Regina di WAVE王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Regina di WAVE王座
詳細
現王者 桜花由美
獲得日 2013年3月17日
管理団体 プロレスリングWAVE
創立 2012年12月5日

Regina di WAVE王座(レジーナ・ディ・ウェーブおうざ、Regina di WAVE Championship)は、日本女子プロレス団体プロレスリングWAVEが創設したシングルタイトルである。Reginaはイタリア語で「女王」。

歴史[編集]

旗揚げ6年目の2012年12月5日創設を発表[1]

初代王座決定トーナメントには歴代波女(Catch the WAVE優勝者)の桜花由美GAMI華名栗原あゆみをエントリーしたが、プロデューサーでもあるGAMIは「引退までベルトは巻かない」と辞退[1]、代わりに波女を除いたWAVE参戦経験のある現役全女子レスラーからGAMIが定めた「ZAN1」(人気投票・ロイヤルランブル・じゃんけんのポイント)で1人選抜し、大畠美咲が選ばれた[2]

2013年2月17日、トーナメント1回戦の予定だったが、栗原が眼窩底骨折と鼻骨骨折で欠場。そこで、華名VS紫雷美央(ZAN1・2位)で暫定1回戦を行い、3月17日の決勝戦までに復帰すれば勝者と改めて1回戦。復帰できなければ勝者がそのまま決勝進出と決まった。また栗原復帰の場合公平を期すため桜花vs大畠の勝者もGAMIと試合を行う(結果は問わない)こととなった。(勝者は華名と桜花)

3月17日に栗原が復帰、改めて華名VS栗原の1回戦と決勝戦を行い、桜花由美が初代王座についた[3]

歴代王者[編集]

※2014年3月2日現在

歴代数 レスラー 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 桜花由美 1 6 2013年3月17日 新宿FACE華名、現王者

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]