ディファカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディファカップ(Differ Cup)は、ジュニアヘビー級のプロレスラーによるタッグマッチプロレストーナメント。開催される会場がディファ有明であることが名称の由来である。

第1回大会概要[編集]

第1回大会は2003年2月8日9日に、プロレスリング・ノアZERO-ONE闘龍門WEWIWAジャパンの5団体共催という形で行われた。優勝賞金は100万円。ジュニアヘビー級タッグの最高峰を決める大会である。5団体共催で行われ、メジャー・インディ問わず各団体のジュニア選手が出場した。

試合結果[編集]

2月8日 2月9日
第1試合 ディファカップ1回戦 第1試合 特別試合
MIKAMI
KUDO
18分11秒
スワントーンボム
チョコボール向井
黒田哲広
ザ・グレート・タケル 10分28秒
黒船
河童小僧
第2試合 ディファカップ1回戦 第2試合 特別試合
高岩竜一
佐々木義人
16分31秒
デスバレーボム
折原昌夫
日高郁人
折原昌夫 12分47秒
首固め
日高郁人
第3試合 ディファカップ1回戦 第3試合 特別試合
河童小僧
ザ・グレート・タケル
20分44秒
ジャンピングハイキック
KENTA
鈴木鼓太郎
黒田哲広
チョコボール向井
21分25秒
ラリアット
愚乱・浪花
葛西純
第4試合 ディファカップ1回戦 第4試合 第1回ディファカップ3位決定戦時間無制限1本勝負
ウルティモ・ドラゴン
YOSSINO
15分44秒
ドラゴン・スリーパー
愚乱・浪花
葛西純
KENTA
鈴木鼓太郎
24分52秒
跳び膝蹴り
MIKAMI
KUDO
第5試合 ディファカップ準決勝 第5試合 第1回ディファカップ優勝決定戦時間無制限1本勝負
高岩竜一
佐々木義人
15分21秒
デスバレーボム
MIKAMI
KUDO
ウルティモ・ドラゴン
YOSSINO
20分27秒
ドラゴン・スリーパー
高岩竜一
佐々木義人
第6試合 ディファカップ準決勝
ウルティモ・ドラゴン
YOSSINO
10分49秒
ドラゴン・スリーパー
KENTA
鈴木鼓太郎

第2回大会概要[編集]

第2回は2005年5月7日8日、NOAHとZERO1-MAXの運営会社であるファースト・オン・ステージの2社共催という形になっている。なお、大会実行委員長はZERO1-MAXのリングアナであるオッキー沖田が務めた。

第1回・第2回共々NOAHの事務所があるディファ有明で、NOAHのマットを使って行っており、NOAHの中継権を持つ日本テレビで試合の模様を放送されるという、非常にNOAHの色が強い大会となっている。

また、DDTKAIENTAI-DOJOなどのインディ団体からも選手が出場し、メジャー・インディ問わず様々な団体から選手が出場する、異色の大会となっている。

レフェリーは主催団体から出ているが、第2回の決勝戦では和田京平が務めた。

第2回大会で優勝した丸藤正道KENTA組は、優勝賞金100万円の小切手を受け取る際、KENTAが大会実行委員長である沖田に「オッキー、お前が責任を持って星川選手に渡しな」と発言。試合中のアクシデントで長期離脱中のZERO1-MAX・星川尚浩へ送るという意味であり、沖田は号泣した。

また、大阪プロレスを退団後、権利上の問題からえべっさんの名が使えなくなった(現・菊タロー)が第2回大会にて「えべ太郎」として凱旋試合を行った。

試合結果[編集]

5月7日 5月8日
第1試合 ディファカップ1回戦 第1試合 15分1本勝負
中嶋勝彦
村浜武洋
14分54秒
タイガー・スープレックス2004
タイガーエンペラー
スペル・シーサー
中嶋勝彦 時間切れ引き分け 浪口修
第2試合 ディファカップ1回戦 第1試合 特別試合15分1本勝負
日高郁人
藤田ミノル
11分55秒
ボーンヤード
TAKAみちのく
PSYCHO
アメージング・コング 0分23秒
ラリアット
ストーカー市川
第3試合 ディファカップ1回戦 再試合 ハンディキャップマッチ
丸藤正道
KENTA
15分44秒
ブサイクへの膝蹴り
飯伏幸太
KUDO
アメージング・コング 2分30秒
ダイビング・ボディ・プレス
DJニラ
ストーカー市川
第4試合 ディファカップ1回戦 第3試合 30分1本勝負
カズ・ハヤシ
レオナルド・スパンキー
15分26秒
スライスブレイドNo.2
佐々木貴
GENTARO
飯伏幸太
Hi69
9分17秒
ダイビング・ニー・ドロップ
村浜武洋
KUDO
第5試合 特別試合30分1本勝負 第4試合 30分1本勝負
えべ太郎 11分29秒
Jスプラッシュ
サンジェイ・ダット TAKAみちのく
PSYCHO
サンジェイ・ダット
13分56秒
Wインパクト
石井智宏
高岩竜一
佐々木義人
第6試合 ディファカップ準決勝 第5試合 第2回ディファカップ3位決定戦時間無制限1本勝負
日高郁人
藤田ミノル
11分29秒
ショーンキャプチャー
タイガーエンペラー
スペル・シーサー
カズ・ハヤシ
レオナルド・スパンキー
14分36秒
スライスブレイドNo.2
タイガーエンペラー
スペル・シーサー
第7試合 ディファカップ準決勝 第6試合 第2回ディファカップ優勝決定戦時間無制限1本勝負
丸藤正道
KENTA
19分12秒
ジャパニーズレッグロールクラッチ
カズ・ハヤシ
レオナルド・スパンキー
丸藤正道
KENTA
35分24秒
ブサイクへの膝蹴り
日高郁人
藤田ミノル

(団体名省略)

  • 優勝:丸藤正道、KENTA
  • 準優勝:日高郁人、藤田ミノル
  • 第3位:カズ・ハヤシ、レオナルド・スパンキー

第3回大会概要[編集]

第3回大会は2007年5月5日6日に、グローバル・レスリング連盟主催で行われた。

そのほか海外団体ROHのタイトル戦も行われた。

試合結果[編集]

5月5日 5月6日
第1試合 トーナメント1回戦 第1試合
KAGETORA
ヘラクレスオオ千賀
9分00秒
首固め
松田慶三
河童小僧
石川修司
大家健
12分43秒
フロントネックロック
臼田勝美
原学
第2試合 トーナメント1回戦 第2試合
HARASHIMA
飯伏幸太
16分46秒
右ハイキック→TKO
臼田勝美
原学
河童小僧 10分38秒
河童巻き
キング・ポコダ
第3試合 トーナメント1回戦 第3試合
真霜拳號
円華
16分21秒
垂直落下式ブレーンバスター
ペンタゴン・バイパー
ブラック・エンペラー
金丸義信
菊地毅
11分19秒
飛びつき式首固め
TAKAみちのく
ブラック・エンペラー
第4試合 トーナメント1回戦 第4試合
金丸義信
太田一平
18分48秒
ショーンキャプチャー
日高郁人
浪口修
丸藤正道
松田慶三
柿本大地
太田一平
高西翔太
13分10秒
旋回式ツームストーン
パイルドライバー
NOSAWA論外
MAZADA
竹村豪氏
藤田ミノル
菊タロー
第5試合 第5試合 ディファカップ3位決定戦
菊地毅 11分22秒
横入り回転エビ固め
宮本和志 KAGETORA
ヘラクレスオオ千賀
13分28秒
野良犬ハイキック
日高郁人
浪口修
第6試合 トーナメント準決勝 第6試合 ROH世界選手権試合
KAGETORA
ヘラクレスオオ千賀
12分01秒
蒼魔刀
HARASHIMA
飯伏幸太
森嶋猛
(第19代王者)
17分17秒
バックドロップ
KAZMA
(挑戦者)
第7試合 トーナメント準決勝 第7試合 ディファカップ優勝決定戦
真霜拳號
円華
17分59秒
シューティングスタープレス
日高郁人
浪口修
HARASHIMA
飯伏幸太
26分16秒
垂直落下式ブレーンバスター
真霜拳號
円華

(団体名省略)

  • 優勝:真霜拳號、円華
  • 準優勝:HARASHIMA、飯伏幸太
  • 第3位:日高郁人、浪口修