阿部雅司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿部雅司
名前
カタカナ アベ マサシ
ラテン文字 Abe Masashi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 ノルディック複合
生年月日 1965年8月13日(48歳)
生誕地 北海道留萌郡小平町
ワールドカップ戦歴
デビュー年 1986-1987シーズン
引退年 1995
最高成績 2位
通算成績 準優勝2回、3位2回
 
獲得メダル
オリンピック
1994 リレハンメル 団体
ノルディックスキー世界選手権
1991 ヴァル・ディ・フィエンメ 団体
1993 ファールン 団体
1995 サンダーベイ 団体

阿部 雅司(あべ まさし、1965年8月13日 - )は北海道留萌郡小平町出身のスキーノルディック複合の選手。1990年代に活躍し、オリンピックおよびノルディックスキー世界選手権の団体戦で3度金メダルを獲得した。

略歴[編集]

主な競技成績[編集]

オリンピック[編集]

世界選手権[編集]

ワールドカップ[編集]

  • 準優勝2回、3位2回
  • 1990-1991シーズン個人総合7位
  • 1992-1993シーズン個人総合4位

国内大会[編集]

現在は日本代表のコーチをしている。

エピソード[編集]

  • 自身2度目の出場となったアルベールビルオリンピックでは、ノルディック複合のリーダー格でありながら、団体チームのメンバーから外されてしまう。皮肉にも阿部以外の3名は日本初となる金メダルを獲得したが、その華やかな栄光の陰となった阿部は引退を考えていたという。しかし、現地からの電話で夫人の妊娠が判明し、自分には金メダルの代わりに子供を授けてくれたという思いから、わが子にスキーをしている姿を見せたいと考えて現役を続行。その後、V字ジャンプ習得に励み、93年の世界選手権団体で金メダルを獲得すると94年のリレハンメルオリンピック団体でも悲願の金メダルを獲得した[1]。このときの阿部はクロスカントリーで力走し、前走者河野が詰められた差をもう一度広げ、アンカーの荻原につなげるという素晴らしいものだった。

受賞[編集]

著書[編集]

  • 『やめねぇで、いがった -ノルディック複合に賭けた不屈のチャレンジャー-』 日本文化出版 (1994年12月)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]