少林サッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
少林サッカー
少林足球
タイトル表記
繁体字 少林足球
簡体字 少林足球
ピン音  Shàolín Zúqiú
粤語ピン音  Siu3Lam4 Zuk1Kau4
英題  Shaolin Soccer
各種情報
監督 チャウ・シンチー
脚本 チャウ・シンチー
ツァン・カンチョン
製作 チャウ・シンチー
イェング・クウォクファイ
出演者 チャウ・シンチー
音楽 レイモンド・ウォン
配給 日本の旗 クロックワークス / ギャガ
公開 香港の旗 2001年7月12日
日本の旗 2002年6月1日
上映時間 112分
製作国 香港の旗 香港
言語 広東語
普通話
興行収入 日本の旗 30億
次作 カンフーハッスル
テンプレートを表示

少林サッカー』(しょうりんサッカー、繁体字少林足球簡体字少林足球ピン音:Shàolín Zúqiú、粤ピン音:Siu3Lam4 Zuk1Kau4、Shaolin Soccer)は、2001年に製作・公開されたチャウ・シンチー監督・主演のサッカー映画。

脚の怪我が原因で引退した元サッカー選手が、偶然見かけた少林拳の達人シン(チャウ・シンチー)とその兄弟弟子達によるサッカーチームを結成し、共に全国制覇を目指しながら誇りを取り戻していくという内容。

日本での公開は2002年6月1日で、興行収入30億、2002年間収入第8位のヒットを記録している。

概要[編集]

物語は少林拳の達人たちがサッカーをするというもので、武侠ものや、特撮とCGで表現した。

当時、香港映画としては歴代最高の興行収入を上げた。第21回香港電影金像奨で最優秀作品賞・最優秀監督賞(チャウ・シンチー)・最優秀主演男優賞(チャウ・シンチー)を受賞した。この映画を鑑賞したクエンティン・タランティーノ監督は「ぶっちぎりに凄い映画だ」と絶賛した。

チャウ・シンチーのキャッチコピーは、「君はまだ、究極のサッカーを知らない。」。

ストーリー[編集]

かつてサッカー界のスターであったファンは、チームメイトで子分だったハンから八百長をもちかけられ小切手を受け取るが、試合でわざとシュートを外したことによって怒った観客たちに襲われ、足を大怪我して引退する。

20年ほどが経ち、ハンはサッカー界の絶対的な実力者へとのし上がっていた。いまやハンの雑用係となっていたファンは、ハンの配下のサッカーチームの監督を任されるという話を反故にされてハンに怒る。ハンはファンに、脚が使えなくなったのも八百長に手を染めた欲深さが原因ではないかと嘲笑い、さらに「実は観客が騒ぎを起こしてファンを襲ったのは全部自分が仕掛けた」と真相を話す。

自責の念と悔しさで街をうろつくファンは、偶然見かけた清掃員のシンの脚力にほれ込み、サッカーをしないかと持ちかける。シンは逆に少林拳の効用を説き始める。シンはかつて辛い修行に耐えて武術を修めたが、現代中国の大都市では武術を生かす仕事はないうえに武術以外のことを知らないのでつぶしがきかず、清掃のバイトに身をやつしながら少林拳の普及を夢見ていた。

一旦はシンの無礼さに怒ったファンだったが、やがてシンがサッカーボールで暴れ者を退治する場面に出くわし、改めてサッカーを勧める。サッカーは少林拳の宣伝に使えるかもと考えたシンは、ファンと共に、修行の歳月をともにした5人の兄弟弟子たちを訪れる。しかし全員武術の道をあきらめて仕事に追われたり職探しをしたりしており、シンの誘いを断る。だがシンの少林拳普及の熱意とサッカー全国大会の賞金の話に刺激されて全員シンのもとへ結集し、ファンの指導下でサッカーチームを組んだ。

最初の試合はならず者のチーム相手で、サッカーの素人で体もなまっている少林チーム(「少林隊」)はラフプレーで倒されたうえにリンチにあってしまう。しかしその最中に兄弟弟子たちは覚醒を起こし、超常的な技を蘇らせてならず者チームを倒す。仲間に入れてくれと頼むならず者たちの参加で少林チームは11人の選手をそろえて全国大会に臨む。

少林チームは少林拳とサッカーの融合で大会を勝ち進み注目を集める。シンは以前から、饅頭屋で太極拳を使って饅頭を作るムイという若い女性の実力を認めており、友人としてつきあっていた。ムイはシンに友人以上の感情を抱くが、シンは鈍感でなかなか気づかないうえに、全然似合わない精いっぱいのメイクを思い切りけなしてしまう始末だった。しかしあばただらけの顔で自信の持てなかったムイはシンたちとの交流で少しずつ自信をつけ始める。

少林チームは強敵を倒してついに決勝に進むが、その相手はサッカー界の権力者ハンが監督するデビルチーム(「魔鬼隊」)であった。ハンは新型薬物のドーピングと謎の科学トレーニングで選手たちを強化しており、デビルチームは少林チームのプレイをことごとくはねかえす上にラフプレーで少林チームの選手を潰してゆくが、ハンに買収されている審判や大会関係者は全く問題にせず反則をとろうともしない。ついに7人だけとなり試合続行が不可能になった少林チームだが、男装をしたムイが登場し、試合は続行される。ゴールキーパーになったムイは敵チームのシュートの餌食になるかと思われたが、襲い掛かるボールを太極拳で受け流して完全に支配し、シンへボールをパスする。シンの放ったシュートはデビルチーム全員とゴールポストを吹きとばして決勝点となった。

少林チームが優勝した一方、ハンは禁止薬物使用で逮捕され、全国的に武術が大ブームとなった。数年後、武術の達人だらけになった街角の上方には、武術ブームの立役者であるシンとムイのカップルが表紙になった雑誌の広告が掲げられていた。

登場人物[編集]

FW・"金剛腿(鋼鉄の脚)"阿星(シン)
演:周星馳(チャウ・シンチー)
強靭な脚力を誇る、少林拳を広めることに燃える青年。清掃員のアルバイトをしているが、給与の少なさから金欠に悩んでいる。悪気があるわけではないが無神経な面がある。逃げ足が異常に速い。歌唱力、作詞・作曲のセンスは壊滅的。
監督・明鋒(ファン)
演:呉孟達(ン・マンタ)
シンをサッカーの世界に誘った男。かつては黄金右脚(黄金の右脚)と呼ばれた名選手だったが、試合でわざとPKを外し、暴徒と化したフーリガンに脚を潰されて引退。その後はハンの雑用係として生活していた。
阿梅(ムイ)
演:趙薇(ヴィッキー・チャオ)
饅頭屋で働く女性。太極拳の達人で、生地を自由自在に操る手さばきを持つ。顔中に吹き出物があることから、女性としての自信が持てず、前髪を伸ばして顔を隠すようにしている。シンとの出会いから、少しずつ自分に自信が持てるようになり、彼に惹かれていく。
シンの兄弟弟子たち
MF・"無敵鐵頭功(鉄の頭)"
演:黄一飛(ウォン・ヤッフェイ)
何でも砕く頭を使って主にヘディングをする。ナイトクラブで働いていた。彼が主役のスピンオフ作品『少林サッカー外伝』も製作された。
既婚者で子どももいると発言しているが作品上には登場していない。
DF・"旋風地堂腿(旋風脚)"
演:莫美林(モク・メイラム)
両足を地上スレスレで高速で回転させてボールを操る。食堂で皿洗いをしていた。頭髪が薄い。
DF・"金鐘罩鐵布衫(鎧の肌)"
演:田啓文(ティン・カイマン)
防御力と吸引力に優れた腹筋を使う。証券会社のサラリーマンとして忙しい日々を送っていた。既婚者。
GK・"鬼影擒拿手(魔の手)"
演:陳国坤(チャン・クォックァン)
擒拿というつかみ技で目にも見えぬ速さでボールを受け止め、跳ね返すゴールキーパー。失業中だった。試合中にブルース・リーになりきっており、ブルース・リーと同じ色のトラックスーツを着る。
FW・"軽功水上漂(軽功・空渡り)"
演:林子聰(ラム・チーチョン)
軽功により身体を急激に軽くし、空へ跳ぶことができる。スーパーで働いていた。少林寺にいたころは痩せていたが、ホルモンの異常で過食症になり、現在では体重100キロを超えている肥満体。好物は生卵。
強雄(ハン)
演:謝賢(パトリック・ツェー)
サッカー界の最高権力者で、ライバルチーム「魔鬼隊(デビルチーム)」の監督。ファンの元チームメイトで、実は彼を陥れた張本人。自分の選手達にドーピングを行い、審判を買収して少林チームの選手を次々と病院送りにしたが、シンとムイの必殺シュートによって敗北。その後、ドーピングが明るみに出て逮捕され、選手達ともども全員永久追放となった。

吹き替え[編集]

日本公開バージョン
インターナショナル・バージョン


スタッフなど[編集]

  • 監督…周星馳
  • 脚本…周星馳/ツァン・カンチョン
  • アクション指導…チン・シュウトン
  • CG製作…先涛数碼企画有限公司(CENTRO)
  • 上映時間
    • 初期公開バージョン…102分
    • ロングバージョン…112分
    • 日本公開バージョン…109分
    • インターナショナル・バージョン…89分

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]