グローバル・レスリング連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グローバル・レスリング連盟(グローバル・レスリングれんめい、Global Professional Wrestling Alliance)は、日本プロレス団体における統一コミッション設立を目指して設立された団体。略称はGPWA

経緯[編集]

2000年代のプロレス界は、低迷するプロレス人気に反比例してプロレス団体が乱立しており、そのために興行が同一エリア、同一日時でバッティングすることも多かった。それゆえ、プロレス界全体を取りまとめる協会的な組織の必要性が長らく叫ばれていた。

また、かつては日本プロレスが存在していたのだが、そこから新日本プロレス全日本プロレスに分裂して以降、ジャイアント馬場アントニオ猪木の意向の違いなどから、両団体の交流は殆ど行われてこなかった(第3の団体「国際プロレス」は両団体と交流していたが1981年に崩壊している)。

このことから2006年8月、ZERO1-MAX(現:ZERO1)を運営するファースト・オン・ステージ中村祥之代表取締役(当時)が、友好関係にあるプロレスリング・ノア仲田龍取締役兼渉外部長(当時)に相談。対してノア側は、「海外戦略などは独自に行おうと思っていたが、プランとして重複する部分があるので、一緒にやろうと思った」とコメントし、統一機構設立への機運が一気に高まった(尚、プランを考案した中村は「不要な争いを排除し、協力できる部分は協力していきたい。それがプロレスの発展になる。3月から各団体と交渉してきた」と述べている)。

こうして2006年9月12日にグローバル・レスリング連盟(GPWA)は正式に発足した。初代会長には三沢光晴プロレスリング・ノア代表取締役社長が就き、事務局長はファースト・オン・ステージ代表取締役の中村が務めることとなった。また理事は各加盟団体の所属選手の持ち回りとなり、活動資金は加盟団体から出資するわけではなく、GPWA独自で興行などを開き、その利益をプールする形となった。同時に正式な本部の場所が決まるまでの間、事務所を仮の本部とすることも発表された。

GPWAはその設立意義からも、将来的にはプロレス界のコミッションとして活動することが目標となっており、プロレス界念願であった統一機構をGPWAが担うことになるのでは、という意見も多い。

また、かつては日本プロスポーツ協会(JPSA)、(プロ野球大相撲Jリーグプロボクシングなど日本を代表するプロスポーツ連盟、協会が加盟している)に加盟していたプロレス界であったが、2000年代に新日本、全日本の両団体が脱退してからは加盟団体が無く、プロレス界は孤立してしまっている。このことを憂い、プロレス界を総括する連盟の必要性を訴えてきた元プロレスラーで衆議院議員馳浩は、GPWAの設立を歓迎しており、三沢会長や仲田・中村の両首脳らと話し合い、陰ながら支援していくことを表明している。

共同興行第一弾が、2006年11月14日に後楽園ホールに於いて行われた。中継権を得た日本テレビが当日、CSチャンネル日テレG+にて生中継した。地上波でも通常のプロレスリング・ノア中継とは枠を変更して深夜放送された。大会は主に各団体の提供試合をはじめ、各団体が推している若手選手を中心にしたカードが2組から3組まれており、次世代レスラーをプッシュすることが大きな要素となっている。

2007年5月5日から2日間、ディファ有明に於いて「ディファフェスタ」を行い、その中で第3回となるディファカップが敢行された。

以降、連盟としての活動は一切発表、開催されてはいない。各団体、選手がGPWAの加盟、非加盟に囚われない交流を進めている事からその機能は形骸化している。さらに、2009年に入り、新日本、全日本、ノアの3団体が共通ライセンス構想について会談を行い合意、三沢光晴の試合中の事故死を契機としてGPWAとは別に統一機構の設立を目指しており、その存在は有名無実化している。なお、三沢の死後もGPWAの会長人事については一切発表されていない。

加盟団体のひとつだったKAIENTAI-DOJO代表取締役社長のTAKAみちのくのブログでは「現在休止中」と本人が発言している。連盟の活動を主導していた中村祥之はZERO-1の経営悪化に伴う再建活動が多忙化するなど各団体が連盟の活動に手が回らなくなった事などが原因と語っている。[1]

主な事業プラン[編集]

  • 各団体の興行日程(日時バッティングを避ける例として、A団体が日本武道館で興行を行う際、B団体が両国国技館で興行を行い、ビッグマッチがバッティングすることがあるため、そのようなことを避ける)の調整。
  • プロレスラーとしてのライセンス発行。
  • プロレス団体としてのルールの統一(現在、各団体によってリングアウトカウントやタッグマッチのタッチ制の有無など多種多様に行われている)。
  • 選手の現役引退後の活動支援。
  • 新人選手の合同トライアウト(入団テスト)。
  • 独自に道場を持たない団体への、共同道場の設立。
  • 大会の共同開催。

参加表明した団体と個人[編集]

日本(かっこ内は名義人)
個人
海外(かっこ内は名義人)

出典[編集]

  1. ^ kamipro」No.137(エンターブレイン、2009年7月23日発行)