サミ・キャラハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソロモン・クロウ
SamiCallihanPromo.jpg
プロフィール
リングネーム ソロモン・クロウ
サミ・キャラハン
キャノンボール・キャラハン
キャノンボール・サミ
サタニック
本名 サム・ジョンストン
ニックネーム ニュー・ホラー
キャラハン・デスマシーン
身長 178cm
体重 91kg
誕生日 1987年9月1日(26歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州ベルフォンテイン
所属 NXT
トレーナー シャーク・ボーイ
コーディ・ホーク
レス・サッチャー
デビュー 2006年3月
テンプレートを表示

サミ・キャラハンSami Callihan)のリングネームで知られるサム・ジョンストンSam Johnston1987年9月1日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーオハイオ州ベルフォンテイン出身。

サミ・キャラハン時代、CZWROHPWGといったアメリカのインディー団体で活動し、大日本プロレスに参戦した経歴がある。

2013年よりWWEと契約。ソロモン・クロウSolomon Crowe)のリングネームでNXTに所属している。

来歴[編集]

2006年HWA(Heartland Wrestling Association)に入団してトレーニングを開始し、3月9日にBPW(Buckeye Pro Wrestling)の10人制イリミネーションタッグマッチにてプロレスラーデビューを果たす。デビュー間もないながらもジョン・モクスリー、ディック・リック、ペッパー・パークスで結成されたユニットであるザ・クルーにメンバー入り。同年にはIPW(Insanity Pro Wrestling)にてシングルで活動。

2008年6月14日、CZWのイベントであるSummer Schoolに出場したことをきっかけに定期参戦するようになり、9月13日のクリス・キャッシュ・メモリアルショーではバトルロイヤルで優勝を飾る。11月12日、ROHにてフォーコーナー・サバイバルマッチ潮崎豪リット・タイタスグリズリー・レッドウッドと対戦。12月5日、IWAミッドサウスで行われたワンデイ・トーナメント、レヴォリューション・ストロングスタイル・トーナメントに出場し、決勝でロデリック・ストロングに敗戦し、準優勝。翌日の6日にはタッグチームのワンデイ・トーナメントによるでマイケル・エルガングリッツ・N・グラヴィー(Grits N Gravy)なるタッグを結成するが、こちらでも準優勝で終わった。

2009年、トップファイターへと成長したことにより各団体の主力レスラーとの対戦が多くなるようになり、CZWにて2月14日にブレイン・ダメージからCZWアイアンマン王座を奪取し、4月11日にはモクスリーとスイッチブレード・コンスピラシー(Switchblade Conspiracy)なるタッグを結成し、10月3日にwXwwXw世界タッグ王座を奪取。10月25日、CZWにてダニー・ハボックからCZWウルトラバイオレントアンダーグラウンド王座を奪取した。

2010年よりCZWにてヘビー級へと転向し、CZW世界ヘビー級王座獲得に向けて挑戦するも失敗することが続き、4月10日には相棒であるモクスリーに挑戦するも敗戦。この敗戦をきっかけにタッグを解消し、新たにジョー・ゲイシーをパートナとして迎えた。

2011年、ジュニアヘビー級へ再転向して11月12日にアダム・コールからCZW世界ジュニアヘビー級王座を奪取。12月3日、日米のインディー団体によるイベント、インディー・レスリング・サミットにて大日本プロレスに所属する佐々木義人を相手にCZW世界ジュニアヘビー級王座の防衛戦を行い勝利。試合後に佐々木から再戦することを要求され、この要求を受け入れた。

2012年3月、大日本プロレス一騎当千によるリーグ戦、strong climbに出場するため来日。Aブロックにエントリーして8点を稼ぎ、決勝トーナメントに進出。準決勝にて佐々木との再戦が実現するが敗戦となった。4月にはCZWのトーナメントであるBest of the Best 11にて優勝を果たした。

2013年5月27日、WWEと契約を交わしたことを発表し、後に正式に入団[1]ソロモン・クロウSolomon Crowe)のリングネームでNXTに所属することになり、8月29日のハウスショーにてエグザビアー・ウッズと対戦した[2]。12月5日、NXT Liveにてプロモーションを行っていたカリストを襲撃。陰気なハッカーというギミックで登場した。19日のNXT Liveではカリストと対戦して勝利している。

得意技[編集]

  • ヘッドロック・ドライバー
変型スナップメア・ドライバー
ランニング・ラリアット
  • アサルト・ドライバー
エレクトリックチェア・ドライバー

獲得タイトル[編集]

CZW
w / ジョン・モクスリー
wXw
w / ジョン・モクスリー
JAPW(Jersey All Pro Wrestling)
  • JAPWタッグ王座 : 1回
w / クリス・ディッキンソン
PWS(Pro Wrestling Syndicate)
  • PWSヘビー級王座 : 1回

他、アメリカのインディー団体を中心に多数のタイトルを獲得。

脚注[編集]

  1. ^ NEWS: Callihan official for WWE, another DGUSA/Evolve star close behind, new match for EVOLVE 22, updated E20-22 line-ups PWTorch.com、2013年5月27日閲覧。
  2. ^ NXT Tampa Show Internet Wrestling Database、2013年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]