ダビド・ドゥイエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

ダビド・ドゥイエ
フランスの旗 フランス
男子 柔道
オリンピック
1992 バルセロナ 95kg超級
1996 アトランタ 95kg超級
2000 シドニー 100kg超級
世界柔道選手権
1993 ハミルトン 95kg超級
1995 千葉 95kg超級
1995 千葉 無差別級
1997 パリ 95kg超級
ヨーロッパ柔道選手権
1991 プラハ 95kg超級
1992 パリ 95kg超級
1993 アテネ 95kg超級
1994 グダニスク 95kg超級

ダビド・ドゥイエ(David Douillet, 1969年2月17日 - )は、フランスルーアン出身の柔道家政治家

経歴[編集]

シドニーオリンピックを最後に現役引退。そのシドニーオリンピックの決勝戦では、日本の篠原信一と対戦して勝利するも、誤審問題が生じて日本では「疑惑の金メダル」と報じられてしまった。後に国際柔道連盟は正式にこの試合において誤審があったことを認めたが、試合後に判定が覆ることはないという国際柔道連盟の規則により、ドゥイエの優勝はそのまま認められた。当時はビデオ判定やジュリー制度もなく、両制度ともこの試合をきっかけに柔道の試合に導入された。

2009年のフランス国民議会下院)補欠選挙に右派与党国民運動連合より出馬し、当選。政界に進出した。

ニコラ・サルコジ政権下では在外フランス人担当閣外相と務めていたが、2011年9月にスポーツ相に就任[1]

戦歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 柔道のドイエ氏、スポーツ相に=仏

外部リンク[編集]