山田敬蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山田 敬蔵(やまだ けいぞう、1927年11月30日 - )は、日本のマラソン選手。ヘルシンキオリンピック男子マラソン日本代表。

略歴[編集]

秋田県大館市出身。現役時代の所属は同和鉱業花輪鉱業所。1952年、戦後の日本が初参加となったヘルシンキオリンピックに、マラソン日本代表として出場し、25位。

1953年4月20日ボストンマラソンにおいて優勝。記録は2時間18分51秒。当時世界最高記録とされた(のちに距離不足が判明している)。その活躍の様子は、1954年大映によって「心臓破りの丘」と題して映画化された。映画は、監督木村恵吾、脚本須崎勝弥、主演根上淳である。

ボストンマラソンには1953年、1957年、1975年、1976年、1995年からは毎年出場しており、1998年から2001年は70歳以上の部を4連覇している。2003年にはボストンマラソン優勝50年を記念して招待選手として出場している。また、優勝年の1953年にちなみ、ゼッケン番号1953は永久欠番となっており、出場時には山田のみがこの番号を付けることが許されている。2007年大会も4時間24分07秒のタイムで完走している。

1961年秋田国体炬火リレーの最終走者である。2007年秋田わか杉国体でも炬火リレーの走者(最終走者の直前の走者)となった。現在でも各地のマラソン大会に招待選手として参加しており、その健脚を披露している。

2009年7月、81歳でフルマラソンから引退を表明した。

故郷である秋田県大館市の名誉市民であり、大館市では、山田敬蔵の栄誉を讃えて毎年4月29日に山田記念ロードレース大会を実施している[1]

脚註[編集]

  1. ^ 山田記念ロードレース大会 秋田県大館市ホームページ