川畑輝鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川畑 輝鎮
プロフィール
リングネーム 川畑 輝鎮
川畑 輝
本名 川畑 輝
ニックネーム 奄美大島の怪童
身長 180cm
体重 110kg
誕生日 1965年4月29日(49歳)
出身地 鹿児島県大島郡
所属 フリーランス
スポーツ歴 相撲
デビュー 1991年9月16日
テンプレートを表示

川畑 輝鎮(かわばた きしん、男性、1965年4月29日 - )は、日本プロレスラーである。本名は川畑 輝(かわばた ひかる)。鹿児島県出身。最終学歴は専修大学卒業。

経歴[編集]

専修大学時代は相撲部に在籍し、全国学生相撲大会115kg以下級で3位の実績を持つ。

プロレスデビューは1991年9月16日、SWSにて平井伸和とのタッグで片山明山中鉄也組と対戦した。

SWS崩壊後はインディー団体を転々としていくことになる。SWS崩壊後しばらくはNOWなど特定の団体に所属していたが、1998年からはフリーランスとして活動を開始する。

インディー時代、そのキャリアに似合わぬ落ち着いた雰囲気から、『若き重鎮』と呼ばれる。

2000年末の有明コロシアム大会でプロレスリング・ノアに初参戦。その後、1年間フリーランスとしてノアに参戦していたが、2001年末に正式に所属選手となった。モハメド・ヨネも同時期に入団している。

ノア入団後は中堅どころで目立たなく、大学の後輩でもある秋山準に「健康のためにプロレスをやっている」と言われて奮起。2004年5月、白GHC(グローバル・ハードコア・クラウン)に挑戦するも敗北。齋藤彰俊率いるダーク・エージェントへの加入を目指し、「ダーク引越センター下請け業者」を経てついに正式加入を認められた。

2006年10月、再度白GHCに挑戦するが敗北。この時の王者・志賀賢太郎はパンチパーマのキャラクターでブレイク中であり、川畑は強制パンチパーマの罰ゲームを受けるが、次第に志賀と意気投合するようになり、志賀とのタッグを組む機会が多くなった。2007年、グローバル・ハードコア・クラウン王座タッグトーナメントに志賀と組んで「パンパーズ(=パンチパーマブラザーズ)」を名乗り出場。決勝で潮崎豪・谷口周平組を破り第6代白GHC王者となった。志賀の愛称「アニキ」に対し、川畑は「カシラ」と呼ばれていた。

パンパーズとしてヨーロッパ遠征も行い、白GHCは防衛回数を重ねるもののパンパーズのライバルとなりうるタッグが現れず、2007年11月、個々のレベルアップを図るためとして志賀とのコンビを発展解消することを決意。パンパース対決を制した川畑はシングル王者として第7代白GHC王者となった。

穏和な外見から、「パパ」の愛称で古くから親しまれている。実際既婚で子供もいる。これまで過去に所属したすべての団体が崩壊しており一部では「団体クラッシャー」と嘯かれていたが、ノア入団によって苦節十年にして安住の地を得ることとなった。しかし2009年12月末日付で「年間報酬保障フリー選手契約が満了」[1]となりノアを退団、フリーとなった。

リングネーム[編集]

川畑が現在、過去に用いたことがあるリングネーム

  1. 川畑 輝(本名)
  2. 川畑 輝鎮(現在も使用中)

得意技[編集]

ヘビー級の体格な上40歳を既に超えているにもかかわらず、飛び技を得意とする。

各種セントーン[編集]

川畑の代名詞的な技であり、アンコ体型とは思えぬ高く重いセントーンを繰り出す。また、種類も多種多様であり、志賀賢太郎と合同で繰り出すものもある。

ダイビング・セントーン
トップコーナーからのセントーン。もろにヘビー級の体が降ってくる姿は迫力がある。
サマーソルトドロップ
セントーン→サマーソルトドロップ、または逆の順序で決めることが多い。
リバース式セントーン(仮)
ロープの反動を利して、リバース・スプラッシュのような体勢から一気に体を丸めて繰り出すセントーン。見栄えもよく、威力もある一撃。2007年白GHC王座タッグトーナメントの優勝決定戦で谷口周平相手に、初めて披露された。
ロールパン
志賀賢太郎との合体技。自らはトップコーナーに上り、志賀が下からアイコノクラズムの要領で、相手の上に川畑を叩き付けるセントーン。近藤修司"brother"YASSHI組が使用する、バビロンに類似した技。
華麗パン(仮)
志賀賢太郎との合体技。志賀に雪崩式ブレーンバスターの要領で投げられ、リングに寝ている相手にセントーンをお見舞いする。仮名の命名は高山だが、正式名称は未だ不明。
アックスボンバー
志賀賢太郎との白GHC選手権ではトップロープから繰り出したこともある。技の名前を叫ぶのはお約束。
ムーンサルトプレス
ビッグマッチで繰り出す隠し技。
イナバウア(スウェーバック)
正面からの上半身への攻撃を上体を反らすことによって回避する。
ミサイルキック
マットと平行に跳び、突き刺すように相手の胸板を捉える。
アトミック・ドロップ
ここからバックドロップに繋げることが多いが稀に違う技を持ってくることもある。
桜島
相手をフィッシャーマンキャリーで担ぎ上げ、前方に軽く投げた後、自分は剣山の形でしゃがみ込み相手の腹に膝を突き刺す技。技名は出身地の鹿児島名物桜島火山より。

入場テーマ曲[編集]

タイトル歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 選手、レフェリー契約についてのお知らせ プロレスリング・ノア公式サイト 2010年1月8日