森下純平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界柔道選手権
2010 東京 66kg級
ワールドマスターズ
2012 アルマトイ 66kg級
グランドスラム
2012 東京 66kg級
2011 パリ 66kg級
2009 東京 66kg級
アジア大会
2010 広州 66kg級
アジア柔道選手権
2011 アブダビ 66kg級
世界ジュニア
2009 パリ 60kg級

森下 純平(もりした じゅんぺい、1990年4月5日 - )は、石川県白山市出身の、日本柔道選手である。階級は66kg級。身長167cm。得意技は内股。現在は了徳寺学園に所属している[1]

人物[編集]

柔道は6歳の時に始める。北辰中3年次に全国優勝。鶴来高等学校2年次にはインターハイ73kg級で優勝し、高校3年次にはインターハイの優勝候補筆頭とされるが、準々決勝で敗退する。その後階級を66kg級に下げて、筑波大学に進学。全日本ジュニアの決勝では、経歴が幼少時代から同じである同期の小寺将史に判定の末敗れるも世界ジュニアの代表に選出され、世界ジュニアではオール一本で見事に優勝を果たす。

さらに、シニアの国際大会であるグランドスラム東京やワールドカップトビリシで3位になる。2010年の体重別では初戦で敗れたが、篠原信一の推薦により世界選手権代表に選出された。世界選手権ではそれほど期待されていなかったものの、20歳にして優勝を果たす[2]

2011年は2月のグランドスラム・パリや4月のアジア選手権などで優勝を飾るが、8月の世界選手権では3回戦で世界ランキング261位の選手に不覚を取って世界選手権2連覇はならなかった[3]

2012年5月の選抜体重別では決勝でパーク24海老沼匡支釣込足で敗れて、ロンドンオリンピック代表にはなれなかった[4]。12月のグランドスラム・東京では初優勝を果たした[5]

IJF世界ランキングは289ポイント獲得で46位(14/4/3現在)。

戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]