斎藤春香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
女子 ソフトボール
2000 ソフトボール
2004 ソフトボール

斉藤 春香(さいとう はるか、1970年3月14日 - )は、青森県弘前市生まれのソフトボール選手。前ソフトボール日本代表監督(日本ソフトボール協会HPでは「ヘッドコーチ」の表現も)。日立製作所女子ソフトボール部アドバイザー。

来歴[編集]

エピソード[編集]

  • 弘前市立時敏小学校当時はいつも斜め向かいに住んでいた男の子とキャッチボールをする元気な女の子だった。
  • 弘前市立第一中学校入学時にセーラー服姿が注目を浴びる。本人曰く「小学校時代スカートをはいた事がなかった」と苦笑。男子よりも女の子から人気があった。この頃からソフトボール部に入部。
  • 弘前中央高校に進学後もソフトボールを続け世界を目指していた。
  • 北京オリンピックにおいて、日本チームが金メダルを獲得した時のウィニングボールを所有している。1塁審判のアウトの宣言を聞いた途端、ファーストの佐藤理恵がボールを高々と放り上げ、歓喜の渦が巻き起こる中でボールの行方は分からなくなっていた。後にこのボールは関係者によって密かに回収され、斎藤に渡されたという。

外部リンク[編集]