KUDO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KUDO
KUDOの画像
プロフィール
リングネーム KUDO
本名 非公開
身長 177cm
体重 75kg
所属 DDT
スポーツ歴 キックボクシング
デビュー 2001年
テンプレートを表示

KUDO(くどう)は、日本プロレスラー。本名および生年月日不詳。DDTプロレスリング所属。

経歴[編集]

2001年コニカマン2号としてDDTでデビュー。

2002年4月25日のClub ATOM大会でマスクを脱いで「蛇界転生」入り、リングネームをトグロ・ハブ影に改めた。

2003年1月 一切の記憶を失い香港の悪の組織に捕まっているのをHERO!によって救出される。この際「なんと呼んだらいいんだろう?」と悩んだHERO!は「佐藤?田中?高木?橋本?」等と呼びかけるが無反応だった。しかし「クドウ?」と聞くとその声に反応したためリングネームをKUDOに変更。

2003年2月、第1回のディファカップジュニアヘビー級タッグトーナメントにMIKAMIと組んで出場し名を挙げる。

2003年12月29日の後楽園ホール大会においてHERO!とのコンビで第12代のKO-Dタッグチャンピオンに。

2005年のKing of DDTトーナメントに優勝。

7月から約1年のアメリカ遠征、2006年5月帰国。

2009年8月23日の「両国ピーターパン 〜大人になんてなれないよ〜」においてヤス・ウラノとのタッグで第20代のKO-Dタッグチャンピオンに。

バイト経験からの料理能力を見出され、12月にオープンしたDDT直営の居酒屋「エビスコ酒場」のオープニングスタッフとなり、その後2010年5月に二代目店長に就任する。

2011年5月 KingOfDDTトーナメント優勝。7月の両国大会のメインにKO-D無差別級王座の挑戦者として出場が決定。

7月24日、「両国ピーターパン2011〜二度あることは三度ある〜」において、石川修司を破り、KO-D無差別級王座を初戴冠。

得意技[編集]

テキサス・コンドルキック(ダイビングダブルニーアタック)
コーナートップから飛び、相手の顔面に両膝をぶつけてそのまま押さえ込む。
漫画『キン肉マン』『キン肉マンII世』の登場人物・テリーマンの得意技である。
ダイビングダブルニードロップ
コーナーに逆さ吊りになった相手に叩きこむ、ロウキーのウォリアーズ・ラーズのようなタイプもある。
マチュピチュ
ロープを利用したリバース・パロスペシャル。ロープを利用するので反則技でレフェリーのカウント4までしか使えないが、外す際にジャパニーズ・レッグロール・クラッチに移行して丸め込む。
裏マチュピチュ
ロープを利用したパロスペシャル。
8×4
コーナーにもたれかかった相手の腹部にスライディングしてエルボーを当てる。
バズソーキック
スピンキック

タイトル歴[編集]

入場曲[編集]

外部リンク[編集]