周星馳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
周星馳
チャウ・シンチー
ChowKL1.JPG
プロフィール
出生: 1962年6月22日(51歳)
出身地: 香港の旗 香港
職業: 映画監督俳優
各種表記
繁体字 周星馳
簡体字 周星驰
拼音 Jau1 Sing1chi4(広東語
Zhōu Xīngchí(北京語
和名表記: チャウ・シンチー
発音転記: チョウ・シンチー(広東語
ヂョウ・シンチー(北京語
英語名 Stephen Chow
テンプレートを表示

周 星馳(チャウ・シンチー)は映画監督俳優。愛称は星爺(シンイェ)、星仔(シンチャイ)。

人物・経歴[編集]

1962年6月22日、香港生まれ。先祖は上海系。両親が幼い時に離婚、姉と妹に挟まれ唯一の息子として、母親に頼りにされる。

中学(日本でいう高校2年までに当たる)を卒業するが、家庭の事情もあって進学を断念。テレビの仕事をする前は、学歴が高くなかったこともあって秘書(悪く言えば使い走り)のような仕事しか選択できなかった。

また、子供の頃からブルース・リーの熱心なファンで、香港小龍會(香港ブルース・リーファンクラブ)の名誉会長も務めていた。彼の銅像建立には全費用を負担し、満身で喜びを表していた。

香港TVBの俳優養成所第11期の卒業生となる。子供番組『430穿梭機』の司会者としてデビュー。この番組は2人の司会者が「良いお兄さん」と「悪いお兄さん」に扮し、「良いお兄さん」が「悪いお兄さん」の素行を叱って話が展開していく教育番組で、チャウは「悪いお兄さん」役を担当した。この役を大好評のうちに5年間務め上げ、その後、総合チャンネルの司会者を1年務めた後、俳優としての活動を開始。当初は週に1、2日しか仕事がなかったが、この下積み時代にたくさんの本を読むなどして勉強したことが今日の彼を支えているという。[1]

初期のテレビドラマ出演作は脇役、準主役が多い。1988年の映画『霹靂先鋒』で金馬奨の最優秀助演男優賞を受賞しているが、この頃まではシリアス路線だった。ようやく掴み取ったドラマ初主演の時代劇『蓋世豪侠』で、若者言葉やパロディの台詞など現代感覚を持ち込み、一躍人気者となる。流行語も産み出した。やがて彼独特のナンセンス・他人には意味の掴めないとっさの切り返し・アクションは「無厘頭(もうれいたう)」と呼ばれ、一世を風靡することになる。

『詩人の大冒険』(日本未公開)でノンクレジットではあるが一部監督を行う。『0061北京より愛を込めて!?』で、初の共同監督としてクレジットされる。

日本では映画『少林サッカー』で一躍その名を知られるようになった。『カンフーハッスル』との2作連続で、香港歴代興行収入の記録を塗り替え、監督・脚本・製作・主演をこなす、世界で最も注目されている香港映画人の一人。『少林サッカー』では2002年香港電影金像奨最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞を、『カンフーハッスル』では2005年金馬奨最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞した。

フジテレビ系列のバラエティ番組トリビアの泉』に出演したことがある[2]

2007年2月13日に日本武道館でワールドプレミアを迎えた『DRAGONBALL EVOLUTION』の制作にも参加しているが、自分の意見が全く採用されないなどの待遇への不満や、作品の出来に対する不満からプロモーション活動には参加せず、一切手を引いた形となっている。

また2009年に、自身の監督によってリメイク製作される予定だった『グリーン・ホーネット』から突然降板した。

劇場公開・ビデオ発売された出演作品[編集]

映画[編集]

出演以外の作品[編集]

  • 1:99 電影行動(2003 TVCM)監督
  • 少林少女(2008)製作
  • DRAGONBALL EVOLUTION(2009)製作
  • 西遊:降魔篇 (2013)監督/製作/脚本/出品

担当した声優[編集]

関連人物[編集]

  • 馳星周:日本の作家。周星馳の大ファンで、彼の名前をひっくり返したものを自分のペンネームとした。

脚注[編集]

  1. ^ 中国での対談番組『面対面』で語る
  2. ^ スーパーで客が買い物袋に商品を入れるための台がサッカー台という名称であるトリビアへのVTR出演

外部リンク[編集]