君原健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 陸上競技
オリンピック
1968 メキシコシティ マラソン

君原 健二(きみはら けんじ、1941年3月20日 - )は日本男子の陸上競技長距離走マラソン)選手。1960年代から1970年代前半の戦後日本の男子マラソン第1次黄金時代に活躍したランナーである。また、オリンピックには3大会連続で男子マラソン日本代表として出場した。福岡県北九州市出身。

人物・来歴[編集]

実家は小間物屋。中学時代、友人から駅伝クラブに入るよう勧められ、断り切れずに陸上を始める。福岡県立戸畑中央高等学校(現・福岡県立ひびき高等学校)時代はインターハイでも予選落ちを経験するなどとりわけ目立った選手ではなく、高校を卒業後の就職活動も思わしくない中、ようやく八幡製鐵(現・新日鐵住金)より陸上部の長距離を強化する目的でスカウトされ、卒業直前にようやく入社が決まったという。ここで高橋進の指導を受けて、マラソンランナーとして成長する。初マラソンは1962年の朝日国際マラソン(現・福岡国際マラソン)で、3位に入賞。東京プレ五輪では競技場に入ってからベルギーのバンデンドリッシュを抜いて2着。その後も好成績を重ね、1964年東京オリンピックの代表に選ばれる。

東京オリンピックに際しては、日本の男子マラソン代表3人(他に円谷幸吉寺沢徹)の中でもっともメダルに近いという下馬評だった。円谷はどちらかといえばトラックと駅伝の選手というイメージが強く、マラソン経験が少ないことから、有力候補とは目されていなかった。しかし、迎えたオリンピック本番ではプレッシャーに潰されて、実力を出し切れず8位に終わった(当時、オリンピックの入賞は6位までだった)。一方の円谷は銅メダルを獲得する。円谷とは代表として半年間ともに練習を重ねたことから無二の親友ともなっていたが、その晩は宿舎で床についた円谷に羨望と嫉妬と賞賛の入り交じった複雑な感情を抱き眠れなかったという。オリンピック後、福岡に戻ってから君原はいったん陸上部からの退部届を提出したが、高橋はこれを保留にした。

東京オリンピック直後に箱根駅伝チーム強化をもくろむ河野洋平の肝煎りで早稲田大学入学の勧誘を受け、いったんは入学を決意、上京するが最終的に「自分はすでに大学卒業の年齢を過ぎている」として断念した。

東京オリンピックの失敗は尾を引きなかなか立ち直れなかったが、君原自身初めて女性からのファンレターが届いたのきっかけに交流を深め、コーチの高橋は君原にその女性との結婚を承諾。この結婚をきっかけに君原はこの後次第に復帰し、1966年ボストンマラソンでは優勝を果たす。だがメキシコオリンピックをめざしていた1968年1月、故障に苦しんでいた最大のライバル・円谷幸吉が突然自殺し、君原は大きな衝撃を受ける。円谷の葬儀の際、君原と高橋コーチは「メキシコ五輪で日の丸を掲げる事を誓う」という弔文を送っていた。

そのメキシコオリンピックの男子マラソン代表選考は難航し、君原よりも選考会のタイムが上回った采谷義秋との比較になったが、君原に決定する。そのメキシコ五輪男子マラソン本番では、前回の無念を晴らす2位入賞・銀メダルを見事獲得、選考過程での疑問を跳ね返した。レース後半は腹痛に見舞われ、体調を十分に整えられなかった点で「自慢できる内容ではなかった」と後年述べている[1]。それでも競技場へ入った後ゴール直前で後ろを振り向き、3位だったニュージーランドのマイケル・ライアンが迫っていたのに気づいて、わずか14秒の差で逃げ切った。ふだんは「バランスが崩れ、スピードが鈍る」という理由で、レース中に後ろを見ることはほとんどなかったが、このときの行動について君原は「円谷の『陰の声』が振り返らせたのかもしれない」と思っているという[1]。また、著書『マラソンの青春』では事前に5回メキシコを訪れる経験に恵まれた点を挙げ、「スポーツにおいての平等の原則からみて、メキシコの高所障害を経験しなかったものに勝っても価値は乏しい」と記し、さらに「二位の表彰台に登ったが感激も喜びも無く、ただ立ち尽くしたまま日の丸を眺めるだけだった」と述べている。

31歳となったミュンヘンオリンピックにも男子マラソン代表として選ばれる。惜しくも2大会連続の五輪メダルは逃したものの、日本人トップの5位入賞を果たす。戦後の男子マラソン日本代表選手で、オリンピックで2大会連続入賞はほかに中山竹通しかいないが、君原の場合今日のルールであれば3大会連続入賞に相当する大記録である。

1973年、競技の第一線を退いた。引退まで出場した35回のレースすべてに完走している。その後も年に1回はフルマラソンへの出場を続けており、優勝者が50年後に招待される2016年のボストンマラソンへの出場をめざしている[1]

コーチの高橋とは指導方法をめぐってしばしば対立した。その内容は著書『マラソンの青春』で知ることができる。同書の中の「2時間19分38秒の意識」は、筆者が加筆した上で、かつて中学校の国語の教科書(「新編 中学国語 3」教育出版 平成2年)に掲載されていた。また、首を傾けて走る独特のフォームでも知られた。これについては「苦しくなったときのあがきの走り」であると述べている[1]。練習やレースの際、苦しいときには「まず次の電柱まで走ろう」と念じながら走ったという。このエピソードは引退後に出演した公共広告機構(現:ACジャパン)のテレビCMでも紹介された。レースについてはイーブンペースで走りきることを理想とし、駆け引きは好まなかったという[1]

引退後は、八幡西区にある九州女子短期大学で教鞭をとりながら地域貢献を行った。退職後の現在は北九州市教育委員会委員長の傍ら、講演活動や市民マラソンへのゲスト出場をしている。2009年4月より、北九州市立大学の特任教授(非常勤)に就任。なお日本のマラソン界の将来について君原は「わたしたちの時代は努力でカバーできていた。ケニア選手たちの走りを見ると、努力が及ばない素質の問題になる」と悲観的な見方を示している[1]

今でも毎年円谷幸吉の墓参は欠かさず、好物だったビールを墓石にかけることが習慣となっている。

マラソン成績[編集]

  • 自己最高記録…2時間13分25秒(1969年4月)
年月 大会名 タイム 順位 備考
1962.12 朝日国際マラソン 2:18:01 3位
1963.02 別府大分毎日マラソン 2:16:19 4位
1963.05 毎日マラソン 2:20:24.8 優勝 東京五輪のコースで開催
1963.10 朝日国際マラソン 2:18:01 2位 東京五輪のコースで開催(プレ・オリンピックを兼ねる)
1964.04 毎日マラソン 2:17:11.4 優勝 東京五輪のコースで開催、東京五輪代表選考会
1964.10 東京オリンピック 2:19:49 8位
1966.02 別府大分毎日マラソン 2:15:28 3位
1966.04 ボストンマラソン 2:17:11 優勝 海外初制覇
1966.06 毎日マラソン 2:37:57 7位
1966.09 玉造松江毎日マラソン 2:20:27 優勝
1966.10 ソウル国際マラソン 2:19:57 3位
1966.12 アジア大会(バンコク) 2:33:22 優勝
1967.02 別府大分毎日マラソン 2:13:33 優勝 当時国内最高記録
1967.08 タイムスマラソン 2:20:16 優勝
1967.10 プレ・オリンピック(メキシコシティ) 2:21:57 2位
1968.02 別府大分毎日マラソン 2:16:32 3位
1968.04 毎日マラソン 2:14:46 3位 メキシコ五輪代表選考会
1968.06 ポリテクニック・ハリアーズ・マラソン 2:15:15 優勝
1968.10 メキシコシティオリンピック 2:23:31 2位 銀メダル獲得
1969.04 アテネ国際マラソン 2:13:25 2位 自己最高記録
1969.07 マクソールマラソン 2:23:25 7位
1970.02 別府大分毎日マラソン 2:17:12 優勝
1970.04 毎日マラソン 2:22:14 7位
1970.10 コシチェ国際平和マラソン 2:18:06 2位
1970.12 アジア大会(バンコク) 2:21:03 優勝 2連覇達成
1971.02 別府大分毎日マラソン 2:16:52 優勝
1971.03 毎日マラソン 2:28:26 13位
1971.09 プレ・オリンピック(ミュンヘン) 2:17:00 2位
1971.12 国際マラソン 2:21:52 11位
1972.03 毎日マラソン 2:21:06 2位 ミュンヘン五輪代表選考会
1972.10 ミュンヘンオリンピック 2:16:27 5位 入賞
1972.12 国際マラソン 2:15:52 5位
1973.02 別府大分毎日マラソン 2:14:55 優勝
1973.04 アテネ国際マラソン 2:19:09 2位
2009.03 東京マラソン2009 3:44:59 3658位
2010.02 東京マラソン2010 3:26:16 1831位
2011.02 東京マラソン2011 3:42:37 3603位
2012.02 東京マラソン2012 3:36:00 3682位
2013.02 東京マラソン2013 3:37:57 3682位

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 原田寛「心の聖地 スポーツ、あの日から」四国新聞2010年6月10日付

外部リンク[編集]

関連項目[編集]