WAVE認定タッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WAVE認定タッグ王座
詳細
現王者 さくらご飯
飯田美花&旧姓・広田さくら
獲得日 2014年8月24日
管理団体 プロレスリングWAVE
創立 2011年8月23日

WAVE認定タッグ王座(WAVE Tag Team Championship)は、日本女子プロレス団体プロレスリングWAVEが管理・認定するフラッグシップタイトルである。

概要[編集]

2011年にWAVE認定タッグ王座として創設[1]。それまでWAVEではTLW世界女子ヤングタッグ王座を管理していたこともあったが、同団体のオリジナルタイトルはこのタッグ王座が初となる。

初代王座は9月4日より始まった10組参加のトーナメント戦「DUAL SHOCK WAVE 2011」により決定[1]。10月30日の大阪府立体育会館第2競技場大会にて行われた決勝戦で勝利したカナアユが初代王座を獲得した[2]

その後、植松☆輝が王座を奪取するが、植松寿絵引退に伴うタッグ解散のため、その植松引退試合の前座で「暫定王座決定戦」を行い、勝利したハタナカヨウコが暫定王者となり、後に正規王者に昇格。

2013年10月より別名としてDUAL SHOCK WAVEタッグと命名される[3]

女子プロレス団体のタッグタイトルであるが、WAVEが男女混合団体を目指していることもあり男子にも挑戦資格が与えられており、ヤンキー二丁拳銃(宮本裕向&木高イサミ)が挑戦を表明し[4]、2014年7月27日後楽園大会で男子初の戴冠を果たした(木高は過去にアイスリボン認定のインターナショナル・リボンタッグ王座を獲得したことがある)。

歴代王者[編集]

※2014年9月15日現在

歴代数 タッグチーム 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得した場所
(対戦相手・その他)
初代 華名&栗原あゆみ
カナアユ
1 2 2011年10月30日 大阪府立体育会館第2競技場
DUAL SHOCK WAVE決勝で植松寿絵&輝優優を破る
第2代 植松寿絵&輝優優
植松☆輝
1 1 2012年2月5日 大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ
植松引退により王座返上
暫定 GAMI&中川ともか
(ハタナカヨウコ)
- 0 4月30日 後楽園ホール
大畠美咲&中森華子
第3代 GAMI&中川ともか
(ハタナカヨウコ)
1 1 6月17日 新木場1stRING
華名&栗原あゆみ
第4代 大畠美咲&藤本つかさ
(マックロコロスケ)
1 3 11月27日 後楽園ホール
第5代 華名(2)&紫雷美央
トリプルテイルズ.S
1 1 2013年4月21日 札幌テイセンホール
第6代 桜花由美&志田光
(シダレザクラ)
1 0 7月15日 後楽園ホール
第7代 GAMI&中川ともか
(ハタナカヨウコ)
2 0 8月16日 新木場1stRING
第8代 渋谷シュウ&チェリー
(クラシックギャルズ)
1 0 8月25日 新木場1stRING
第9代 浜田文子&山縣優
(Las aventureras)
1 4 10月30日 後楽園ホール
第10代 宮本裕向&木高イサミ
(ヤンキー二丁拳銃)
1 0 2014年7月27日 後楽園ホール
第11代 飯田美花&旧姓・広田さくら
(さくらご飯)
1 2 8月24日 新宿FACE
現王者組

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]