桜花由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桜花 由美
桜花 由美の画像
2010年7月11日
OZアカデミー新宿FACE大会
プロフィール
リングネーム 桜花 由美
本名 阿部 由美子
ニックネーム リングを舞う千本桜
身長 168cm
体重 59kg
誕生日 1979年4月4日(35歳)
出身地 茨城県猿島郡(現古河市
所属 プロレスリングWAVE
スポーツ歴 バレーボール柔道陸上競技
トレーナー アジアン・クーガー
植松寿絵
デビュー 2001年8月19日
テンプレートを表示

桜花 由美(おうか ゆみ、1979年4月4日 - )は、日本の女子プロレスラー。本名は阿部 由美子(あべ ゆみこ)。茨城県猿島郡(現古河市)出身。B83cm、W62cm、H88cm。スポーツ歴はバレーボール柔道陸上競技左利き。プロレスの試合時は日本人レスラーにしては珍しく一貫してストッキング(タイツ)を履いている。

プロレスリングWAVE所属、「株式会社ZABUN専務取締役。プロレスと同時に、吉本興業 劇団TRAPPERで活動中の女優。

所属[編集]

経歴[編集]

当初は声優志望で、2000年4月にアイドル声優ユニット『Kirakira☆メロディ学園』に2期生として加入したが、3ヶ月ほどで脱退している。

2001年2月25日、吉本女子プロレスJd'・吉本興業主催、第2回アストレス・オーディションに合格し、アストレス2期生として吉本女子プロレスJd'に入門。2001年8月19日、東京・ディファ有明における対賀川照子古田圭子戦でデビュー(パートナーは柏田千秋)。当時は自らアイドルと称し、クリィミーマミをイメージしたリング・コスチュームで、歌い踊りながら入場するパフォーマンスは定番になった。弱小レスラーとして有名だったが、2003年3月23日のアストレス卒業式を前に高瀬玲奈の持つ全日本ジュニア王座に2度挑戦するまでに成長(いずれも敗退)。

その後、同期の東城えみの負傷長期欠場を機にメキメキと力をつけ、2004年1月にはザ・ブラディーとのコンビでTWF世界タッグ王座を奪取。ところがその年の4月にブラディーらが大量離脱、同時に同王座も返上。5月には東城も団体を離れ、以後桜花は、所属選手が5人にまで減った団体のエースとして八面六臂の活躍を見せる。

だが2005年9月23日、新木場1stRINGで行われた「“息吹”第3回大会」のメインで、木村響子と組んで江本敦子栗原あゆみ組と対戦した桜花は、試合中に左膝半月板損傷と左膝靭帯断裂の重傷を負ってしまい以降欠場。暫定的に半月板手術のみを受け、12月27日には格闘美の年内最終興行に無理を押して出場、引退直前のブラディーと念願のコンビでGAMIファング鈴木組が保持するTWF世界タッグ王座に挑戦するが、負傷癒えぬ膝では思うように動けずギブアップ負けを喫した。

その後大晦日のブラディー&ファング引退興行に悲願の出場を果たした後、完治完全復帰を目指して靱帯再生手術を受け、再び長期欠場に入る。2006年以降一切試合に出ていなかったが、2007年7月16日のJDスター解散最終戦『ジャンヌ・ダルク〜Jd'・JDスター・格闘美FINAL〜』に出場、JD最後の新人大畠美咲を相手にエキシビションマッチで仮復帰を果たした。解散に伴う進路が注目されていたが、7月19日に新団体「プロレスリングWAVE」の旗揚げ記者会見に出席、8月26日の同団体の旗揚げ戦のメインで復帰戦を行った。

2010年2月24日、尾崎魔弓とのシングルマッチに勝利した後、OZアカデミーで尾崎と抗争するアジャコングを倒すために尾崎軍へ加入することを表明[1]。以後、WAVE所属ではあるが、尾崎軍(後にOZアカデミー正危軍)の一員としてOZアカデミーの興行にレギュラー参戦している。

2011年、WAVEのシングルリーグ戦Catch the WAVE第一回大会を制し初代「波女」となった。

2011年より大畠がリーダーを務めるヒール軍団「ブラック・ダリア」の一員となるも、2012年解散。

2013年3月17日、Regina di WAVE王座トーナメントを制し初代王者についた。

時折覆面レスラー「桜蝋燭」にも変身する。

2012年の植松寿絵引退後にWAVEコーチ、GAMI引退翌年の2014年より同団体代表を引き継いだ。

現在WAVEリングアナを務める野中美智子は吉本興業 TRAPPERの元同僚。

最近、喋り声がいかりや長介に似てきたと言われている[2]

得意技[編集]

ビッグブーツ
通常から多用する技であり、フィニッシャーでもある。
サンマドロップ
コーナートップからの旋回式ボディプレス。
サクラ落とし
連続式エルボー・ドロップ
サクラ☆ドロップ
セカンドロープに飛び乗って、反動を利用した背面ジャンプで威力を倍化させたエルボー・ドロップ。
サクラドロップ☆レインボー
スリングショット式にエプロンからトップロープを飛び越える反動と振り子の原理を利用して、威力を倍化させたエルボー・ドロップ。
サクラドロップ☆スーパー
コーナー最上段から背面ジャンプで極める、威力を3倍化させた桜花のエルボー・ドロップ最上級。
サクラ☆スター
カナディアン・バックブリーカーから前方へうつ伏せにして落とす。
エンジェル・ウィング・ロック
相手の左腕を取って、相手の頭に掛けた脚を腋の下から差し込んで回転。グランド状態で相手の首をロックし、腕を絞り上げる。
レインボーキック
コーナーに逆さ吊りになっている相手へ仕掛ける。スリングショット式にエプロンからトップロープを飛び越える反動を利用して決めるドロップキック。
クル×2一本背負い
ダブルアームロコモーション
アトミック・ドロップ
スーツケース・スープレックス
小鉄☆ドロップ
ジャンピング・ヒップドロップ
体落とし
ケンカ・キック
ブラディーEX
相手の腕を首の前でクロスし、後ろに倒れこんで絞め上げる。引退したザ・ブラディーが開発した極め技を譲り受けたもの。
ネックハンギング・ボム
タイガー・スープレックス・ホールド
キル・スイッチ
ドラゴンパンサー
キャメルクラッチ式にうつぶせの相手に跨って決める変形ドラゴン・スリーパー。

タイトル歴[編集]

入場テーマ曲[編集]

  • 2001年 - 2003年 「美衝撃ビューティフルショック」(アニメ魔法の天使クリィミーマミ挿入歌)
  • 2004年 - 2007年 「NOVA'S」(劇場作曲家・有馬一快作曲、YUMI☆OHKA作詞)
  • 2007年8月26日 - 「resurrection 〜2007remix〜」(宮路一昭作編曲・桜花由美作詞)
  • 2011年3月9日 - The Prodigy - Hot Ride (ブラックダリア テーマ曲)

作品[編集]

写真集[編集]

CD[編集]

  • ATHTRESS「愛の証/HAPPY☆HAPPY/POWER OF FIGHT(アストレスのテーマ)」(2002年/プライムアトラス)

MVD[編集]

  • resurrectionレザレクション「resurrection/ため息」(2006年/日本デジタルコミュニケーションズ)

DVD[編集]

  • TRAPPER 1stビデオクリップ「Flight recorder01」(2006年/吉本興業ガールズ演劇ユニットTRAPPER)
  • Silky colle ction『Se-女2!』Bイーネット・フロンティア(2004年10月)
  • 格闘美&EXPERT 2005.Jan〜Mar「アジャ・コング、桜花由美vsダイナマイト・関西、AKINOほか」(JDスター)
  • EXPERT〜新世代編〜「桜花由美vs松尾永遠ほか」(JDスター)
  • 格闘美〜Jupiter〜総集編「桜花由美vs秋山恵ほか」(JDスター)
  • 格闘美Festa「全員参加バトルロイヤルほか」(JDスター)
  • 格闘美〜Dreamer〜「GAMI、ファング鈴木vsザ・ブラディー、桜花由美ほか」(JDスター)
  • 格闘美〜MASSIVE〜「風香卒業!亜沙美引退!バーベキュー料理対決!!(映像特典)」(JDスター)
  • 格闘美〜Future〜「桜花由美のサクラスコープ!(映像特典)」(JDスター)
  • 格闘美〜Festa 2006〜「紅葉を見に行コウヨウ!!(映像特典)」(JDスター)
  • 息吹 IBUKI 第2回大会2005年7月31日新木場1STRING 第3回大会2005年9月23日新木場1STRING 第4回大会2005年11月13日新宿FACE「木村響子、桜花由美vs江本敦子、栗原あゆみほか」(“息吹”事務局)
  • NEO SUPER SHOW 女子プロレス大感謝祭 in SAPPORO「豊田真奈美vs桜花由美」(NEO PLEX)
  • DDTプロレスオーディエンス2005「アイアンマンバトルロイヤルほか」(ヴァリス)

映画[編集]

女優としての活動[編集]

  • 「新木場☆ストアハウス」
  • 「港崎遊郭」「SO LA LA LA 〜僕の空には虹がある〜」(TRAPPER本公演)
  • 「LADY GO!!! 〜天使が空から降る聖夜に〜」(TRAPPERプレゼン公演)

脚注[編集]

外部リンク[編集]