佐藤理恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック
ソフトボール
2004 アテネ ソフトボール
2008 北京 ソフトボール

佐藤 理恵(さとう りえ、1980年8月14日 - )は、東京都出身のソフトボール元選手。2008年北京オリンピックソフトボール金メダリスト。

身長171cm、血液型A型星野高等学校東京女子体育大学卒業。

ポジションは内野手で、元・レオパレス21女子ソフトボール部所属。 両親は福島県二本松市出身。本人も東京都で育ったが、福島県立医科大学附属病院で出生した。実姉は美容師

所属チームのレオパレス21では主将を務め、走攻守三拍子そろった遊撃手として活躍。2004年には、日本リーグで打点王(15打点)、2006年2007年には2シーズン連続でベストナインに選ばれた。

2008年、代表メンバーに選出された北京オリンピックでは、一塁手として起用された。アメリカとの決勝戦でウイニングボールをつかむ。同年12月を最後に現役を引退し、2012年1月現在は東京女子体育大学助教・ソフトボール部コーチ。

2008年、紫綬褒章受章[1]。2009年8月放送の平野綾だけTVに出演した。

脚注[編集]

  1. ^ “紫綬褒章の受章者”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年11月2日). http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008110101000817.html 2013年1月25日閲覧。 

外部リンク[編集]