)
  • 「オリンピックに対する意識調査―一般大学生の調査から―」(天理大学学報、1990年)
  • 「柔道に関する意識分析―フランス柔道人を中心にして―」(天理大学学報、1993年)
  • 「沖縄角力について」(天理大学学報、1994年)
  • 「本部御殿手古武術について」(天理大学学報、1995年)
  • 「江戸期柔術伝書にみられる「呼吸」についての考察」(身体運動文化研究、1995年)
  • 「柔道選手の苦手意識について―高校生を対象として―」(奈良工業高等専門学校研究紀要)
  • 「柔道競技力と心身指標との関連:重心動揺・咬み合せバランス・UKデータから」(大阪武道学研究、2001年)
  • 「柔道に関する意識分析―日本・フランス・ロシア強化選手の意識特徴について―」(大阪武道学研究、2003年)
  • 「骨強度指数の分析」(関西学院大学スポーツ科学・健康科学研究室、2004年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全日本柔道選手権 インタビュー」近代柔道 ベースボールマガジン社、1986年6月号、53-55頁

外部リンク[編集]