宮平秀治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮平秀治
基本情報
誕生日 1973年12月21日(41歳)
出身地 日本の旗 日本
北海道小樽市
選手情報
クラブ ミズノ
ワールドカップ
シーズン 1994年-2006年
優勝回数 1回
他の表彰台 9回
表彰台獲得数 10回
 
獲得メダル
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
1999 ラムサウ ノーマルヒル 個人
1999 ラムサウ ラージヒル 団体
2003 ヴァル・ディ・フィエンメ ラージヒル 団体
1999 ラムサウ ラージヒル 個人
最終更新日:
テンプレートを表示
1999年ワールドカップ ガルミッシュ・パルテンキルヘン大会

宮平 秀治みやひら ひではる1973年12月21日 - )は、日本北海道小樽市出身の元スキージャンプ選手。小樽向陽中学校、北海道小樽工業高等学校を経てミズノで活躍した。

プロフィール[編集]

スキージャンプの盛んな小樽市で生まれる。 一学年上には葛西紀明吹田幸隆、同学年に富井彦上野真吾笠間法考らがおり、若いころはあまり目立った成績は残せなかった。

社会人になってから実力を伸ばし、1998年の長野オリンピック(出場はなし)、2002年のソルトレイクシティオリンピック日本代表に選ばれる。

1998/99シーズンがベストシーズンでジャンプ週間総合3位、世界選手権では個人ノーマルヒル銀、個人ラージヒル銅、団体銀メダルと3個のメダルを獲得した。スキージャンプ・ワールドカップでは3月20日のフライングで初優勝、自己最高位の総合5位となった。

以後も日本チームの中心選手として活躍し、 2006年3月、現役引退を表明。同年から西森享平のパーソナルコーチを務めた。 2011/2012シーズンはナショナルチームのコーチングスタッフである[1]

主な競技成績[編集]

冬季オリンピック[編集]

ノルディックスキー世界選手権[編集]

スキージャンプ・ワールドカップ[編集]

  • 優勝1回(2位4回3位5回)
  • 1998/99シーズンスキージャンプ週間総合3位
  • 1998/99シーズン個人総合5位
ワールドカップ個人表彰台
シーズン 開催日 開催地 種目 成績 備考
1998/99 1999年1月3日 オーストリアの旗 インスブルック   3位 スキージャンプ週間
1999年1月6日 オーストリアの旗 ビショフスホーフェン   3位 スキージャンプ週間
1999年1月23日 日本の旗 大倉山 ラージヒル 準優勝
1999年1月24日 日本の旗 大倉山 ラージヒル 3位
1999年3月11日 スウェーデンの旗 ファルン   準優勝
1999年3月20日 スロベニアの旗 プラニツァ フライングヒル 優勝
1999年3月21日 スロベニアの旗 プラニツァ フライングヒル 準優勝
2002/03 2003年1月23日 日本の旗 白馬   3位
2003年2月9日 ドイツの旗 ウィリンゲン   準優勝
2003年3月23日 スロベニアの旗 プラニツァ フライングヒル 3位

日本国内での主な競技成績[編集]

受賞[編集]

出典[編集]